岩田剛典のヒゲはペンで書いていた!? 映画『去年の冬、きみと別れ』瀧本智行監督インタビュー到着

岩田剛典のヒゲはペンで書いていた!? 映画『去年の冬、きみと別れ』瀧本智行監督インタビュー到着

本日7月18日(水)にBlu-ray&DVDが発売された岩田剛典(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE/EXILE)の初主演映画『去年の冬、きみと別れ』より、瀧本智行監督のインタビューが到着。”映像化不可能”と言われた中村文則の原作を見事映画化するに当たってのこだわりや、岩田との今だからこそ話せる撮影エピソードなどを語っている。

瀧本監督は、監督のオファーがあったときの気持ちを「え! という気持ちでしたね(笑)。これを映画化するのか……という感じはありました」と語った。「もともと中村さんは、芥川賞を受賞した『土の中の子供』など、いわゆる日本の純文学の系譜に位置するような、暗くて重い作品を書かれる作家さんでした。僕はそのころの作品も大好きだったんですが、この小説ではより多くの読者を相当意識したんだと思います。ミステリーの手法を使えばより開かれたものになるんじゃないかと、意識的に取り組まれたある種テクニカルな作品なんですよね。そういう意味では映画もテクニカルな部分も大切にしながら、中村文学の本質みたいなものはしっかりと感じられるような映画にしたいなと思いながら監督していました」。中村のファンで本作も読んでいたという瀧本監督は、原作を分析しながら撮影時をこう振り返っている。実際、脚本も中村とやりとりし、10稿以上の推敲を重ねたという。

岩田との撮影について、「彼は俳優としての技術的な基礎の部分はまだ固まっていませんでしたが、そういう意味では白紙のキャンバスが目の前にあるみたいな気分でした」と語る。「すごく成長したのは間違いない。それはみんなも認めるところだと思います。僕に言わせると彼はとてもポテンシャルがある人なので、彼に何かをしてあげたつもりは全くなくて、その道筋を僕も一緒になって探したというか。僕もどうすればいいのか、岩田剛典の持っているもの、感じているものが、どうすればいい形でスクリーンに映るかを探しながら、今日はこの辺をつついてみようとか。こっちは違ったな、じゃこちらをつついてみようかな、とか。そういう日々でしたね」と振り返った。

初日舞台あいさつでは瀧本監督からの手紙に、岩田が男泣きする場面も話題となったが、「恥ずかしいからやめようと言ったんですけどね。僕に課せられた宿題は、岩田剛典を舞台上で泣かせてください、ということでした(笑)。(手紙の)文章はこの映画のシナリオよりも時間をかけて推敲しまくりましたからね(笑)」と照れくさそうに話した。

さらに、公開後の今だから話せることを聞かれると、「(終盤のシーンの)岩田君のヒゲは全部ペンで書いたんです」と驚きの秘話を披露。「どうしてもヒゲがほしかったんですが、ヒゲが薄くて生えないんですと言っていて。3日、4日ぐらいヒゲが生えるのを待っていたんですけど、やっぱり薄くて」と明かした。

最後に今回のBlu-ray&DVDリリースについて、「最初にスタッフとは、2度、3度の鑑賞に耐えられるものを作るぞということを話し合いました。“驚愕の真実”とか“予測不能などんでん返し”とか、そういった宣伝文句になることは分かっていましたから。そうするとお客さんは、どんなどんでん返しがあるんだろう、という興味でこの映画を最初に観ると思います。でも中村さんの小説の本質は、人間というものをどう見るか、どう描くかということ。そこにずっとこだわってきた作家さんですし、僕自身もそう。だからすべての真相を知った上で、『そうか主人公はこんなことがあって、こんなふうに変化して。だからその瞬間にこんな表情をしていたんだ』と2回、3回と観ることで発見していくことがこの映画の本質だと思うので、何度でも観ていただいて、発見していただけたらとても嬉しいです」と思いを述べた。

【STORY】
最愛の女性との結婚を控える記者=耶雲(岩田剛典)が狙う大物は、一年前、世間を騒がせた猟奇殺人事件の容疑者=天才カメラマンの木原坂(斎藤 工)。真相に近付く耶雲だったが、木原坂の危険な罠は婚約者=百合子(山本美月)にまで及んでしまう。愛する人をこの手に取り戻すため、木原坂の罠にハマっていく耶雲の運命は――?

リリース情報

『去年の冬、きみと別れ』
Blu-ray&DVDリリース/デジタル配信中

【初回仕様】Blu-ray プレミアム・エディション(2枚組)6,990円+税
【初回仕様】DVD プレミアム・エディション(2枚組)5,990円+税
【初回仕様】Blu-ray 4,990円+税
【初回仕様】DVD 3,990円+税

映像特典:収録内容】
<プレミアム・エディション>
・撮り下ろし!今だから語れる、岩田剛典<公開後>単独インタビュー
・メイキング・オブ『冬きみ』~撮影日誌~
・未公開映像集
・イベント映像集
完成披露試写会舞台挨拶
公開直前!岩田剛典誕生日サプライズイベント:舞台挨拶&舞台裏映像も!
初日舞台挨拶<マスコミ取材回>
・本編をご覧になった皆様へ
~ジャパンプレミア上映後:岩田剛典舞台挨拶~
・劇場予告編/TVスポット集

【封入特典】
<プレミアム・エディション>
・ブックレット(プレス縮刷版/24ページ)
・特製大判ポストカードセット(3枚組)
・木原坂雄大フォトカード
・蝶ステッカー

<通常版>
・蝶ステッカー

【キャスト】
耶雲恭介:岩田剛典
松田百合子:山本美月
木原坂雄大:斎藤 工
木原坂朱里:浅見れいな
吉岡亜希子:土村 芳
小林良樹:北村一輝

【スタッフ】
監督:瀧本智行
脚本:大石哲也
音楽:上野耕路
原作:中村文則『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎文庫)
主題歌:m-flo「never」(rhythm zone / LDH MUSIC)

発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
©2018 映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/fuyu-kimi/

『去年の冬、きみと別れ』原作