『新幹線変形ロボ シンカリオン』の『エヴァンゲリオン』コラボレーション回が早くも再放送決定! 8月13日の深夜に放送

『新幹線変形ロボ シンカリオン』の『エヴァンゲリオン』コラボレーション回が早くも再放送決定! 8月13日の深夜に放送

8月11日(土・祝)に放送されたTVアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』の『エヴァンゲリオン』コラボレーション回が、8月13日(月)深夜25時3分に再放送されることが決定。大きな盛り上がりを見せた奇跡の回をもう一度テレビ放送で観ることができる。

『エヴァンゲリオン』の楽曲が多数使用されている本編だが、見逃し配信版などではそれらの楽曲は使用されていないバージョンとなるため、これがラストチャンスだ!

また、8月17日(金)24時までの期間限定で、公式YouTubeチャンネル「シンカリオンTV」にて、本作の第1話から最新話までを一挙配信中。コラボレーション回を見て『シンカリオン』が気になった人はぜひチェックしてほしい。
※再放送は関東ローカルのみの放送。

第31話(8月11日放送)あらすじ
三島で新幹線の写真を撮っていたハヤトの前に、走っているはずのない新幹線が現れる。
その新幹線は「500 TYPE EVA」(※)。すでに運行終了したはずの幻の車両だ。
大興奮で「500 TYPE EVA」を追いかけていくハヤト。その先で彼が見たのは、山あいに広がる近未来的な都市だった。偶然通りかかった「洞木三姉妹」に連れられて、ハヤトはその不思議な街の名前を知る。
その都市の名は「第3新東京市」――。

※新幹線「500 TYPE EVA」は、2015年にJR西日本山陽新幹線の全線開業40周年と、『エヴァンゲリオン』のテレビ放送開始20周年を記念して始動した「新幹線:エヴァンゲリオンプロジェクト」から生まれた車両。『エヴァンゲリオン』の監督である庵野秀明監修のもと、メカニックデザイナー・山下いくとの車両デザインによって制作された(※今年5月13日に運行終了)。

【STORY】
鉄道博物館、京都鉄道博物館、リニア・鉄道館の地下深くに存在する特務機関「新幹線超進化研究所」は、“漆黒の新幹線”が生み出す巨大怪物体から日本の平和と安全を守るため「新幹線変形ロボ シンカリオン」を開発した。
「シンカリオン」とは、実在する新幹線から変形する巨大ロボット! その「シンカリオン」と高い適合率を持つ速杉ハヤトら子どもたちが運転士となり、研究所員ら大人たちと力を合わせて強大な敵に立ち向かう!
果たして“漆黒の新幹線”の目的は……!? 子どもたちは日本の平和と安全を守れるのか……!?
チェンジ! シンカリオン!

作品情報

【STAFF】
監督:池添隆博
シリーズ構成:下山健人
キャラクターデザイン:あおのゆか
メカニックデザイン:服部恵大
音楽:渡辺俊幸
音響監督:三間雅文
アニメーション制作:OLM
アニメーション制作協力:亜細亜堂
CGアニメーション制作:SMDE
制作:小学館集英社プロダクション
オープニング主題歌:BOYS AND MEN「進化理論」
エンディング主題歌:TETSUYA「I WANNA BE WITH YOU」

【CAST】
速杉ハヤト:佐倉綾音
男鹿アキタ:沼倉愛美
大門山ツラヌキ:村川梨衣
シャショット:うえだゆうじ
上田アズサ:竹達彩奈
速杉ホクト:杉田智和
三原フタバ:雨宮 天
出水シンペイ:緑川 光

©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS
©カラー

『新幹線変形ロボ シンカリオン』オフィシャルサイト
http://www.shinkalion.com/
YouTubeチャンネル「シンカリオンTV」
http://www.shinkalion.com/movie/