原作者・南波あつこが絶賛! 「『青夏』の世界を原作を超える勢いで再現してくださった」

原作者・南波あつこが絶賛! 「『青夏』の世界を原作を超える勢いで再現してくださった」

現在公開中の葵 わかなと佐野勇斗のダブル主演映画『青夏 きみに恋した30日』の原作者・南波あつこから絶賛コメントが到着した。

本作は、夏休みの間、田舎で過ごすことになった都会育ちのイマドキ女子高生・理緒(葵)と、そこで出会った地元のクール系イケメン男子高生・吟蔵(佐野)との“夏限定の恋”を描いたラブストーリーだ。古畑星夏、岐洲 匠、久間田琳加、水石亜飛夢、秋田汐梨、志村玲於といった超フレッシュなキャスト陣が集結している。

【原作者・南波あつこ コメント】
自分が書いた覚えのある台詞や、事前に台本を読ませてもらっていて知っているはずの展開にも、ドキドキしてキュンキュンして、時に切なくて涙が出てしまいました。それは、『青夏』のキャラクターたちをキャストの皆様がとても魅力的に演じてくださったこと、そして『青夏』の世界を原作を超える勢いで再現してくださったスタッフの皆様の尽力のおかげです。普段、私の漫画を読んでくださっている方にはもちろん、男女を問わず広い世代の方たちにもぜひ観ていただきたいなと思える作品です。「こんな夏休みを過ごしたい」「自分も何かをやってみるか」という気持ちになってくださったら、本当に嬉しいです。

【南波あつこの“印象に残ったシーン”(抜粋)】※原文ママ
・吟蔵に振られた理緒が泣くの堪えてる顔(わかなちゃんが可愛すぎて可愛い)
・菅野に告白されてテンパる理緒(わかなちゃんが可愛すぎて可愛い)
・ビールタンクを運ぶ吟蔵(力持ちは正義)
・ソフトクリームをうまく巻けない理緒を見る吟蔵の冷たい目(個人的にデレる前の佐野くんがめっちゃ好み)
・ナミオ初登場時のめっちゃいい声(完全に好き)<原作者
・ナミオさつきの距離感(絶妙)
・万里香全般(いい感じに嫌な感じと、でも憎めない健気さの融合っぷりが素晴らしい。最終的には一番幸せになってもらいたいと思える)
・主題歌のパンチ力が半端ないこと
・挿入歌のタイミングが神すぎて曲だけでも泣ける勢いだったということ

メインビジュアル:©南波あつこ/講談社 「別冊フレンド2018年8月号」より

佐野勇斗さんのインタビューはこちら
佐野勇斗、先輩・山﨑賢人の作品で“胸キュン”シーンを研究! 初主演映画『青夏 きみに恋した30日』の意気込みを語る

佐野勇斗、先輩・山﨑賢人の作品で“胸キュン”シーンを研究! 初主演映画『青夏 きみに恋した30日』の意気込みを語る

2018.07.29

【STORY】
夏休みの間、大自然に囲まれた祖母の家で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒(葵わかな)は、そこで地元の高校生・吟蔵(佐野勇斗)と出会う。少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一瞬で恋に落ちる。吟蔵も、まっすぐな理緒に次第に惹かれていくが、夏休みが終われば離ればなれになってしまう。わかっていても止められない想い。吟蔵の幼なじみで婚約者の万里香(古畑星夏)や、理緒に想いを寄せる祐真(岐洲匠)たちも巻き込み、恋はどんどん加速していく。果たしてこの恋のゆくえは?

作品情報

『青夏 きみに恋した30日』
全国公開中!
原作:『青夏 Ao-Natsu』(講談社「別冊フレンド」刊)
出演:葵 わかな 佐野勇斗 古畑星夏 岐洲 匠 久間田琳加 水石亜飛夢 秋田汐梨 志村玲於 霧島れいか 南出凌嘉 白川和子/橋本じゅん
監督:古澤健(『今日、恋をはじめます』『クローバー』)
脚本:持地佑季子(『青空エール』『くちびるに歌を』)
配給:松竹
©2018映画「青夏」製作委員会

オフィシャルサイトhttp://aonatsu.jp/

『青夏 Ao-Natsu』原作