村上 淳、「綾野 剛の股間は“夏を告げるせっけんのような匂い”」と爆弾発言! 映画『パンク侍、斬られて候』撮影エピソードに豪華キャスト陣大爆笑

村上 淳、「綾野 剛の股間は“夏を告げるせっけんのような匂い”」と爆弾発言! 映画『パンク侍、斬られて候』撮影エピソードに豪華キャスト陣大爆笑

映画『パンク侍、斬られて候』の初日舞台挨拶が本日6月30日(土)丸の内 TOEI 1で行われ、主演の綾野 剛をはじめ、北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、永瀬正敏、村上 淳、若葉竜也、渋川清彦、國村 隼、宮藤官九郎(脚本)、石井岳龍監督が登壇した。

鑑賞後に行った舞台挨拶で監督は「皆さんが茫然となっているのが手を取るようにわかるんですが、この映画はとても中毒性がある映画となっているので何度観られても結構です! 宜しくお願いします。」と挨拶。綾野が会場の空気を読み取るように「妙な緊張感ありますが、“なんだこの映画?”って感じですか?(笑)」と恐る恐る聞くと会場からは大拍手が。「僕もどうなのかが、よく分からない映画なので、だからいいんだと思いますけどね。本当に革命だと思ってます。浅野さんもインタビューで“虚構であること・前提であることを全部壊していけばいい”とおっしゃっていて、なかなか現実の世界ではできないことを映画を通して表現しているわけですが、だからこそ、スクリーンからはみ出ることをしていけばいいっていうことをこの作品を通して改めて結実したといいますか…。本当に役者として一回生まれなおしたなという感じです。とても感謝してます。」と振り返った。

また、撮影エピソードを聞かれると綾野は「浅野さんが演じた茶山がはじめて出てくるシーンが全部アドリブなんですよ。いきなりタックルされて、僕はセリフ言わないといけないし、横で染谷くんは冷静にセリフ言ってるし、急にオサムは奇声あげるんで僕がドロップキックしたり…本当にカオスだったんですが、監督はニコニコしながら“オッケー”って。全然台本と違うっていう。」と明かし、思い出したように「ひっで~現場だったなぁ~」と笑った。そして、真夏の京都で、このメンバーでの撮影現場を「狂気」だったと表現した東出について綾野は「ひがちゃんの(笑)。石が当たってても…あれはヤバイ。あれが狂気ですよ(爆笑)。」と、またも思い出し笑い。東出も自身の演じた役柄について「こんな堅物でいいのかなぁって思って監督に“これでいいんですか?”って聞いたら表情一つ変えずに“大丈夫です”って言われて。でもOK出した後も全然笑ってらっしゃらないんですよ。」不安だったことを明かすと綾野から「ひがちゃんだけは一人大河だったから、しっかり大い河してくれた。」とフォローがはいり、安心(?)したようだった。さらに「ギャンッ」と言って気絶してしまう幕暮孫兵衛を演じた染谷は「何回も練習した」ことを明かし「最終的に石井監督が“ギャン”ってやったらきっとこうなるであろうという想像で演じました」と話すと、石井監督は「見事でしたよ。びっくりするのは少しずつ全部違うんですよ。それが、ものすごく技を感じました。」、綾野も「メールの受信音にしたいですもんね」と絶賛した。

綾野との「睾丸稲荷返し」という技が出るシーンを演じた村上は「あの形になった時に綾野君の股間が、夏を告げるせっけんのようなすごくいい匂いがして、役に集中できないなって思って撮影止めてもらいましたね。」と、爆笑エピソードを披露した。お猿さんとの芝居の多かった國村は「実はゆうくんと、きなこちゃんっていう2匹のお猿さんなんです。スタッフに言われて先に会ったんですが、その時にとても仲良くなって、よかったと思いながらその日は帰ったんですが、後日聞いたら、猿に僕がオーディションされてたようなんです。ここにいられるのは彼らのおかげかもしれません。」と裏話を明かし、続けて「本当にかわいいんです。小指をぎゅーって握ってこられたときは、この子の言うことなら何でもききたくなってしまうと思いました。」と、“お猿さん愛”を語った。そんな猿将軍の大臼を演じた永瀬は、この出演を聞いたときの感想を「やったー!って思いました。町田さんの原作作品に参加させてもらうのは2回目でしたし、岳龍監督に声をかけていただくっていうのも特別なことですし念願だった宮藤さんの脚本ですし、しかも“猿”っていう。これは…みなさん本気ですねって思いました。」と話し、劇中登場していた猿が大臼を怖がっていたという話が出ると「僕も北川さんみたいに抱っこしたくてすごいアプローチしたんですけど確かに逃げられてました(笑)。でも、最後にはお腹をさすらせてくれました。」と話した。

本作で紅一点の北川は「いかにを腹踊りに誘えるかというのが今回の私の役割でした。ある意味、教祖様みたいな存在でいなきゃいけないですし、でもそういう腹踊りってどういう腹踊りなんだろってダンスの先生ともいろいろ相談して、ああいう振り方になったんですけど…(笑)。とても不思議な経験をさせてただきました。」と腹踊りついて真剣に悩んだことを明かした。

最後に宮藤は「僕は中学の時に石井監督の作品を観ておかしくなったんで、今の中学生がこの作品を観たらどうなっちゃうんだろうって気になりますね。あとは、町田さんの原作がすごいんですよ。読んでもらうと分かるんですけど、「稲荷返し」も原作にありますし「ギャン」って言うし、そもそも映像化不可能っていう感じなんですけど、みなさんにも是非原作を読んでいただきたいなと思いますね。」と原作の魅力を語ると、石井監督は「映画を大事にしてくれてる俳優・スタッフたちと、こんな面白い映画をつくれたことに感無量です、感謝しています。」と挨拶。“宣伝不可能な映画”と宣伝し続けてきた綾野も、最後には「自分がどういう生き方をしているかによってこの作品の観える角度が変わってくると思います。観終った後にご自身の気持ちをスクリーンに投影していただけたら幸いです。そして、目の前に起こっていることが果たして本当に現実なのかっていうことも含めて、この現実世界で、しっかり自分の足で立って戦っていかなければならないんだという願いを込めて、改めてありがとうございます。」としっかり作品をアピールしてイベントは終了した。

映画『パンク侍、斬られて候』東出昌大さんのインタビューはこちら
東出昌大「賛否の「否」だけで一晩語れる」。映画『パンク侍、斬られて候』の魅力について語る

東出昌大「賛否の「否」だけで一晩語れる」。映画『パンク侍、斬られて候』の魅力について語る

2018.06.29

映画『パンク侍、斬られて候』完成披露試写会レポートはこちら
綾野 剛、ぎっくり腰になった豊川悦司に1時間マッサージ! 超豪華キャスト陣集結『パンク侍、斬られて候』完成披露試写会

綾野 剛、ぎっくり腰になった豊川悦司に1時間マッサージ! 超豪華キャスト陣集結『パンク侍、斬られて候』完成披露試写会

2018.06.12

【STORY】
ある日、とある街道に一人の浪人があらわれ、巡礼の物乞いを突如斬りつける。自らを“超人的剣客”と表すその浪人の名は掛十之進(綾野)。掛は「この者たちは、いずれこの土地に恐るべき災いをもたらす」と語るが…。次々とあらわれるクセもの達。ある隠密ミッションの発令によって始まる前代未聞のハッタリ合戦。そして一人の女をめぐる恋の行方と、一人の猿が語り出す驚きの秘密。今、あなたの想像をはるかに超える、驚天動地の戦いがはじまる!

作品情報

『パンク侍、斬られて候』
全国公開中
出演:綾野 剛 北川景子 東出昌大 染谷将太/浅野忠信/永瀬正敏/村上 淳 若葉竜也 近藤公園 渋川清彦/國村 隼 豊川悦司
脚本:宮藤官九郎
監督:石井岳龍
原作:町田康「パンク侍、斬られて候」(角川文庫刊)
企画制作:dTV
配給:東映
©エイベックス通信放送

『パンク侍、斬られて候』原作