稲垣吾郎、草彅 剛、香取慎吾が、パラスポーツ応援チャリティーソング「雨あがりのステップ」寄付贈呈式に登壇 「心一つにして頑張って行きたい」

稲垣吾郎、草彅 剛、香取慎吾が、パラスポーツ応援チャリティーソング「雨あがりのステップ」寄付贈呈式に登壇 「心一つにして頑張って行きたい」

元SMAPの稲垣吾郎、草彅 剛、香取慎吾の「新しい地図」が配信した、パラスポーツ応援チャリティーソング「雨あがりのステップ」の寄付贈呈式が本日7月8日(日)に東京・日本財団パラアリーナで開催された。

「雨あがりのステップ」は、今年3月に開催されたパラ駅伝 in TOKYO 2018」で初披露された楽曲で期間限定チャリティーとしてリリースされた。期間中に販売された楽曲売上金額の全額が寄付となるチャリティー販売を3月19日から6月30日までの期間行い、寄付金額は23,006,214円となった。

贈呈式では、稲垣、草彅、香取のほかに、国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ、日本ブラインドサッカー協会事務局長の松崎英吾、リオ2016パラリンピック・ボッチャ銀メダリストの杉村英孝、日本財団パラリンピックサポートセンター会長の山脇 康も登壇した。

稲垣は「『雨あがりのステップ』がパラスポーツの支援に少しでもなれば嬉しいなと思います」と挨拶。草彅は「未来の選手や、パラスポーツにとても大きな影響が及ぶということで、この僕らの歌をダウンロードしてくださった方に感謝しています。これからもこの歌を大切に皆さんに届けていきたいと思います」と笑顔でコメントした。

香取は「チャリティー販売をするにあたって、たくさんの方に参加していただいて成立したことであるので、とても感謝しています。販売されたもの買っていただいた皆様のおかげでパラスポーツの寄付金が集まりました。このチャリティーに販売を参加してくださった方の中には西日本の記録的大雨で被害にあわれた方々もいると思います。厳しい状況の中だとは思いますが離れていても想いはひとつなので、頑張ってください」と応援メッセージを送った。

また、アンドリュー・パーソンズは、3人に東京2020パラリンピック親善大使の就任をサプライズオファー。3人は「はい」と快諾し、稲垣は「大使というのは大変光栄なことなので、僕もまだ驚いているんですけど、自分たちにできることを全力でさせていただいて、さらなる今後のパラリンピックの発展と普及を目指して3人で、心一つにして頑張って行きたいと思います」と思いを語った。

贈呈式後には、杉村選手のレクチャーのもと、3人がパラリンピックの正式種目・ボッチャに挑戦。稲垣は「もっと普及してほしい」とコメントをしていた。

リリース情報

新しい地図「雨あがりのステップ」
※iTunes Store限定で配信

「新しい地図」オフィシャルサイト
https://atarashiichizu.com/