『デジモン感謝祭2018 -スペシャルミーティング in お台場-』オフィシャルレポート! 22歳の八神太一、石田ヤマトが公開!?

『デジモン感謝祭2018 -スペシャルミーティング in お台場-』オフィシャルレポート! 22歳の八神太一、石田ヤマトが公開!?

7月29日、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて、イベント『デジモン感謝祭2018 -スペシャルミーティング in お台場-』が開催された。

当日は、キャストとして坂本千夏(「デジモン」シリーズ アグモン役)、山口眞弓(「デジモン」シリーズ ガブモン役)、花江夏樹(『デジモンアドベンチャー tri.』シリーズ 八神太一役)、細谷佳正(『デジモンアドベンチャー tri.』シリーズ 石田ヤマト役)ら4名に加え、渡辺けんじ(「デジモン」シリーズ キャラクターデザイン)、関 弘美(「デジモン」シリーズ 初代プロデューサー)も登壇。さらに、「デジモン」シリーズの楽曲を担当する宮﨑 歩とAiMも出演し、ライブで盛り上がった。

イベントは、1999年に劇場上映された劇場版『デジモンアドベンチャー』の上映からスタート。会場のボルテージが上がった中で、ステージに坂本、山口、花江、細谷、渡辺、関の6名が登場すると会場は大興奮。坂本が「またお台場に戻ってきました。昨日は台風のこともあってドキドキしていたんですが、また会えて良かったです」とコメントし、山口も「あっという間に1年が過ぎてしまいました。今日は楽しんでいって下さい」とあいさつ。

トークコーナー『デジモンメモリーズ』では、キャストとスタッフが2019年にTVアニメシリーズの放送開始20周年を迎える『デジモン』のお気に入りのシーンや思い出をトークで振り返った。

お気に入りのシーンとして『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム』の中の1シーンをあげた花江は、「これは息遣いだけで全部を表現しているシーンなんです。セリフに出さないでこれだけ引き込まれるのはすごいなと思って、印象に残っています。大人になってから見返した時に『おおっ』と思いました」と声優ならではの視点で解説。

またランキング形式で発表されたファン投票によるお気に入りシーンに、TVアニメシリーズ『デジモンアドベンチャー』第51話でガブモンがパートナーである石田ヤマトに向かって「たったひとりの君に出会うためにずっとこの世界で待っていたのに」と語りかけるシーンが第4位にランクイン。このシーンについて細谷は「このセリフはグッときますね。あんなこと言ってもらいたいです。恋人よりも友達に言ってもらいたいセリフですね(笑)」とコメントした。第1位には、TVアニメシリーズ『デジモンアドベンチャー』最終話のラストシーンがダントツの得票数で選出された。

続いて、会場に集まったファンからの質問に答えるコーナー『デジモンQ』で、「初対面から印象は変わりましたか?」との質問に花江は「初代から見ていたので、『デジモンアドベンチャー』に関わることがプレッシャーだったんです。昔から出ていたキャストの皆さんにお会いすることもファンのような目線もあり緊張していたんですが、しっかりしなきゃという意気込みでアフレコ現場に行きました。ベテランの方に失礼のないようにと思っていたんですが、山田きのこさんを初めてお会いした時に楽しい現場だなと思ったんです(笑)」と回答。

これに対して、坂本は「花江くんは会う度にどんどん大人っぽくなってきています。この間お会いした時よりもさらに落ち着いていますね」と花江の印象を語った。さらに坂本が花江と揃いのイヤフォンを持っているというパートナーを演じる2人ならではのエピソードが明かされると、坂本が「マネっこしちゃった。色もお揃いなの! ごめんね(笑)」とコメントし、会場からは笑いが起こった。

また、この日は先日発表となった『デジモン』の新プロジェクトに関する続報としてスタッフ情報が解禁され、関がスーパーバイザーとして参加し、『デジモンアドベンチャー』オリジナルスタッフである中鶴勝祥がキャラクターデザインを、渡辺がデジモンキャラクターデザインを務めることが発表された。

渡辺は「またもキャラクターを描かせていただきます。監督がイメージするキャラクターを相談しながら描いています」と語り、関も「去年『デジモンテイマーズ』のボックスのためのドラマCDのシナリオを久しぶりに作ったんですけれども、すごく楽しくて、その勢いに乗って今回もシナリオ監修という形でシナリオを鋭意制作中です」と現在の制作の状況を明かした。さらに中鶴の描き下ろしによる22歳となった八神太一と石田ヤマトのキャラクタービジュアルが初公開されると、会場からは驚きの声が上がった。

その後ライブコーナーでは、宮﨑が「brave heart」、「思い出の向こう」の2曲を、AiMが「I wish」、「アシタハアタシノカゼガフク」の2曲を披露。「デジモンシリーズ」でおなじみのアーティスト2人によるライブに、会場に集まったファンが全員立ち上がる大盛り上がりとなった。

最後に、山口は「『デジモン』は20代の頃にはじまったデビュー作なので、それが20年も続いて今だにこうして皆さんにお会いし、お話できることが本当に幸せだと思っています。それがまだまだ続くと聞いて、私はこんなに幸せでいいのかなと毎年この舞台に立つたびに思います」とコメントし、坂本も「20年ってすごい長い時間ですね。こうしたイベントがあるたびに、色々なことを改めて思い出させてくれたり、また新しい出会いもくれることに感謝です。私も進化し続けられたらいいなと思います。ちょっと走ってみようかな(笑)」と意気込んだ。

イベントの最後には、「デジモン」シリーズの代表曲で和田光司が歌う「Butter-Fly」を登壇者と来場者全員で熱唱し、大盛況の内に終了した。

作品情報

『劇場版デジモンアドベンチャー(仮題)』

スーパーバイザー:関 弘美
キャラクターデザイン:中鶴勝祥
デジモンキャラクターデザイン:渡辺けんじ

『劇場版デジモンアドベンチャー(仮題)』オフィシャルサイト
http://digimon-adventure.net/