萩原利久、成田瑛基、こだまたいち、三浦春馬の主演映画『アイネクライネナハトムジーク』出演決定

萩原利久、成田瑛基、こだまたいち、三浦春馬の主演映画『アイネクライネナハトムジーク』出演決定

2019年秋に公開予定の三浦春馬主演映画『アイネクライネナハトムジーク』に萩原利久、成田瑛基、こだまたいちの出演が決定した。

本作は、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞など、数多くの賞を受賞している人気作家・伊坂幸太郎の“初”にして“唯一”の同名恋愛小説集を“ダメ恋愛映画の旗手”とも称される今注目の新鋭監督今泉力哉が実写映画化したもの。今泉は今回、原作者・伊坂からの熱烈なラブコールを受けての大抜擢となった。

今回出演が決定した3人は、現在人気急上昇中の若手俳優。前期TVドラマ『あなたには帰る家がある』でユースケ・サンタマリアと木村多江演じる夫婦のどこか影をもつ息子役で話題となった萩原は、本作で織田美緒(恒松祐里)や亜美子(八木優希)の高校のクラスメイト久留米和人役を演じる。成田は、特技の空手やテコンドーを活かしたヘビー級ボクサー・ウィンストン小野こと小野学役に抜擢。約3か月間もの本格的トレーニングで肉体と精神を追い込み、10kgの増量を果たした上に体脂肪率を9%まで絞るという本物のボクサーさながらの徹底的な身体作りで役に挑む。さらに、メンズノンノモデルを5年間務め、バンドグループ「THE TOKYO」ではギタリストとして、またソロではフォークシンガーとしてもライブ活動をするなどアーティストとしての顔を持つこだまが抜擢されたのは、その独特な魅力が存分に発揮されるストリートミュージシャン斉藤さん役。10年もの間、仙台駅前のペデストリアンデッキで同じ楽曲の弾き語りを続ける謎のストリートミュージシャンとして、劇中で歌声を披露する。

【キャスト陣の役どころ】
三浦春馬: 佐藤役/「劇的な出会い」を待つだけの男。マーケティングリサーチ会社勤務。
多部未華子:本間紗季役/偶然、佐藤と出会う女性。通称シャンプーさん。
原田泰造:藤間さん役/佐藤の会社の先輩。妻と娘に逃げられる。
矢本悠馬:織田一真役/佐藤の学生時代からの友人。変わり者。
森絵梨佳:織田由美役/一真の妻。学生時代モテモテのマドンナ。
恒松祐里:織田美緒役/成長した一真と由美の生意気な娘。高校生。
貫地谷しほり:美奈子役/織田由美の同級生。美容師。声しか知らない男に恋をしている。
MEGUMI:板橋香澄役/美奈子の美容室の常連。
濱田マリ:久留米マリ子役/織田美緒と亜美子のクラスメイトの母親。
八木優希:亜美子役/織田美緒の親友。高校生。
サンドウィッチマン 伊達みきお・ 富澤たけし :ウィンストン小野のセコンド役。重要な試合シーンで登場。
萩原利久:久留米和人/高校生。織田美緒(恒松祐里)や亜美子(八木優希)とクラスメイト。
成田瑛基:小野学役/日本人初のヘビー級ボクシング世界チャンピオン「ウィンストン小野」。
こだまたいち:斉藤さん役/仙台駅前のペデストリアンデッキで10年同じ曲の弾き語りを続ける謎のストリートミュージシャン。

【STORY】
ギターの弾き語りが心地よく響く仙台駅前。大型ビジョンからは、ボクシング世界戦のタイトルマッチに沸く声。「劇的な出会い」を待つだけのボク・佐藤(三浦春馬)は、街頭アンケートを実施中だ。今時なかなか相手にしてもらえない中、珍しく快く応えてくれたのはリクルートスーツの女性。手には「シャンプー」の文字。これって運命?そういえば居酒屋で雇われ店長をやってる親友が言ってたっけ「出会いなんてどうだっていい、後で自分の幸運に感謝できるのが一番だ」って。確かに、そんな彼には分不相応なほど美人の奥さんと可愛い娘がいて、幸せそうにやってる。運命って、奇跡って、幸せって?音と音がつながってメロディが生まれるように、誰かと誰かがつながって物語が生まれる――それは、恋とか愛にまつわる物語。新しい恋愛映画、誕生!

作品情報

『アイネクライネナハトムジーク』
2019年秋公開予定

原作:伊坂幸太郎「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎文庫)
監督:今泉力哉
キャスト:三浦春馬
多部未華子、原田泰造、矢本悠馬、森絵梨佳、恒松祐里、貫地谷しほり、MEGUMI、濱田マリ、八木優希
配給:ギャガ

『アイネクライネナハトムジーク』原作