水曜日のカンパネラ、新EP『ガラパゴス』より「かぐや姫」MV公開! 監督は山田健人

水曜日のカンパネラ、新EP『ガラパゴス』より「かぐや姫」MV公開! 監督は山田健人

水曜日のカンパネラの新曲「かぐや姫」のミュージックビデオが公開された。

「かぐや姫」は、水曜日のカンパネラが本日6月27日に発売したEP「ガラパゴス」の収録曲。「かぐや姫が実は宇宙人だったのではないか」「かぐや姫の物語の前後はどうなっているのだろうか」など様々なかぐや姫の世界観を想起させるナンバーで、作詞をコムアイ、作曲をケンモチヒデフミが担当。先日放送されたTBSテレビ『A-Studio』で披露した際には弦アレンジで演奏し、話題となった。

ミュージックビデオでは、竹から生まれたかぐや姫の、竹の中での世界を表現。この撮影のために作られた縦型に回転するカメラを使った浮遊感ある面白いカメラワークにも注目だ。

本作は、昨年8月に行った生配信ライブ『水曜日のカンパネラLIVE RECORD(170831石巻市荻浜)』の撮影・監督、先日公開された「マトリョーシカ」のミュージックビデオに続き山田健人監督がディレクション。

衣装は、ヘッドピースデザイナー・津野青嵐氏が3Dペンで制作。身体から離脱して見えるネックレスで、暗闇の中で怪しく光ったり、身体から浮いているように見える独特なフォルムが、人間に見えて人間ではないかぐや姫の存在を際立たせている。

■コムアイ(水曜日のカンパネラ) コメント
「青」は青なのに「青々と」は緑を感じるのはなんでだろうな。日本語の「青」は、海のターコイズブルーを飛び越えて、クロロフィルの緑までを含んでいる。このEPがリリースされる頃の、日本列島の初夏の竹林の美しさはまさに「青」。山は命の噴火を抱え、すべての芽が萌え、鮮やかな色を風にわさわさ揺らして「生きる!」とすべての細胞が叫ぶ季節。海の青から発した生命が、陸の青まで続いてきて、これからどこへ向かうのでしょう。次に現れるのは、どんな生命でしょう。光とともに現れた超人・かぐや姫には、宇宙人説があって、少し先の未来にいる生命に思えます。DNAの螺旋、生命たちの運動が、形を変えながら、ずっと続いていきますように。

■山田健人監督 コメント
ちかごろは映像と接するときにみんな緊張してると思います。だから寝る前に読む絵本みたいな作品っていうのを意識してみました。リラックス~。いっぱい不思議でワクワクしてください。

 


リリース情報

06.22 ON SALE DIGITAL ALBUM『猫は抱くもの(オリジナルサウンドトラック)』

06.27 ON SALE EP『ガラパゴス』


ライブ情報

水曜日のカンパネラ・円形劇場公演
06/30(土)山梨・河口湖ステラシアター 野外音楽堂
07/01(日)山梨・河口湖ステラシアター 野外音楽堂


映画情報

『猫は抱くもの』
6月23日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
監督:犬童一心
原作:大山淳子『猫は抱くもの』(キノブックス刊)
脚本:高田亮
音楽:水曜日のカンパネラ
出演:沢尻エリカ / 吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 岩松了
藤村忠寿 内田健司 久場雄太 今井久美子 小林涼子 林田岬優 木下愛華 蒔田彩珠 伊藤ゆみ 佐藤乃莉 末永百合恵 / 柿澤勇人
(C)2018「猫は抱くもの」製作委員会


『猫は抱くもの』作品サイト
http://nekodaku.jp/

水曜日のカンパネラ オフィシャルサイト
http://www.wed-camp.com/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC