成田 凌、黒木 華と野村周平と三角関係を繰り広げるモテ男に。『ビブリア古書堂の事件手帖』に出演。

成田 凌、黒木 華と野村周平と三角関係を繰り広げるモテ男に。『ビブリア古書堂の事件手帖』に出演。

11月1日(木)に公開される黒木 華と野村周平のダブル主演映画『ビブリア古書堂の事件手帖』に若手最注目俳優の成田 凌が出演することが発表された。

本作は、シリーズ累計640万部を突破した三上 延の「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズを、映画『幼な子われらに生まれ』(17)で「第41回モントリオール世界映画祭」審査員特別大賞を受賞した三島有紀子監督が実写化したもの。鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂の店主である篠川栞子と、店の手伝いをする五浦大輔が古書にまつわる数々の謎と秘密を解き明かしていく“古書探偵ミステリー”だ。黒木が若く美しいビブリア古書堂店主・篠川栞子を演じ、ひょんなことからビブリア古書堂で働き始め、栞子に密かに思いを寄せる五浦大輔を野村が演じる。一冊の古書から始まるミステリー溢れるストーリー展開とともに、栞子と大輔の純朴で愛らしい関係性と変化を緻密に、そして繊細に描く。

成田が演じるのは、栞子の同業者で、漫画専門のネット販売を行う青年・稲垣。栞子と稲垣の出会いは、古書の〝市場“である交換会で、稲垣から栞子に声を掛けたところから始まる。本好き同士、好きな本の話で意気投合し、次第に心通わせるようになる栞子と稲垣、そして嫉妬を覚えるも、それを複雑な想いで見守るしかない大輔。旬の実力派俳優三人が繰り広げる、恋の三角関係に注目だ。

成田が演じる稲垣の人物像について、三島監督は1900年代の詩人・中原中也のイメージとともに、実はイギリスのアシッド・ジャズアーティスト、ジャミロクワイの名前も伝えていたという。飄々としながらも紳士的で、優しさと余裕を併せ持つ大人のモテ男を成田がどう演じるのか期待が高まる。

また、共演者の黒木と野村について成田は、「黒木さんは、ご本人がお持ちの雰囲気に加えて、男前でかっこよく、力強さを持っている方。(野村)周平は、あんな俳優見たことないですね。彼とは同い年ですが、誰に対してもフラットで、いるだけで現場がすごく明るくなるし、愛おしいやつです」とコメント。また、今回初タッグとなる三島監督に対しては「初めてお会いした時は、キレのある格好いい女性だと思いました。俳優部に寄り添ってくれて、人を動かすという仕事に本当に向いている方だと思うし、優しいからこそ強い方で、もう一回仕事がしたいです」と日本を代表する女性監督である三島組に参加した喜びを語った。

【STORY】
五浦大輔(野村周平)は、亡くなった祖母の遺品から夏目漱石の直筆と思われる署名入りの『それから』を見つけ、鑑定依頼のため北鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」を訪れる。そこで出会ったのは、極度の人見知りながらも、本に対しては並大抵でない情熱と知識を持つ、若く美しい店主・篠川栞子(黒木華)だった。栞子は本を手に取り見ただけで、大輔の祖母が死ぬまで守っていたある秘密を鮮やかに解き明かしてしまう―。栞子の推理力に圧倒された大輔は、足を怪我し、力仕事のできない栞子のためにビブリア古書堂を手伝うことに。互いの魅力に惹かれ始め、二人の距離が少しずつ近づく中、栞子は大輔にある秘密を打ち明ける。それは、自身が所有する太宰治『晩年』の希少本が、“大庭葉蔵”という謎の人物に狙われ、栞子自身も度重なる脅迫を受けており、足の怪我もその人物の仕業だという驚きの告白だった。太宰治『人間失格』の主人公“大庭葉蔵”を名乗る謎の人物の正体は―。そして明かされる50年前の悲しく切ない愛の物語―。

作品情報

『ビブリア古書堂の事件手帖』
11月1日(木)全国ロードショー

出演:黒木 華 野村周平 夏帆 東出昌大
監督:三島有紀子
脚本:渡部亮平、松井香奈
配給:20世紀フォックス映画、KADOKAWA

オフィシャルサイト:biblia-movie.jp

© 2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会

『ビブリア古書堂の事件手帖』コミック