虚<ホロウ>よりも注目すべきCG場面は⁉ 福士蒼汰、杉咲 花、吉沢 亮、MIYAVI、早乙女太一ら『BLEACH』エピソードをたっぷり披露

虚<ホロウ>よりも注目すべきCG場面は⁉ 福士蒼汰、杉咲 花、吉沢 亮、MIYAVI、早乙女太一ら『BLEACH』エピソードをたっぷり披露

7月20日に全国公開された映画『BLEACH』の公開記念舞台挨拶が本日7月21日(土)に新宿ピカデリー1で行われ、主演の福士蒼汰をはじめ、杉咲 花、吉沢 亮、小柳 友、早乙女太一、MIYAVI、江口洋介、佐藤信介監督が登壇した。

大歓声が沸き起こるなか登場したキャスト陣。本作の見どころを聞かれた福士は「登場人物はそれぞれ魅力的。それぞれの目線になって観てみるのも面白いんじゃないかなと思います。」とコメント。続けて杉咲が「CGです。」と答えると、吉沢と小柳も「僕も話そうと思ったのに」と焦るように笑った。小柳は「虚<ホロウ>のCGもすごいんですが、駅がすごい。あの駅は半分以上がCGで作られているんですが、あれだけのリアリティを追求できるのは本当にすごいと思います」と驚いた様子。佐藤監督も「虚<ホロウ>がすごいとはよく言われるんですけど、駅は実はすごい時間がかかったんです。全く架空の駅で、地面は作ったんですけど背景は3件くらいはお店あったんですけど、あとは全てCGです。なんでもないところですが、注目して観て欲しいです」とアピールした。

杉咲にCGと先に言われてしまった吉沢は「アクション」と回答。「死神の皆さんのアクションはド迫力があって、さらにCG技術を駆使してるので、他の映画にはなかなか見られないようなアクションシーンになっていると思います。」と話した。また、MIYAVIは「一護とルキアの心、感情の揺れ動きとか変化がとても素晴らしかったですね」と、福士と杉咲の演技を絶賛した。

また、全員揃っての舞台挨拶がこの日が最後ということで、“今だから言える○○”というテーマでトークすることに。

杉咲→吉沢「会話できて嬉しかった‼」
杉咲は、人見知りの吉沢が撮影最終日に話しかけてくれたというエピソードを披露。吉沢も、話さないとダメだなと感じていたそうで「何が好きなの? って聞いたら、かき氷と答えていて可愛かったです。」と話した。

吉沢→小柳「ごめんさい」
「人見知りの続き」として、以前にも共演したことがある小柳と今回仲良く話していたという吉沢は、久々に小柳に会った際に何を話していいのかわからず一言も話せなかったことを反省。小柳は「そんな亮くんもかわいかった」とフォローした。

柳→福士「『チャドー‼』のかわいさ」
福士に会った際に「チャド―‼」と愛嬌たっぷりに言われ「『ほんっとにかわいい』って思った」というエピソードを披露。そんな福士は言ったことを忘れていたものの、「目の前にほんとに“チャド”がいた!という感じは覚えてます。ほんとにチャドチャドしいっていうか(笑)」とまたも独特な表現でその時を思い出していた。

福士→江口「盛り上げ役」
福士は江口に対して「クールで寡黙なイメージ」があったが、プロモーションで一緒になると「気さくに話しかけてくださるので印象に残ってる。大先輩なのに率先して盛り上げてくださるのでありがたかった」と語った。江口は「出来上がった映画を観て、盛り上げ甲斐があったなと思った」と満足気だった。

江口→佐藤監督「最初監督にお会いした時は衣装さんだと思っていた!」
「衣装さんと緻密にお話しされてたんです。」と明かし「そのくらい偉ぶらない、威圧しない、新しい存在感のある方だなとおもいましたし、本当に信頼できる監督です」と話すと、佐藤監督は「よく助監督を間違われる」と笑いを誘った。

監督→早乙女「オーラに負けそう」
「いつもオーラを出そうと思っている」という佐藤監督は「早乙女さんにお会いした時に、ちょっと変なことを言ったら怒られるんじゃないかっていうくらい、ほんとにオーラがすごかった。」と初対面の印象を語り「オーラの波がすごい方」と続けると早乙女は「全く無意識でした、すみません! もっと話しかけやすいようにしておきます!」と笑った。

早乙女→MIYAVI「ドキドキ…ドキドキ…あ… あ、ドキドキ…あ❤ドキドキ…」
キャスト陣に「何それ~?(笑)」とツッコまれながらクリップに書いたMIYAVIへの気持ちを告白。「ほんっとにファンなんです。」と明かすと、MIYAVIは「なんで言ってくれないの?」と嬉しそうに笑顔を見せた。

MIYAVI→杉咲「優しい笑顔をありがとう。」
死神・朽木白哉を演じたMIYAVIは「衣装を着るとその役でいてしまう」と前置きしたうえで、クライマックスのシーンで、転んでしまった際に、「撮影中(休憩中も含め衣装を着ている間)は白哉でいたので、みんな笑ってくれなかったんですけど、花ちゃんだけ『ふふっ』って笑ってくれたんです。和まされました。」と語った。

本作は、『週刊少年ジャンプ』を代表する金字塔漫画、全世界シリーズ累計発行部数1億2,000万部を誇る同名コミックを映画化したもの。霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護(福士)が、ある日、突然現れた死神・朽木ルキア(杉咲)から死神の力を与えられ、家族や仲間たちのために人間の魂を喰らう悪霊・虚<ホロウ>と戦い、想像を絶する運命に立ち向かうという物語。死神に怨みを持つ滅却師(クインシー)一族の生き残りである石田雨竜(吉沢)は一護に敵意を燃やし、さらには本来、人間に分け与えてはいけない死神の力を譲渡したルキアを捕えるため、ルキアの義兄である死神・朽木白哉(MIYAVI)や阿散井恋次(早乙女)からも一護は命を狙われる身となる。スピード感溢れる圧倒的なクライマックスシーンはスクリーンで観て間違いなしだ!

黒崎一護役・福士蒼汰さんと主題歌担当・[ALEXANDROS]の川上洋平さんの対談インタビューはこちら
『BLEACH』で邂逅をはたした福士蒼汰と[ALEXANDROS]川上洋平。 それぞれの立場から探る、表現の可能性。

『BLEACH』で邂逅をはたした福士蒼汰と[ALEXANDROS]川上洋平。 それぞれの立場から探る、表現の可能性。

2018.07.19


朽木ルキア役・杉咲花さんのインタビューはこちら
杉咲 花、プレッシャーとの戦いだった『BLEACH』の裏側を語る。先輩・福士蒼汰からのアドバイスとは?

杉咲 花、プレッシャーとの戦いだった『BLEACH』の裏側を語る。先輩・福士蒼汰からのアドバイスとは?

2018.07.18

作品情報

『BLEACH』
7月20日(金)全国ロードショー
出演:福士蒼汰、杉咲 花、吉沢 亮/真野恵里菜、小柳 友/田辺誠一、早乙女太一、MIYAVI/長澤まさみ、江口洋介
監督:佐藤信介
脚本:羽原大介、佐藤信介
音楽:やまだ 豊
原作:『BLEACH』久保帯人(集英社ジャンプ コミックス刊 )
主題歌:[ALEXANDROS] 「Mosquito Bite」(UNIVERSAL J / RX-RECORDS)
製作:映画「BLEACH」製作委員会
制作プロダクション:シネバザール
配給:ワーナー・ブラザース映画
©久保帯人/集英社 ©2018 映画「BLEACH」製作委員会

映画『BLEACH』オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/bleach-movie/

「BLEACH」原作(モノクロ版)

「BLEACH」原作(カラー版)