角川ゲームスのタクティクスRPGシリーズ『GOD WARS 2』制作決定!

角川ゲームスのタクティクスRPGシリーズ『GOD WARS 2』制作決定!

角川ゲームスは2018年7月18日、『GOD WARS 日本神話大戦』の次回作となる『GOD WARS 2』(PlayStation 4/PlayStation Vita/Nintendo Switch)を発表した。


タクティクスRPGシリーズ最新作
『GOD WARS 2』制作決定のお知らせ

株式会社角川ゲームス (本社:東京都品川区 代表取締役社長 安田善巳、以下角川ゲームス) は、古代日本を舞台としたタクティクスRPG決定版『GOD WARS 日本神話大戦(以下、日本神話大戦)』(PlayStation 4、PlayStation Vita、Nintendo Switch)の次回作となる『GOD WARS 2』の制作を発表しました。

今回の制作発表では、GW宣伝大使の月野もあさんと狩野翔さんが演ずる新キャラクターもお披露目になるなど、GOD WARSシリーズの新たな展開が発表されました。

「GOD WARS」とは

古事記やおとぎ話をモチーフに、古代日本の若きリーダーたちの葛藤と成長を描くタクティクスRPGシリーズ。2017年に第一作となる『GOD WARS ~時をこえて~』が発売され、その独特な世界観や奥深いタクティクスバトルが評価され、全世界で10万本を超える売上を記録。今年6月には、新シナリオ「黄泉の迷宮」や新キャラクター「オリヒメ」、そして徹底的なプレイアビリティ改善を加えたタクティクスRPGの決定版、『GOD WARS 日本神話大戦』を発売しました。

“神話の世界の終焉”を描く 『GOD WARS 2』について

GOD WARSの原作者である安田ディレクターは、「『GOD WARS 1』では、日本神話の“国造り”をベースに、神々による邪馬台国の建国を描きましたが、『GOD WARS 2』では、日本神話の“国譲り”をベースに、この国が神の世から人の世へと移る“神話の世界の終焉”とヤマト建国を描きたい」と、抱負を明かしています。

また、新キャラクターとして、オオクニヌシの息子「タケミナカタ(CV 狩野翔)」とヤマタノオロチの荒御魂を受け継いだ少女「オロチ(CV 月野もあ)」のキャラクターデザインも発表。「次回作では、ご好評いただいているタクティクスバトルをさらに進化させるとともに、キャラクターデザインを含めたグラフィックをより強化していきたい」と語りました。

▲オロチ(CV 月野もあ)

▲タケミナカタ(CV 狩野翔)

8月31日より、缶バッジやモバイルバッテリーなどのGWグッズの販売を開始!

また8月31日より、一二三書房様の物販サイト「123@ストア」にてGOD WARSグッズの販売を開始いたします。和紙風の素材で作られた缶バッジや、オリヒメのB2タペストリー、鳳凰柄のモバイルバッテリーなどのグッズを展開。これらのアイテムは、「第2回全国エンタメまつり」の一二三書房ブースなどでも販売される予定です。詳しくは、一二三書房様のホームページを御覧ください。

<123@ストア>
http://www.sakuranomori-books.jp/


角川ゲームス
http://www.kadokawagames.co.jp/

※リリース情報を基に記事を掲載しています。