未解決事件のヒントがここに!『連続ドラマWコールドケース2~真実の扉~』新特報映像&キービジュアルが解禁

未解決事件のヒントがここに!『連続ドラマWコールドケース2~真実の扉~』新特報映像&キービジュアルが解禁

今秋、WOWOWプライムにて放送開始となる『連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~』の新特報映像とキービジュアルが解禁された。

本作は、ジェリー・ブラッカイマー製作総指揮で全世界で大ヒットした『コールドケース』の日本版で、WOWOWが2016年に放送した『連続ドラマW コールドケース~真実の扉~』の続編。神奈川県を舞台に、女優・吉田 羊が演じる、神奈川県警捜査一課の中でチームを引っ張る主人公の女性刑事・石川百合役がチームメンバーとともに毎話異なる未解決事件の真相を解明していくハイクオリティ・クライムサスペンス。

 「あなた、本当は話したがってる。違う?」と犯人に詰め寄る主人公の女刑事・石川百合(吉田)の姿から幕を明ける新特報映像には、炎が飛び交い、機動隊に向かって激しく体当たりする1970年代の学生たち、掘り起こされた白骨死体、白黒フィルムで捉えられた1950年代の港の風景、鞄の取っ手を握る手、コギャル全盛期時代のルーズソックスを履いた女子高生たち、バブル全盛期の繁華街、拳銃を手に突撃する謎の覆面集団といったシーンが連続して映し出されている。

そしてキービジュアルは、凍てついた捜査資料と写真、ペンや鍵束、懐中時計、手紙、新聞などの証拠品を百合が手で拭い、氷を溶かし、未解決では終わらせないといったメンバーの力強い眼差しと決意表明が表れているビジュアルに仕上がっている。実際に各話に登場する事件の証拠品が撮影にも使用されているので、シーズン2で描かれる未解決事件の大きなヒントがここに隠されているかもしれない。

また本作ではWOWOWドラマW史上初となる全編8Kによる収録を行い、さらに全編4K・HDR(ハイダイナミックレンジ)版も制作。最新技術とフィルムの併用で、本作の醍醐味である過去と現在をつなぐ世界観を圧倒的な映像美で表現している。

前作以上に日本ならではの時代感が活かされ、さらに犯人との激しい攻防戦やアクションも予想される本作。次はいよいよ超豪華ゲストが解禁される予定だ。

番組情報

『連続ドラマW コールドケース2~真実の扉~』
今秋、WOWOWプライムにて

監督:波多野貴文、内片輝、守下敏行
脚本(話数順):吉田康弘、酒井雅秋、野木萌葱、瀧本智行、蓬莱竜太 ※「蓬」は正式には「いちしんにょう」。瀬々敬久
音楽:村松崇継
撮影監督:山田康介、榊原直記
出演:吉田 羊、永山絢斗、滝藤賢一、光石 研/三浦友和