『ジュラシック・ワールド』『ミッション』4DX版がメガヒット! 『劇場版コード・ブルー』も4DXで公開決定

『ジュラシック・ワールド』『ミッション』4DX版がメガヒット! 『劇場版コード・ブルー』も4DXで公開決定

現在公開中の映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』と『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』のそれぞれの4DX版が大ヒットを記録している。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』4DXでは、前作の『ジュラシック・ワールド』4DXには取り入れていない、【Warm Air(熱風)】、【Rainstorm(嵐)】効果が新たに追加され、最強で無敵な“テーマパークVIBE”4DXver.を満喫することができる。また、7月13日(金)日本全国55劇場の4DXシアターより公開された本作は、オープニング1週目では日本4DX映画の歴代最高成績を記録、8月7日(火)時点では、累積動員数28万人/興行収入7億3千万超えで、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』以来、2年7ヶ月ぶりの最多累積動員数を記録中だ。

そして『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』4DXは、シリーズ史上歴代最高の週末オープニング成績を更新している。前後・左右・上下に動く4DXモーションチェアの動作レベル1〜9の中で最も高い<レベル9>に設定され、ライディングアクションに特化した”4DXエクストリーム”版となっている。極限のアクションはもちろん、トム・クルーズが、骨折して話題となった【陸上選手さながらのビルジャンプ】、【ヘリコプターにしがみつき、落下までするアクション】、【2000時間の飛行訓練を経たヘリコプター操縦】、そして【成層圏寸前!高度7620mからのヘイロージャンプ】まで、思わず悲鳴をあげるほどの迫力と爽快感、そして、スリルなアクションも最大限に体感することができる。

さらに、7/月27日(金)の封切りから大ヒット公開中の映画『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命–』が、4DX版で公開されることが決定した。「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」シリーズは、リアルな医療・災害現場の描写に加え、山下智久演じる主人公・藍沢耕作をはじめとする医師達の成長と絆、患者とそれに接する人々が織りなす人間模様を描いた作品。大ヒット公開中の『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』4DX版で話題のヘリコプターシーンとはまた違う、和製ヘリコプターシーンが楽しめることで期待の声が上がっている。

作品情報

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
全国大ヒット公開中!
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
製作:フランク・マーシャル、パトリック・クローリー、ベレン・アティエンサ
キャラクター原案:マイケル・クライトン
脚本:デレク・コノリー、コリン・トレボロウ
監督:J・A・バヨナ
キャスト:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、ジェームズ・クロムウェル、テッド・レヴィン、ジャスティス・スミス、ジェラルディン・チャップリン、ダニエラ・ピネダ、トビー・ジョーンズ、レイフ・スポール、ジェフ・ゴールドブラム
© Universal Pictures

【STORY】
ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-レックスが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有する島、イスラ・ヌブラル島では<火山の大噴火>の予兆がとらえられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られていた――。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、恐竜を救い出すべく行動を起こす事を決意、島に向かったその矢先、火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが幕を開ける!

オフィシャルサイト
http://www.jurassicworld.jp/


『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
大ヒット上映中
監督・製作・脚本:クリストファー・マッカリー(『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『アウトロー』)
製作:J.J.エイブラムス(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』「スター・トレック」シリーズ)、トム・クルーズ
出演:トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヴィング・レイムス、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィン、ミシェル・モナハン、ヘンリー・カヴィル、ヴァネッサ・カービー、ショーン・ハリス、アンジェラ・バセット、ほか
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

【STORY】
何者かに複数のプルトニウムが盗まれ、イーサン・ハントとIMFチームは、“同時核爆発を未然に防ぐミッション”を受ける。だが手がかりは薄く、“名前しか分からない正体不明の敵”を追う中でのミッション遂行は困難を強いられた。タイムリミットが刻一刻と迫る中、IMFに立ちはだかるのは、イーサン・ハントを疑うCIAが送り込んだ敏腕エージェントのウォーカーで、イーサンは彼との対決を余儀なくされる。そして、いくつもの<フォールアウト(予期せぬ余波)>が絶体絶命のイーサン・ハントに降りかかる。今度のミッションの不可能は一つではなく、連鎖したたみかけるようにIMFに迫る!

オフィシャルサイト
http://missionimpossible.jp/


『劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命–』
全国東宝系にて公開中/8月17日(金)より、4DX版公開
監督:西浦正記
脚本:安達奈緒子
音楽:佐藤直紀
プロデュース:増本 淳
主題歌:Mr.Children「HANABI」(TOY’S FACTORY)
出演:山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介、有岡大貴(Hey! Say! JUMP)成田 凌、新木優子、馬場ふみか、新田真剣佑、かたせ梨乃、山谷花純、丸山智己、杉本哲太、安藤政信、椎名桔平
©2018「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会

【STORY】
地下鉄トンネル崩落事故から3か月後、旅立ちの時が迫る藍沢たち。その旅立ちが「別れ」を意味することに気づきながらも、彼らは10年間を共にした互いへの思いを抱えたまま、日々を過ごしていた。しかしそんな彼らの思いに構うことなく、出動要請が入る。成田空港への航空機緊急着陸事故と、東京湾・海ほたるへの巨大フェリー衝突事故という、「空」と「海」を舞台にした未曽有の大事故が連続発生。史上最悪の現場に、彼らはいかに立ち向かうのか。そしてその先に、答えはあるのか―。

オフィシャルサイト
http://codeblue-movie.com/