バイきんぐ・小峠、モヒカン姿で秩序をぶっ壊す! 阿部サダヲ&吉岡里帆 映画『音量を上げろタコ!』場面写真公開

バイきんぐ・小峠、モヒカン姿で秩序をぶっ壊す! 阿部サダヲ&吉岡里帆 映画『音量を上げろタコ!』場面写真公開

10月12日(金)に公開される映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』に小峠英二(バイきんぐ)がモヒカン姿で熱唱する場面写真が解禁された。

本作は、映画『俺俺』や『インスタント沼』、ドラマ「時効警察」シリーズなどの三木 聡が原案・脚本・監督を手掛けるオリジナル作品。“声帯ドーピング”による“驚異の歌声”をもつ世界的ロックスター・シン(阿部サダヲ)と、声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)が、“声帯ドーピング”のやりすぎで崩壊寸前となったシンの最後の歌声をめぐって、謎の組織から追われる様をハイテンションに描く、ロック・コメディ。千葉雄大、麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、ふせえり、田中哲司、松尾スズキらクセが強すぎるキャストたちが集結し、“パンチ×毒”全開の超個性派俳優たちがスクリーンで暴れまくる。また、HYDE、あいみょん、元SUPERCARのいしわたり淳治など全14組の豪華アーティストの参加により音楽面でも最強の布陣が実現した。

本作で小峠が演じるのは、パンクバンド「ダエマオハギツ」のボーカル・自滅。秩序をぶっ壊して20年、ノーフューチャーと言って20年、ボチボチ先が見えてきているが、生真面目にストリートライブをやり続けている、根っからのパンクロッカー。劇中では、「遊ぶ金欲しさの犯行」を熱唱し、シンと言い争いになるコミカルな場面も。バンドメンバーには、本楽曲を作詞・作曲した、グループ魂のギター“遅刻”としても活躍する富澤タクがギターを、そして、ベースとドラムには、小峠が中学時代からの大ファンという”ニューロティカ”のKATARU(ベース)、NABO(ドラム)が務めている。

【STORY】
何かと息がつまる現代社会に“歌”と“LOVE”で猛烈なエネルギーを注入するハイテンション・ロック・コメディ!
驚異の歌声を持つロックスター・シン(阿部サダヲ)。その存在自体がロックであり、カリスマ的人気を誇っているが、実は彼には秘密があった。彼の歌声は「声帯ドーピング」というオキテ破りの方法によって作られたものだったのだ。 長年にわたる声帯ドーピングの副作用で、限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱える彼が出会ったのは、異様に声の小さなストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)だった。2つの歌声が出会ったとき、ぶっちぎりのミラクルが起きる!?

映画情報

『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』
10月12日(金)ロードショー
出演:阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)、片山友希、中村優子、池津祥子、森下能幸、岩松 了、ふせえり、田中哲司、松尾スズキ
監督・脚本:三木 聡(『俺俺』、「時効警察」シリーズ)
製作:映画「音量を上げろタコ!」製作委員会
制作プロダクション:パイプライン
配給・制作:アスミック・エース
ⓒ2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

オフィシャルサイト
http://onryoagero-tako.com/