『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ジャパンプレミアにクリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワードら登壇! 「吹き替え版も楽しんでほしい」

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』ジャパンプレミアにクリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワードら登壇! 「吹き替え版も楽しんでほしい」

7月13日(金)に公開される「ジュラシック・ワールド」のシリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のジャパンプレミアが本日6月27日(水)に六本木ヒルズアリーナで行われ、豪華キャスト&スタッフが集結した。

『ジュラシック・ワールド』の世界観をイメージした豪華な装飾で彩られたイベント会場にはまず、日本語吹き替えを担当した玉木 宏、木村佳乃、満島真之介、石川由依、住田萌乃が登場。レッドカーペットを歩きファンとの交流を行った。

続いて、『ジュラシック・ワールド』のテーマ曲に乗せて、主人公のオーウェンを演じたクリス・プラット、クレアを演じたブライス・ダラス・ハワード、初参戦となる本シリーズで監督に大抜擢されたハリウッド注目の鬼才J・A・バヨナ、前作の監督であり本作では製作総指揮・脚本をつとめるコリン・トレボロウが登場すると、会場からは大きな拍手と大歓声が巻き起こった。世界的大作を引っ提げた豪華メンバーを目の前に、ファンたちが次から次へとサインやセルフィーを求めると、クリス・プラットたちはそれに嬉しそうに応じていた。

ステージに登場したクリス・プラットは「ハロー! トーキョー!」と力強く挨拶。コリン・トレボロウは「みなさまありがとうございます! 『ジュラシック・ワールド』に関わることができて嬉しいです。今回日本には素晴らしい監督やキャストが来ておりますが、一同に集まることはとても珍しいことです。みんなで一緒に力をあわせて素晴らしいエンタテインメントをお送りしますので楽しんでください!」と期待をあおった。

玉木は「こうして同じ舞台に立てることを嬉しく思っています」とコメント。木村は「最初の『ジュラシック・パーク』を映画館で観たのが高校生のころだったのですが、まさか関わることができると思わなかったので光栄です」と歓喜の表情を見せた。

また、来日したキャストやスタッフたちをどこに連れて行きたいかという質問に満島は「うちに遊びに来ませんか? 第1作から今作までを一緒に観たいです!」と言うと、クリス・プラットは「イエス!」と快く答えていた。

すでに世界中で大ヒットを記録している本作の注目ポイントについて聞かれるとクリス・プラットは「まずは日本語吹き替え版も楽しんでほしいです。かなりのド迫力で始まります。今回は恐竜だけではなく火山という自然災害もあるので、非常にスリリングになっていますのでそこに注目してほしいです」と回答。ブライス・ダラス・ハワードは「全く同感だわ。ひとつ加えるとするならばクリス・プラットが出ていることです!」とフォローをして会場を沸かせた。

最後にJ・A・バヨナ監督が「みなさん絶対に好きになっていただけるはずです。何故かというと大きな恐竜が出ます。火山が噴火します。そしてベイビー・ブルーもいます。素晴らしいキャストや吹き替えの役者さんもいます。そして驚きと、ちょっと泣けるところがあり、愛してくれると思いますので、ぜひ劇場で観てください!」と締めくくりイベントは幕を閉じた。

【STORY】
ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-レックスが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有する島、イスラ・ヌブラル島では<火山の大噴火>の予兆がとらえられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られていた――。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、恐竜を救い出すべく行動を起こす事を決意、島に向かったその矢先、火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが幕を開ける!

作品情報

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
7月13日(金)全国超拡大ロードショー
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム
© Universal Pictures

オフィシャルサイト
http://www.jurassicworld.jp/