真夏の江ノ島で石川さゆり、SUGIZO、KenKenらによるスペシャルバンド“怪物舞踏団”がシークレットライブ!

真夏の江ノ島で石川さゆり、SUGIZO、KenKenらによるスペシャルバンド“怪物舞踏団”がシークレットライブ!

 

石川さゆり、SUGIZO、KenKen、にゃんごすたー、DJ RENAによって結成されたペプシ Jコーラ“怪物舞踏団”による初のシークレットライブ『ペプシ Jコーラお祭りライブ』が、神奈川県、江の島イーストサイドビーチにて7月21日に開催された。

ライブの直前には、スペシャルサポーターとして参加した人気YouTuberのスカイピースや、怪盗ピンキー&りな、さらにTikTokで大人気の美人双子姉妹みよみづ、そしてタレントのハリー杉山に加え、全国8エリアで一般募集・結成されたペプシ Jコーラ“怪物舞踏団”スペシャルチームのメンバー約200名らがダンスを披露。“怪物舞踏団”登場前の会場を大いに盛り上げた。

そしていよいよ、“怪物舞踏団”によるライブの時が近づくと、1,000人以上もの来場客、そして260万人以上の生配信の視聴者(サントリー公式Twitter、YouTube、LINE、Facebookでの合計)が見守るなか、SUGIZO、KenKenに先導された石川さゆりが人力車に乗って登場! 砂浜を横切りステージまでの道のりを行く3人の醸し出すゴージャスで厳かな姿に、すでに温まっていた会場はさらなる熱気に包まれた。

ステージ上にメンバーが揃うと、いよいよ“怪物舞踏団”初ライブがスタート。SUGIZOのギター、KenKenのベース、にゃんごすたーのドラム、DJ RENA、そして石川さゆりのボーカルという、“超”が付くほどの豪華メンバーによる圧巻のステージに、会場のボルテージも最高潮に達する。イントロで石川から発せられる小気味良い「ハイ!」「ソレ!」の掛け声に、約200名の踊り子たちと一般来場者もノリノリで応え、まさに会場全体が一体感に染まる大盛り上がりの初ライブとなった。

ライブ後の感想として、石川は「昔からあるこのヨサコイが世代を超えて、みんなと共有できるんだなと感じています」、また自らが挑戦したTikTokについては、「やっちまいました(笑)。最初できるかな、と思ったけれど、出来上がった映像を観るととても楽しかったです。日本中がこういう(楽しい)気持ちになることを祈ります」とコメント。

続くSUGIZOは「『和』『祭』、そこが重要なポイント。そこに僕なりのサイケデリックトランスやラウドなロックなど盛り上がれる要素を込めました。大事なのは、この場でみんなが盛り上がれる、熱くなれる最新鋭のミクスチュア。ロック・トランス・民謡を書きたいなと思いました」と今回手掛けた楽曲について語り、さらに「石川さんという女帝を中心に、KenKenと僕がガーディアンズの風神雷神のようにいて、日本の夏を盛り上げたいと言う気持ち」と語り会場を沸かせた。

またKenKenは「このメンツが集まれること自体、ペプシじゃないとできないすごい祭り。今日は私たち(怪物舞踏団)がメインというより、ダンサーの皆さんがメインですから、皆さんとこのイベントをやれたことがとてもうれしいです」と語り、今回の初お披露目におのおのが確かな手応えを感じていたようだった。

また、MCに「何か質問ありますか?」と振られたスカイピースが「YouTuberについてはどう思われていますか?」という質問をすると、逆に石川から「YouTuberってどうなの」とまさかの逆質問。すると「ヘンなことしかしてません!」ととっさに答え、石川も「でもそれで生活していけるんでしょ?」と返し、そのやりとりに会場も爆笑。最後には「皆さんに元気を与えられるような活動ができたらと心掛けています!」と熱く語った。

また、 この日披露された音源「百鬼夜行(ひゃっきやこう)」が世界配信されるというサプライズ発表も。楽曲を手掛けたSUGIZOからは「今までシークレットで温めてきましたが、これからこの楽曲が世界中に広まっていけばとてもうれしいなと思っています」と期待が語られた。

最後には“怪物舞踏団”メンバー、約200名の踊り子、一般の来場者全員での記念写真を「ペプシ Jコーラ!!」の掛け声と共に撮り、みんなで最高の笑顔を残し初のライブを終えた。


イベント オフィシャルサイト
※PC版
https://www.pepsi.co.jp/campaign/event_live.html
※スマホ版
https://mobile.suntory.co.jp/softdrink/pepsi/campaign/event_live.html

 

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC