⿃越裕貴が桃太郎に! 『桃源郷ラビリンス』⼩説×舞台×実写映画のメディアミックスプロジェクトが始動

⿃越裕貴が桃太郎に! 『桃源郷ラビリンス』⼩説×舞台×実写映画のメディアミックスプロジェクトが始動

⽇本のおとぎ話の⼀つで、⽇本⽂化遺産にもなった『桃太郎』を題材にした、⼩説×舞台×実写映画のメディアミックスプロジェクトが始動。
本日8⽉7⽇(⽕)に発売された⼩説『桃源郷ラビリンス』の発売を⽪切りに、2019年春に舞台化、同年秋には映画化される。

本プロジェクトは、岡⼭出⾝・在住の作家、岡⼭ヒロミが“桃太郎が現代に転⽣したら”という妄想の元『桃源郷ラビリンス』という本を執筆したことから始まる。舞台の演出・脚本は菅野⾂太朗、実写映画の監督・映像はヨリコ ジュンが務める。また、主⼈公で桃太郎の転⽣者「吉備桃太郎(きび ももたろう)」を演じるのは、ミュージカル『⼑剣乱舞』や舞台『⽂豪ストレイドッグス』など話題作に多数出演する⿃越裕貴を抜擢。⽇本の誰もが知るおとぎ話「桃太郎」の新たな物語がこの夏、スタートする。

なお、実写映画、舞台に出演するキャストは後⽇発表!

【作家・岡⼭ヒロミ コメント】
地元びいきで吉備津彦(桃太郎)と温羅の妄想を脳内で繰り広げていたところ、この度ご縁あってこのような形になりました。果報者です。

書籍情報

小説『桃源郷ラビリンス』
8月7日(火)発売


著者:岡⼭ヒロミ
イラスト:あづみ冬留
価格:490 円(税抜)

【あらすじ】
迷いながら、悩みながら。
ずっと――たどりつきたかった場所は、桃源郷だった。
吉備桃太郎は、岡⼭市にある古⺠家カフェ「桃源郷」の店主だ。
持ち前の⾯倒⾒の良さと天然のトラブル引き寄せの体質のせいか、桃太郎のもとには今⽇もさまざまな事情を抱えた客が訪れる。ちなみに桃太郎のひそかなコンプレックスは、ベタすぎる⾃分の名前。同じく“名前で苦労した仲間”で今は海外で仕事に就く幼なじみの⼤和尊とは、遠距離で友情を温める⽇々だ。⾏き倒れていたのをうっかり餌づけした縁で、桃太郎になついてしまった⽝養津与志もスタッフに加わり、「桃源郷」はなかなかに繁盛している。
ところがある⽇、店に不審な⼈物が現れて……︖

公演情報

舞台『桃源郷ラビリンス』(仮)
上演⽇:2019年春 上演予定
演出・脚本:菅野⾂太朗
出演:⿃越裕貴 ほか

作品情報

映画『桃源郷ラビリンス』(仮)
公開⽇:2019年秋 公開予定
監督・映像:ヨリコ ジュン
出演:⿃越裕貴 ほか

『桃源郷ラビリンス』オフィシャルサイト
tougenkyo-labyrinth.com

©岡⼭ヒロミ / 桃源郷ラビリンス