高橋一生主演ドラマ『僕らは奇跡でできている』に榮倉奈々、要 潤、児嶋一哉、田中 泯、戸田恵子、小林 薫の出演が決定!

高橋一生主演ドラマ『僕らは奇跡でできている』に榮倉奈々、要 潤、児嶋一哉、田中 泯、戸田恵子、小林 薫の出演が決定!

10月に放送開始される、カンテレ・フジテレビ系の新ドラマ『僕らは奇跡でできている』に、榮倉奈々、要 潤、児嶋一哉(アンジャッシュ)、田中 泯、戸田恵子、小林 薫の出演が決定した。

本作は、高橋一生が民放ゴールデン・プライム帯(19~23時)の連続ドラマで初主演を務める、生き物のフシギに目がない変わり者の大学講師・相河一輝(あいかわかずき)の日常を描く作品。

今回出演が決まった榮倉が演じるのは、歯科医師で一輝が通う歯科クリニックの院長・水本育実(みずもといくみ)。彼女について、榮倉は「演じさせていただく水本育実は、人からうらやましがられるようなエリートではありますが、人との関係を築くことに不器用に見えました」と分析。「働く女性が多い現代で、共感してもらえる部分をたくさん持っているようにも思えました。凝り固まった心が高橋一生さん演じる相河一輝によって解かれていく姿を見たいと思いました。皆さまとの共演を今から楽しみにしています」と語った。

要が演じる樫野木 聡(かしのきさとし)は、一輝と同じ大学の研究室で働く野心あふれる准教授。要は、聡について「軽くて、ズルくて、嫉妬深いやつで、とても演じがいがあると感じています」と話したうえで、「暑い夏を終え、心身共に疲れた日々に、少しでもその疲れを癒す事の出来る作品になれるように頑張ります」とメッセージを寄せた。

児嶋は一輝の同僚講師で、アリを専門に研究する“アリおたく”沼袋順平(ぬまぶくろじゅんぺい)を熱演。今回の出演については、「このお話をいただいたとき、“母親が喜ぶぞー”と思いました! 僕が演じる沼袋は、“気持ち悪い奴”という印象で、演じるのが楽しみです! とにかく高橋一生さんが出ているので、間違いないです! みんな見てねー!」と話した。

田中が演じるのは、一輝の面倒を見てきた祖父であり、一輝のよき理解者でもある陶芸家の相河義高(あいかわよしたか)。いっぽうで、一輝にある事実を打ち明けられずにいるようだ。

さらに、戸田恵子は一輝の家に住み込みで働く家政婦・山田妙子(やまだたえこ)を演じる。彼女と“変わり者”一輝が一つ屋根の下で繰り広げる軽妙な掛け合いは、ドラマの見どころの一つとなるはずだ。出演にあたり戸田は、「高橋一生さんとの初共演がとても楽しみです。私が演じる山田妙子は、得体のしれない、でもきっと面白くて、良い人。皆さまに元気になっていただけるような、そして何か新感覚なドラマになる予感がしています」と、期待を寄せた。

そして、小林薫が演じる鮫島 瞬(さめじましゅん)は、動物学の権威で一輝が勤める大学の学部長。一輝が大学時代に師事した恩師でもあり、ある思いから自らが教授として在籍する大学に一輝を講師として迎え入れる、自由奔放な男だ。今作では、昨今の出演作で演じてきたイメージとは異なる役柄で、視聴者を楽しませてくれるに違いない。

作品情報

『僕らは奇跡でできている』
10月より、毎週火曜21時~21時54分(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)に放送開始
※初回放送日未定

出演:高橋一生、榮倉奈々、要 潤、児嶋一哉、田中 泯、戸田恵子、小林 薫
脚本:橋部敦子
音楽:兼松 衆、田渕夏海、中村巴奈重、櫻井美希
演出:河野圭太(共同テレビ)、星野和成(メディアミックス・ジャパン)
プロデューサー:豊福陽子(カンテレ)、千葉行利(ケイファクトリー)、宮川 晶(ケイファクトリー)
制作協力:ケイファクトリー
制作著作:カンテレ

『僕らは奇跡でできている』オフィシャルサイト
https://www.ktv.jp/bokura/index.html