足立梨花「(W杯日本代表)宇佐美選手や柴崎選手に注目!」映画『キスできる餃子』舞台挨拶開催

足立梨花「(W杯日本代表)宇佐美選手や柴崎選手に注目!」映画『キスできる餃子』舞台挨拶開催

現在公開中の映画『キスできる餃子』の公開記念舞台挨拶イベントが本日6月23日(土)に新宿ピカデリーで行われ、足立梨花、田村侑久(BOYS AND MEN)、佐野ひなこ、秦 建日子監督が登壇した。

本作は、宇都宮を舞台にバツイチ子持ちの出戻りシングルマザー(足立)が、実家の餃子屋の再建に奮闘しながらも、イケメンゴルファーに恋をするラブコメディ。

本作のオファーを受けたときのことについて足立は「まず『キスできる餃子』って聞いてどんな映画か想像できなかったですね……。SNSでも『餃子にキスするの⁉︎』『足立梨花がキスするの⁉︎』みたいな声が飛び交っていたんですけど、実際に台本を読ませていただいたときにタイトルも納得ができて、それから撮影が楽しみになりましたね。」と振り返り、「観た後は餃子が食べたくなると思います。」とアピールをした。

田村は「秦監督が僕にオファーをしてくれたんですけど、マネージャーさんからは『今回イケメン役のオファーだったんで田村じゃないと思うんだよね』と言われて同じグループのイケメン担当の勇翔を推されてしまったんですよ……(笑)」と苦笑い。足立から「勇翔が良かった。」と言われると、田村は「そういうこと言っちゃダメだよ!」とツッコミを入れていた。それに対し秦監督からは「僕は田村くんで正解だったと思う。」とフォローされていた。

役作りのについて聞かれると田村は「僕は普段はいつも元気でテンションも高いんですけど、今回はイケメン役ということでそれを抑えるとこから始めましたね。」とコメント。足立から「ずっと抑えていた反動か、撮影中ずっと一人で喋っていてうるさいんですよ!(笑)」と撮影時の不満(?)が明かされると、佐野は「今日もすごいよね!(笑)」とこぼしていた。

また、サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会開催中ということで注目の選手について聞かれると足立は「もちろん今話題の大迫選手にも頑張っていただきたいですけど、同世代の宇佐美選手や柴崎選手にも注目しています。プラチナ世代に期待しています。後は祈るだけですね。」と日本代表に応援メッセージを寄せた。

【STORY】
バツイチ子持ちのシングルマザーが地元の宇都宮に帰ってきた。実家の餃子屋の再建と子育てに奮闘するさなか、イケメンの新聞配達青年に出会ってしまう。しかし、彼の正体は今をときめくプロゴルファーだった…。果たして彼女の新たな恋は実るのか? そして餃子屋は再建できるのか…!?

作品情報

映画『キスできる餃子』
6月22日(金)全国ロードショー

脚本・監督:秦 建日子(『クハナ!』監督/「アンフェア」シリーズ原作)
出演:足立梨花、田村侑久(BOYS AND MEN)、佐野ひなこ 中島広稀、古川 凛、大石吾朗、佐藤美希、勇翔(BOYS AND MEN)、浅野和之、麻生祐未
配給:ブロードメディア・スタジオ
制作:ホリプロ 

オフィシャルサイト:kiss-gyo.jp

©2018「キスできる餃子」製作委員会