アニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』第31話先行カット公開! 動く洞木コダマ・ノゾミが登場

アニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』第31話先行カット公開! 動く洞木コダマ・ノゾミが登場

TBSで毎週土曜7時から7時30分に放送中のテレビアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』(TBS系全国28局ネット)より、8月11日(土・祝)に放送される第31話の先行カットが公開された。

先日発表された、第31話での『エヴァンゲリオン』とのコラボレーションの内容が、各方面から大きな反響を呼び話題となった本作。公開されたのは、洞木三姉妹と本作の主人公である速杉ハヤトが車に同乗するシーンと、「シンカリオン 500 TYPE EVA」と「シンカリオン E5はやぶさ」が共闘するシーンの2カット。洞木三姉妹の次女・洞木ヒカリは碇シンジの同級生。姉と妹の存在は、『新世紀エヴァンゲリオン』第17話「四人目の適格者」にて、ヒカリのセリフのみで明かされていた。そして2017年「新幹線:エヴァンゲリオンプロジェクト」で「500 TYPE EVA」の運行が開始されたことを記念して、ヒカリの姉・コダマと妹・ノゾミがキャラクターとして制作された。

そんなコダマ・ノゾミが、今回のコラボレーションで、世界初のアニメ本編にキャラクターとして登場。洞木ヒカリをオリジナル声優の岩男潤子がつとめる。さらに、コダマ・ノゾミの声優も岩男がつとめ、一人で洞木三姉妹を演じ分ける。

また、「シンカリオン 500 TYPE EVA」と「シンカリオン E5はやぶさ」の共闘シーンでは、初めてロボット形態の「シンカリオン 500 TYPE EVA」を垣間見ることができる。同じ500系のシンカリオンである「シンカリオン 500こだま」とは少し異なり、「エヴァンゲリオン初号機」特有の姿勢で走る「シンカリオン 500 TYPE EVA」。果たして「500 TYPE EVA」と「E5はやぶさ」はどのように力を合わせて戦うのか、期待が高まる。

さらに今回も、テレビ放送バージョン限定で『エヴァンゲリオン』の楽曲を使用。しかも「500 TYPE EVA」が初登場し話題となった5月5日(土)の放送回を上回る楽曲数となっている。

シンカリオンの世界に登場する三姉妹のビジュアル
©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS ©カラー

オリジナルビジュアル
(c)カラー

共に戦う「シンカリオン 500 TYPE EVA」(左)と「シンカリオン E5はやぶさ」(右)
©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS ©カラー

【STORY】
鉄道博物館、京都鉄道博物館、リニア・鉄道館の地下深くに存在する特務機関「新幹線超進化研究所」は、“漆黒の新幹線”が生み出す巨大怪物体から日本の平和と安全を守るため「新幹線変形ロボ シンカリオン」を開発した。
「シンカリオン」とは、実在する新幹線から変形する巨大ロボット! その「シンカリオン」と高い適合率を持つ速杉ハヤトら子どもたちが運転士となり、研究所員ら大人たちと力を合わせて強大な敵に立ち向かう!
果たして“漆黒の新幹線”の目的は……!? 子どもたちは日本の未来を守れるのか……!?
チェンジ! シンカリオン!

番組情報

『新幹線変形ロボ シンカリオン』
毎週土曜 7:00~7:30放送中
監督:池添隆博
シリーズ構成:下山健人
キャラクターデザイン:あおのゆか
メカニックデザイン:服部恵大
音楽:渡辺俊幸
音響監督:三間雅文
アニメーション制作:OLM
アニメーション制作協力:亜細亜堂
CGアニメーション制作:SMDE
制作:小学館集英社プロダクション
オープニング主題歌:BOYS AND MEN「進化理論」
エンディング主題歌:村上佳佑「Go One Step Ahead」

<声の出演>
速杉ハヤト:佐倉綾音
男鹿アキタ:沼倉愛美
大門山ツラヌキ:村川梨衣
シャショット:うえだゆうじ
上田アズサ:竹達彩奈
速杉ホクト:杉田智和
三原フタバ:雨宮 天
出水シンペイ:緑川 光

©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS

オフィシャルサイト
http://www.shinkalion.com/

メイン画像:『シンカリオン』が初登場となる洞木コダマ(前列左)・ノゾミ(後列右)と、『エヴァンゲリオン』オリジナルキャラクターのヒカリ(前列右)、『シンカリオン』主人公の速杉ハヤト(後列左)
©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS ©カラー