“たま”の再結成は「ないです!」パズルゲーム『猫のニャッホ』新CMで元たま・知久寿焼「♪お金がにゃい」。

“たま”の再結成は「ないです!」パズルゲーム『猫のニャッホ』新CMで元たま・知久寿焼「♪お金がにゃい」。

スマートフォンが向けストーリー型マッチスリーパズル『猫のニャッホ ~ニャ・ミゼラブル~』の新TVCM『猫のニャッホ ほっとけにゃい篇』が7月14日より放送される。

『猫のニャッホ ~ニャ・ミゼラブル~』は、画家猫ニャッホが主人公の、かわいいストーリーパズルゲーム。借金を抱え、お屋敷もボロボロになってしまったニャッホ。パズルをクリアしながら絵を描いて借金を返し、お屋敷を元どおりにしていくのがこのゲーム。プレイヤーは、ニャッホの亡くなってしまったご主人さまとなってニャッホを見守り、パズルのステージをクリアすることで、ストーリーが展開する。

プレイヤーが開始3秒で死んでしまう(!)という驚きの展開だけでなく、かわいい外見とはギャップがある、借金アリ、計画性ナシ、怠け者……なニャッホのクズっぷりもTwitterで話題に。ネットでは「クズかわいい」と評される、ニャッホの物語から目が離せない。

しかも、ニャッホの声はあの実力派声優、杉田智和。イケ(メン)ボ(イス)で知られる杉田が「にゃあ~ん……」と情けなくも切ない鳴き声を熱演している。このニャッホボイスに母性本能をくすぐられた、との反響も多数。

パズルのルールはとっても簡単で、同じピースを3つ以上並べて消すだけ! さらに、パズルを解いて完成させる絵画は、ニャッホのモデルであるゴッホの名画のオマージュになっていて、ついついコレクションしたくなる。

ニャッホのほかにも、ピカソやゴーギャン、ダリなど、実在の画家をモデルにした個性的なキャラクターがいっぱい登場。かわいいだけじゃないキャラクターたちから、推しキャラを見つけよう。

■伝説のバンド“たま”の元メンバー、知久寿焼がCMソングを熱唱!
CMソングは、今年の4月にテレビ情報番組へ出演したことにより、一時期Twitterのトレンド入りするなど、ネット上で大きな反響や歓喜の声があがった知久寿焼が歌唱を担当。

画家猫の主人公・ニャッホと、友人のネズミ・テオ。ふたりのほっこりかわいいアニメーション……と思ったら、いきなり知久寿焼の切ない歌声で「♪お金がにゃい」とCMが始まる。

「♪お金がにゃい」 お財布にあったなけなしのコインが絵筆で塗りつぶされてしまうニャッホ。 「♪家もにゃい」 おうちが廃墟同然になってしまい、愕然とするニャッホ。 「♪でも前向きに……」 そんなピンチに負けず、絵筆を握るニャッホ。 「♪がんばれ……にゃい」 ……でもそれは、グダグダとサボっている、クズなニャッホの妄想なのだった。ため息をつくテオ。

ご主人さまに先立たれ、お金もにゃい、家もにゃい。でも前向きに頑張れ……にゃい。ダメダメな画家猫ニャッホが、画面の向こうから、ウルウルと助けを求めるようにこちらを見つめる。

「♪そんな君をほっとけにゃーい」

ダメ猫ニャッホを見守るご主人さまの視点で、知久が歌いあげる。

切なすぎる知久の歌声と、ダメかわいすぎてほっとけにゃいニャッホのアニメーションは必見だ。

■いきなり借金を抱える衝撃ストーリーに、知久寿焼も思わず苦笑!
トレードマークの巨大な半ズボン&帽子姿で登場した知久寿焼。この日、都内のスタジオにて、知久による『猫のニャッホ』の歌の収録が行われた。

まずは、ストーリーパズル『猫のニャッホ』についてスタッフからご説明。ゲーム開始でいきなり借金を抱えてしまうという衝撃的なストーリーや、ニャッホのほっとけないダメ猫っぷりに思わず苦笑してしまう知久。

収録前の練習では、自分のギターで音を取りながら歌うシーンも。歌えば歌うほど、ニャッホの役に入って“ダメかわいさ”を増していく知久の歌に、スタッフからも思わず「何これ切ない……」の声が。“仕事もにゃい、愛もにゃい……” “頑張れにゃい……”と切なさ満点の歌詞を、哀愁たっぷりに歌い上げた。

自身のプロフィールに「地味なテンポでさびしい歌ばかりうたう」と書いている知久。そういう意味では、ニャッホの哀愁漂う姿を描いた今回のCMソングは、知久の持ち歌のようにしっくりとハマっていた。

収録では、「もっとダメな感じに!」「もっと“お金がにゃい”哀愁感を漂わせて!」など、いかに“ダメかわいさ”を出すか? をスタッフ一丸となって模索するという異色の光景に。

ニャッホのダメかわいい姿を、切なくゆるく歌ってた知久のおかげで、歌詞のどおりりニャッホを“ほっとけにゃい!”と思わずにいられない仕上がりになった。

そんな知久による“ダメかわいさ”満点ソングとともに送る、ニャッホの世界観を表現した、ほっこりアニメも必見。アニメ制作スタッフも、つい“ダメかわ”なニャッホをほっとけにゃくなってゲームに夢中になってしまったとか……。

知久寿焼 コメント

Q:今回のCMの歌唱でこだわった点を教えてください。
A:こだわるっていうか、こういうお仕事のときはどんな風がいいかを言っていただいて、それを自分ができるかどうかっていう感じでやっていくので、今回はちょっと「情けない感じ」と言うか、その辺を言われたので、その辺が出るように頑張りました! じゃなくって、頑張ったら「情けなく」ならないようになるので、頑張らないようにしました。

Q:普段はもっと頑張る感じ?
A:普段はもっと「ピシッ!」と。あははウソですけど。普段からダメですけどね(笑)。だからやりやすかったです。

Q:今回、曲にまだタイトルがついていないのですが、つけるとしたら?
A:どうですかねぇ。何でしょうね~。「甘いささやき」とかですかね。猫がしょんぼりしているときにね、「ほっとけにゃい」ですね。って言われるからね、ちょっといい気になるんじゃないですかね、猫もね(笑)。

Q:今回のCMで描いている『猫のニャッホ』は、画家猫ニャッホが主人公の、かわいいストーリーパズルアプリです。借金をかかえ、お屋敷もボロボロになってしまったニャッホを助けて、一緒にパズルを解き、借金を返していくこのゲーム。ステージをクリアすることで、気になるストーリーが進んでいきます。知久さんにとって猫の想い出などはありますか?
A:猫はですね~。高校生くらいのときにもらった猫がうちにいたことがあって、うちが国道沿いだったんで、まぁどっかではねられて、それで気が付いたら窓の下のところまで頑張って這ってきて。それで病院代稼がなきゃと思ってアルバイトを始めたってことがありました。(それまでバイトはやったことがなかったのですが)それで多分手術しなきゃだろうなと思って、バイトを始めたってことがありました。

Q:4月のテレビご出演で一時期は「知久さん」がTwitterのトレンド入りするなど、ネット上で大きな反響や歓喜の声があがりました。知久さんご自身、番組出演後何か変化、反響などはありましたでしょうか?
A:いや、あの幸いなことに特に何も変化もなく。いつもの暮らしを続けていられてるので良かったと思います(笑)。

Q:バンド仲間や友達などは?
A:いやぁ、特に…。あぁ知り合いとかに会ったときに「あ、なんかこの間出てたね。観たよ!」って言う声は掛けられましたけど。ライブのお客さんが増えたとか、そういう変化はちょっとないですね。悔しいですけど。

Q:ご出演されたあと、知久さん的にテレビの印象などは?
A:申し訳ないと言うか、やっぱりちょっとテレビは僕向いてないなと思いました。こう「わ~」っとテンポが速くて。いつの間にか終わってたっていう…(笑)。お話しをするコーナーが少なくて助かりました。と思いました。

Q:ネット上でも“たま”の再結成という声もありますが、いかがでしょうか?
A:あ~、ないですね、はい。ははは(笑)。「ないです!」。


『猫のニャッホ』オフィシャルサイト
https://niagho.com/f/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC