「まるで生きているみたい!」映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』恐竜たちのメイキング映像解禁

「まるで生きているみたい!」映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』恐竜たちのメイキング映像解禁

現在全国公開中の『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の特別メイキング映像が解禁された。

本作は、「ジュラシック・パーク」シリーズの最新作。恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、<ジュラシック・ワールド>の運営責任者であったクレア役をブライス・ダラス・ハワードが前作に引き続き演じており、監督は『怪物はささやく』でゴヤ賞9部門を受賞したJ・A・バヨナが大抜擢された。

また、バヨナ監督が「ジュラシック・シリーズで最も大事なのは、恐竜たちをリアルに感じ取れるかどうかだ」と語るように、SFXの一種で生物を模したロボットを使い撮影する技術・アニマトロニクスを用いた撮影が重要な要素となった本作。解禁された映像では、アカデミー賞視覚効果賞を受賞した経験を持つ著名なアニマトロニクス&特殊効果スーパーバイザーのニール・スカンランを筆頭に、撮影が行われる様子が映し出されている。

クレアとオーウェンがこれまで以上に恐竜たちに接近する本作だが、ブライスは本物のようなアニマトロニクスの恐竜、とりわけラプトルとの演技について、「恐竜たち、特にブルーと緊密にやりとりするシーンがたくさんあったこともあって、撮影ではアニマトロニクスの恐竜が5体あった。恐竜の演技に対してリアクションをするというシーンがある機会があったのは、とても驚くべきことだったわ」と語っており、クリスもまた「『ジュラシック・ワールド』ではアニマトロニクスがアパトサウルスの1体だけで、他の恐竜たちはCGだった」と説明、続けて「本作では、T-レックスやブルーと実際にやりとりをするシーンがいくつかある。こうした巨大で美しい恐竜たちと演技をし、物理的に感じ、見て、リアクションをすることは本当にすごかった。クリーチャーFXチームはすばらしい仕事をして、アニマトロニクスは最高だった。クレアが麻酔で眠らされたティラノサウルスに乗ったり、僕がそのアゴに危うく噛まれそうになったりするんだ」と明かしている。

【STORY】
ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-レックスが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有する島、イスラ・ヌブラル島では<火山の大噴火>の予兆がとらえられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られていた――。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、恐竜を救い出すべく行動を起こす事を決意、島に向かったその矢先、火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが幕を開ける!

作品情報

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
全国大ヒット公開中!
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム
© Universal Pictures

オフィシャルサイト
http://www.jurassicworld.jp/