熱風・嵐の4DX新効果に制作陣も大絶賛! 映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』特別インタビュー映像解禁

熱風・嵐の4DX新効果に制作陣も大絶賛! 映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』特別インタビュー映像解禁

7月13日(金)より全国公開される映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の4DX上映を記念して、J・A・バヨナ監督、脚本のコリン・トレボロウ、マルコム博士役を演じたジェフ・ゴールドブラムのインタビュー映像が公開された。

前作『ジュラシック・ワールド』から3年後を描いた本作の4DX版では、恐竜たちの呼吸音、足取りなど、すべての動きをエアーショット(空気の弾)やバイブなど、ハリウッドのスタジオ制作のもと、20以上のオリジナル・エフェクト効果を駆使し、まるで目の前に巨大なT-レックスやヴェロキラプトルといった恐竜がいるかのようなゾッとする体験をすることができる。

公開された映像では、シリーズ一作目から出演している個性派俳優ジェフ・ゴールドブラムと、本作の監督&脚本家が4DX版のおすすめシーンを語っている。特に、J・A・バヨナ監督は「本作はサスペンスで勝負する作品で、こういう映画は細部の描写が非常に大事です! 雨もたくさん降るし、雷が落ちるシーンも多い。風の効果が本領を発揮するシーンもあります。4DXがこの映画を観る1番良い方法だと思います。細部の描写を直接体験する最高の経験ができると思うし、4DXで次元の違うリアルさを感じられると思います」と本作を観るなら4DXと太鼓判を推している。


また、前作『ジュラシック・ワールド』4DX上映の際には取り入れていない、座席の背もたれから熱風が噴射される【Warm Air(熱風)】と、風や水しぶきが吹き荒れる【Rainstorm(嵐)】効果が新たに追加される。迫り来る火山の臨場感や大噴火に見舞われ未曾有の危機に陥ったジュラシック・ワールドの世界観にぴったりの新効果を是非体験してほしい!

【STORY】
ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXの激しいバトルで崩壊した「ジュラシック・ワールド」があるイスラ・ヌブラル島の火山に、噴火の予兆が見られた。恐竜たちを見殺しにするのか、彼らを救うべきか。テーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と恐竜行動学の専門家であるオーウェン(クリス・プラット)は、悩みながらも恐竜救出を決意し島へ向かうが、火山が噴火してしまい……。

作品情報

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
7月13日(金)ロードショー
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
監督:J・A・バヨナ
出演:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィンほか
配給:東宝東和

(C)Universal Pictures

オフィシャルサイト
http://www.jurassicworld.jp/