野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、妻夫木 聡ら豪華な顔ぶれが勢ぞろい! 松田龍平主演作『泣き虫しょったんの奇跡』場面写真が一挙公開

野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、妻夫木 聡ら豪華な顔ぶれが勢ぞろい! 松田龍平主演作『泣き虫しょったんの奇跡』場面写真が一挙公開

9月7日(金)に全国公開される松田龍平の主演作『泣き虫しょったんの奇跡』の場面写真が一挙解禁された。

本作は、将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川五段の自伝的小説を、自身も9歳から17歳まで奨励会に在籍していた過去を持つ豊田利晃監督が、「将棋を描くなら、『人生の縮図=将棋そのもの』な世界にたどり着きたい」という想いを込めて映画化したもの。松田が映画『青い春』以来16年ぶりに豊田作品で単独主演を務めるほか、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、妻夫木 聡、松 たか子、國村 隼といった主役級の豪華キャストが集結。一度は夢破れた“しょったん”こと瀬川晶司(松田)が、周囲の人々に支えられながら、史上初めて奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた奇跡の実話を描く。

この度公開されたのは、共にプロ棋士を目指す奨励会の仲間たちと仲良くこたつを囲む様子を捉えたカット、さらに小学生のしょったんに微笑みかける恩師の鹿島澤佳子(松)、しょったんのプロ入り編入試験を見守る新藤和正(永山)ら奨励会時代の仲間、年齢制限を迎えただ呆然と立ち尽くす奨励会員の冬野渡(妻夫木)、再びプロ入りを目指すしょったんのため、将棋連盟へ働きかけるなど懸命にサポートする藤田守(小林 薫)の姿など、全8点。

プロ棋士養成機関である「奨励会」で、同じくプロ棋士を目指す仲間たちと苦楽を共にしながら、一日一日を過ごしていくしょったん。「26歳の誕生日を迎えるまでに四段昇段できないものは退会」という、“死”に等しい恐怖と闘いながら日々将棋を指し続ける一方で、今回公開となったしょったんを取り巻く奨励会時代の仲間たちとの団らんを捉えた写真からは、一度対局から離れると、プライベートでは笑顔を交わす仲睦まじい関係性であることが伝わる。加えて、しょったんのプロ入り編入試験を、固唾をのんで見守る新藤、村田康平(染谷)、山川孝(渋川清彦)らの姿からは、しょったんのプロ棋士になりたいという夢が、彼を取り巻く周りの人々にとっても”夢”や”希望”になっていく様子が垣間見え、年齢も性格も違う個性豊かな棋士たち同士の熱き友情が感じられる。

年齢制限を迎え、「君(しょったん)には才能がある。僕はその才能が死ぬほど羨ましい」と呟き、奨励会を去っていく冬野、しょったんの夢を健気に応援し、しょったんにとっても次第に気になる存在となっていくカフェ店員の真理子(上白石萌音)、将棋に熱中する小学生のしょったんと悠野を将棋道場に連れて行く父・瀬川敏雄(國村)、そして内気なしょったんの背中を押した恩師の鹿島澤…。しょったんの人生に深く関わり、彼に大きな影響を与えていく人々を豪華キャストが演じ切っており、その濃厚で濃密な人間ドラマに期待が高まるばかりだ。

なお、本作は8月24日(金)より開催される「第42回モントリオール国際映画祭」フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に正式出品されることが決定している。

【STORY】
26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる――。

映画情報

『泣き虫しょったんの奇跡』
9月7日(金)より全国ロードショー

監督:豊田利晃(『青い春』『クローズEXPLODE』) 
脚本:瀬川晶司『泣き虫しょったんの奇跡』(講談社文庫刊) 
音楽:照井利幸
出演:松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、妻夫木 聡、松 たか子、美保 純、イッセー尾形、小林 薫、國村 隼
製作幹事:WOWOW/VAP 
制作:ホリプロ/エフ・プロジェクト

©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 
©瀬川晶司/講談社

オフィシャルサイト
http://shottan-movie.jp/

『泣き虫しょったんの奇跡』原作