黒木 華、樹木希林らが着物姿で「お見合い写真でも撮っておこうかな」。映画『日日是好日』完成披露イベント開催

黒木 華、樹木希林らが着物姿で「お見合い写真でも撮っておこうかな」。映画『日日是好日』完成披露イベント開催

10月13日(土)に公開される映画『日日是好日』の完成披露イベントが、禅の心と茶の徳を伝える栄西禅師が開山した京都最古の禅寺建仁寺にて行われ、黒木 華、樹木希林、大森立嗣監督、森下典子(原作者)が登壇した。

本作は、エッセイスト・森下が、約25年に渡って通い続けた茶道教室の日々を綴った大人気エッセイ『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』を、『光』『セトウツミ』など、いまや国内外から熱い視線を集めてやまない大森監督が映画化したもの。黒木、樹木、多部未華子の初共演で贈る一期一会の感動作だ。黒木と樹木による師弟ドラマ、黒木と多部の青春ドラマ、ふたつの軸が紡ぎだす、内なる自由と生きる喜び、そして、かけがえのない“今”を描く。

まず、史上初の茶道のお稽古を描く本作の完成を記念し、建仁寺内「方丈」にて献茶式が執り行われ。建仁寺の和尚から、最初に森下が、お茶が入った茶碗を受け取り、栄西禅師を描いた掛け軸のもとにある焼香台の前で茶碗を回す。和尚に茶碗を戻し一礼。茶碗は4月20日の栄西禅師の誕生日に使用する天目茶碗を今回使用している。続いて黒木、樹木、大森監督の順で同様に献茶、最後の大森監督の合掌と一緒に、映画関係者も合掌。その後、和尚がお経を唱え、厳かな雰囲気の中、献茶式は終了した。

次に、「大書院」での記者会見に応じた。映画が完成してここ京都で完成披露イベントをすることについて、大森監督は「着物を着てお経をきいて心が洗われた。映画の公開に身が引き締まる気がした」、黒木は「建仁寺で会見をさせていただき嬉しいです。背筋が伸びます」、そして樹木が「私以外の3人は独身です。また新たな出会いがあれば良いなと並ばせていただきました」と、早速笑いをとる。京都で大学時代を過ごした黒木は、「京都で舞台挨拶をする機会があまりないので嬉しいですし、なつかしい気持ちになりました」と喜びのコメントを重ねた。原作者の森下は、映画化されることを聞いたときの気持ちを、「60歳になったばかりで、盆と正月が一緒に来たというのはこういうことなんだと。神様から還暦祝いをいただいたのだと思いました」と振り返った。

本作で欠かせぬお茶の稽古について黒木は「順番を覚えるのが大変でした」、先生役の樹木は「先生の役だから、やらなくちゃやらなくちゃと、ずっと負担でした。一夜漬け、先延ばしでいたら、プロデューサーが一緒にやりましょうと。えらい出来の悪い先生になりました」と冗談交じりでコメント、「千利休は辛抱強い人だったんだ」と実感したそうだ。それでも森下からは、お点前が実際の武田先生に似ていることがあったと言われ、「ただ年を取っているだけ……」と笑って返した。

4人が揃って着物姿で登壇し、黒木が「鷺が飛んでいてそれがポイントです。刺繍もすごくきれいです。お見合い写真でも撮っておこうかな」とつぶやくと、樹木が「この色合いは古くからのものならでは。素敵」と称賛しながらも、「お見合い写真を撮らなくては来ないようでは」とキツイ突っ込みも飛び出した。

お茶を通して幸せだなと感じたことについては、大森監督が「お茶室を出たときの爽快感。ビールがおいしい!」、黒木が「おいしいご飯をたべて、最後に飲むお茶が幸せ」、樹木が「縁があってまた地球上に生まれてくることがあれば今度は、小さな茶室を建てて夫と静かに向き合う人生を送りたいと思いました」、森下は「五感が研ぎ澄まされます。季節を感じられることが幸せです」とそれぞれコメントした。

黒木演じる典子は20歳でお茶をはじめ、就職に失敗したり、周りと自分を比べて悩みながら青春を送るが、いつもお茶が寄り添い、乗りこえてきた。20代女性へのメッセージとして、「典子にとってのお茶がみなさんにあると思います」と熱く思いを語る。

最後に、樹木の健康について質問が及ぶと「やっと(質問が)来たわね。(昨年末の撮影時から)10キロ痩せて、7センチ縮んで、人間てこんなに縮むんだと面白くみております。みなさん、お気をつけて」とユーモアを交えて話した。終始なごやかな雰囲気で質疑応答が進められ、樹木のヒネリのきいた答えは、会場を沸かせた。

【STORY】
とにかく私はお茶を習うことになった。二十歳の春だった。
たちまち過ぎていく大学生活、二十歳の典子(黒木華)は自分が「本当にやりたいこと」を見つけられずにいた。ある日、タダモノではないと噂の“武田のおばさん”(樹木希林)の正体が「お茶」の先生だったと聞かされる。そこで「お茶」を習ってはどうかと勧める母に気のない返事をしていた典子だが、その話を聞いてすっかり乗り気になったいとこの美智子(多部未華子)に誘われるまま、なんとなく茶道教室へ通い始めることに。そこで二人を待ち受けていたのは、今まで見たことも聞いたこともない、おかしな「決まりごと」だらけの世界だった――。
それから二十四年。就職の挫折、失恋、大切な人との別れ。いつも側にはお茶があった。五感を使って、全身で、その瞬間を味わった。やがて「日日是好日」という言葉をかみしめていく美しき時の流れ。この映画は、内なる自由と生きる喜び、そして、かけがえのない“今”を描く物語である。

作品情報

『日日是好日』
10月13日(土)シネスイッチ銀座、新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国ロードショー

脚本・監督:大森立嗣(「まほろ駅前」シリーズ、『さよなら渓谷』、『セトウツミ』、『光』)
原作:森下典子『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮文庫刊)
出演: 黒木 華、樹木希林、多部未華子、鶴見辰吾、鶴田真由、山下美月
製作幹事:ハピネット ヨアケ
配給:東京テアトル、ヨアケ
©2018「日日是好日」製作委員会
オフィシャルサイト
http://www.nichinichimovie.jp/