【特別映像解禁】『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は“人が恐竜を救う”!

【特別映像解禁】『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は“人が恐竜を救う”!

いよいよ7月13日(金)に全国公開される『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の特別映像が解禁された。

本作は、全世界のトータル興行収入は16億7000万ドルを突破、日本でも2015年度公開映画の“年間興行収入No.1”となるメガ・ヒットを記録した『ジュラシック・ワールド』のシリーズ最新作。

今回公開されたのは、本作の製作の裏側が垣間見える特別映像。映像内で「6500万年前に絶滅した恐竜には、現代は異次元も同然だ。人間が同じ立場に置かれたらどうだろう? 別世界に放り込まれたら?」と語るトレボロウだが、バヨナ監督も説明するように「翻弄される恐竜たちへの感情移入」がテーマとなる本作。その「感情移入」をよりリアルに感じさせる為に、さまざまな分野の一流アーティストが携わり製作されたことが伺えるが、その仕上がりは、古生物学コンサルタントであるジョン・ハンクラが「恐竜の世界は滅びても、恐竜たちの姿はリアルだった」と称賛するほど。本作にとって、人間だけではなく、“恐竜”もまた同様に大事な登場人物であることが映像から伝わる。

物語を語る上で最も重要な鍵を握るのが、オーウェンが孵化したての頃から深いかかわりを持つヴェロキラプトルのブルー。トレボロウは「第1作ではジョン・ハモンドが、恐竜が誕生するたび、孵化するたびにその場にいようとしていた。それは彼自身を恐竜たちの脳裏に焼き付けようとしたからだ。今作では、観客の脳裏には、すでに前作でブルーのことが刻み付けられている。だからこそブルーはこの第2作目で、観客が大事にしたい主要な登場人物となっている」と説明、それはスピルバーグにとっても、同じことだったのだとか。

ブルーのほかにもバリオニクスからカルノタウルス、そしてスティギモロクと呼ばれる小さな乱暴者にいたるまで、これまでにないほどたくさんの恐竜たちが登場する本作。あまりにもリアルな恐竜の姿と人間のような感情を持つ様に、思わず動物愛護の精神が生まれるかもしれない。

【STORY】
ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-レックスが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有する島、イスラ・ヌブラル島では<火山の大噴火>の予兆がとらえられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られていた――。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、恐竜を救い出すべく行動を起こす事を決意、島に向かったその矢先、火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが幕を開ける!

作品情報

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
7月13日(金)全国超拡大ロードショー
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム

(c)Universal Pictures
(c)Jaimie Trueblood
(c)Universal Pictures
(c)Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc.
and Legendary Pictures Productions, LLC.
(c)Universal Pictures

オフィシャルサイト
http://www.jurassicworld.jp/