ラストアイドル、山戸結希が監督した「好きで好きでしょうがない」MV公開!「仲間であってライバルである関係性が重なっている」

ラストアイドル、山戸結希が監督した「好きで好きでしょうがない」MV公開!「仲間であってライバルである関係性が重なっている」

AKB48グループ、坂道シリーズなどトップアイドルたちの総合プロデュースを数多く手がけてきたヒットメーカー・秋元 康が、あらたな大型アイドルグループを誕生させるべく、昨年2017年8月にスタートした同名オーディション番組から生まれた究極のアイドルグループ、ラストアイドル。

同番組のセカンドシーズンでは、2ndシングルの表題曲を賭けてユニット対抗・プロデューサーバトルを行い、秋元 康プロデュースのシュークリームロケッツが見事表題曲を獲得し、2ndシングル「君のAchoo!」はオリコン週間ランキング2位を記録。勢いを増すばかりだ。

現在は、AbemaTVにてプロデューサーバトル第2弾の真っ只中だ。

そんなラストアイドルが、8月1日に3rdシングルをリリース。そして、22人全員で歌う表題曲「好きで好きでしょうがない」のミュージックビデオが絶賛公開中だ。

今作のミュージックビデオは、乃木坂46やNGT48などのミュージックビデオも手がけている映画監督の山戸結希が担当。

“合同社会科見学”といった設定で、ラストアイドルファミリーの各ユニットを各校とした設定となっており、ラストアイドルのこれまでのヒストリーがオマージュされた作品に仕上がっている。2サビから最後までは、ワンカットでの撮影となっており、メンバーの迫真の演技にも注目だ。

現在、3rdシングル「好きで好きでしょうがない」のWEB盤イベントがキャラアニ・チャンスにて申込受付中。関東は9月17日にパシフィコ横浜 展示ホールC、関西は9月24日に神戸国際展示場1号館にて個別握手会が開催される。

■山戸結希監督 コメント
MVを手がけさせていただいた「好きで好きでしょうがない」は、ラストアイドル1期生メンバー全員では初となる表題曲になります。 そのミュージックビデオ撮影において、1期生メンバーオールスターが勢ぞろいして撮影ができるのは、撮影当日の正午まででした。限られた時間だからこそ、勢いのある作品を生み出してゆくラストアイドルスタイルの中、私自身も闘いながら、精いっぱい撮らさせていただきました。 まるで一瞬の夢のように、凝縮された撮影の時間がまるごと、「好きで好きでしょうがない」という歌に捧げられていることを、願っています。

今作の最大の見どころは、MV2番サビからクライマックスまで、2分22秒にわたるワンカットの映像と言えるのではないでしょうか。フロントを担う間島さん、阿部さん、長月さんの3人のお芝居から、22人全員の力が合わさったダンスシーンへと流れ込んでゆく様子を、途切れずにワンカットで撮影しています。 フィルムカメラを使用した長回しは、リテイクを許さないセッティングでしたが、対峙するラストアイドルの皆さんの集中力は、心から、素晴らしいものでした。

早朝に現場入りしたメンバーの皆さんと、正午の太陽が昇るまでの刹那に、やりきりました。 あの日に駆け抜けながら生まれた、一瞬一瞬の輝きが、このMVに詰まっていたならと祈っています。 たった今、この瞬間を生きている皆さんに、この歌を一緒に走り抜ける疾走感を楽しんでいただけたら、とても幸いです。

■センター・間島和奏 コメント
ラストアイドル3rdシングル「好きで好きでしょうがない」のセンターを務めさせていただいている間島和奏です。 今回のMVでは、各5ユニットをそれぞれ高校に見立てて、みんなで合同社会科見学に参加するという設定です。その受験に際しての関係性と、私たちの、アイドルとしての仲間であってライバルである関係性が絶妙に重なっている作品になっています。 撮影では、2番の私と阿部菜々実ちゃんのシーンは、好意、憧憬、愛憎、いろんな感情をぶつける気持ちで挑みました。 山戸監督がすごく感情を引き出すのが上手くて、自分でもパワーが溢れるシーンになったと思います。 また、今回の作品はフィルムで長回し撮影で行いました。 長回しはすごく難しかったですが、アナログだからこそ映る私たちの色を見てもらえたらなと思います。 ぜひご覧ください。


リリース情報

04.18 ON SALE SINGLE「君のAchoo!」

08.01 ON SALE SINGLE「好きで好きでしょうがない」


キャラアニ・チャンス
https://ch.chara-ani.com/

『ラストアイドル』番組サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/last-idol/

ラストアイドル Project オフィシャルサイト
https://last-idol.com


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC