マダオ役にアニメ版で声優を務める立木文彦が大抜擢! dTV『銀魂2』正式タイトル&エピソード発表! 堤 真一も出演決定

マダオ役にアニメ版で声優を務める立木文彦が大抜擢! dTV『銀魂2』正式タイトル&エピソード発表! 堤 真一も出演決定

8月18日(土)から配信されるdTVオリジナルドラマ『銀魂2』の正式タイトルが『銀魂2 –世にも奇妙な銀魂ちゃん-』に決定。併せて、原作でも屈指の人気を誇るキャラクター・マダオが登場することが発表されキャラクタービジュアルが初解禁された。

最終興行収入38.4億円という2017年実写邦画No.1の成績を記録するなど超絶大ヒットを記録した劇場版映画『銀魂』。同時期にdTVで劇場版と連動し、映画では描ききれなかった銀魂きっての”泣ける”人気エピソード「ミツバ篇」を映像化したオリジナルドラマは、配信初日の視聴数がdTV歴代No.1の視聴数を獲得、第1話のYouTube再生回数は3日間で200万再生を超えるなど配信ドラマとしては驚異の大ヒットを記録した。

今年は原作でも人気の高い3つのエピソードを映像化。眠れないループに入った神楽(橋本環奈)が「眠れないアル」を連呼しながら、銀時(小栗 旬)を巻き込んでなんとかして眠る方法を模索する「眠れないアル篇」、禁煙ブームのあおりを受け全面禁煙となった世界で、土方(柳楽優弥)が煙草を吸うために遠い宇宙に冒険の旅に出る「土方禁煙篇」、銀時と土方が大嫌いな歯医者で地獄の体験をする「幾つになっても歯医者は嫌篇」の3篇で構成。原作の数あるエピソードでも「銀魂」の真骨頂であるギャグが冴えわたる渾身のエピソードを、コメディ作品の奇才・福田雄一監督が見事に描き切っている。

また、ドラマ版のみの出演キャラクターとして、“マダオ”こと長谷川泰三が満を持して登場する。マダオとは「まるでダメなおっさん」の頭字語で、何をやってもうまくいかないキャラクターではあるものの、かつては幕府の要職も務めたこともある謎の多い人物。銀魂ファンの間では「マダオの回はハズレ無し」と言われるほどの人気を誇っている。驚くのは、アニメシリーズで同キャラクターの声優を務める立木文彦が、まさかの役者としてマダオを演じること。併せて初解禁された立木演じるマダオのキャラクタービジュアルは、マダオらしい“ダメさ”がいい感じに滲み出し、そこはかとない哀愁を漂わせるビジュアルに仕上がっている。

さらに、劇場版実写映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』にも出演する松平片栗虎役の堤 真一がドラマ版にも出演することが決定した。警察庁長官で真選組の上司にあたるキャラクターで独特な存在感で銀魂ワールドをより盛り上げる堤が、ドラマ版でも全編にわたって重要なポジションで出演する。詳細は後日発表とのこと。

配信情報

dTVオリジナル『銀魂2 –世にも奇妙な銀魂ちゃん-』
配信日:8月18日(土)
出演:小栗 旬、橋本環奈、柳楽優弥、吉沢 亮、中村勘九郎 ほか
脚本/監督:福田雄一
原作: 「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
©空知英秋/集英社©2018映画「銀魂2(仮)」製作委員会
©2018 エイベックス通信放送

特集サイト
https://video.dmkt-sp.jp/ft/s0007030

作品情報

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』
8月17日(金)全国ロードショー


出演:小栗 旬、菅田将暉、橋本環奈/柳楽優弥、三浦春馬、窪田正孝、吉沢 亮、勝地 涼、夏菜、戸塚純貴、長澤まさみ 岡田将生、ムロツヨシ、キムラ緑子、佐藤二朗、堤 真一、中村勘九郎 堂本 剛
脚本/監督:福田雄一
原作:『銀魂』空知英秋(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)
製作:映画「銀魂2(仮)」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画

©空知英秋/集英社 ©2018 映画「銀魂2(仮)」製作委員会

オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/