二階堂ふみ、GACKT主演映画『翔んで埼玉』特報公開! ティザービジュアルでは2人が謝罪

二階堂ふみ、GACKT主演映画『翔んで埼玉』特報公開! ティザービジュアルでは2人が謝罪

“埼玉ディス”で話題沸騰の超問題作、映画『翔んで埼玉』のぶっ翔んだ特報&衝撃の謝罪ビジュアルが解禁された。

累計発行部数66万部を突破した、魔夜峰央(まやみねお)原作の『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)が、二階堂ふみ・GACKTをW主演に迎え、実写映画化。

壇ノ浦百美(だんのうらももみ)を演じた二階堂ふみは初の男性役、麻実 麗(あさみれい)を演じたGACKTは、まさかの高校生役を熱演。2015年、30年ぶりに単行本として復刊されたことをきっかけに多数のメディアで取り上げられ、SNSやネット上で大きな話題を呼んでいる奇跡の超問題作だ。

約2ヵ月近く続いた撮影は2018年5月31日にクランクアップ。そしてこのたび、2019年2月22日(金)に公開が決定した。それに伴い、本作のティザービジュアルと特報映像が解禁!

どこか神々しい絵画のようなデザインのティザービジュアルでは、ふたりの表情など、未だ全貌は見えないものの、原作の世界観を感じさせ、造形からも作品の細やかなクオリティを垣間見ることができる。

さらに、本作は埼玉をディスる(バカにする)描写が多いため、二階堂ふみ演じる壇ノ浦百美と、GACKTが演じる麻実 麗が、人口730万人の埼玉の皆様へ向け「埼玉の皆様、映画化してゴメンなさい」とまさかの謝罪! お詫びの気持ちを込めたティザービジュアルになっている。

本編映像初解禁でもある特報は、序盤は某洋画大作を彷彿とさせるスケール感のある雰囲気で描かれているが、後半は一転、埼玉県人をディスるセリフが続き、しまいには「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ」という衝撃的なセリフまで登場。

そして、映像のラストシーンでは、魔夜峰央原作の『パタリロ!』(白泉社)の舞台と映画で主演を務めるなど、摩夜の世界観を表現する上で欠かせない人物・加藤諒が、ひどい扱いを受けながらも、東京で働くことを夢見る埼玉県人役として本作に出演! 最高にキレのある埼玉県人を体当たりで演じている。他の出演者は誰なのか、どのようなビジュアルでどのような役なのかは、続報を待とう。

作品情報

『翔んで埼玉』
2019年2月22日(金)ロードショー

出演:二階堂ふみ GACKT (W主演)ほか
原作:『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』魔夜峰央(宝島社)
監督:武内英樹(『のだめカンタービレ』シリーズ『テルマエ・ロマエ』シリーズ『今夜、ロマンス劇場で』他)
脚本:徳永友一(ドラマ『海の上の診療所』『水球ヤンキース』『探偵の探偵』『HOPE〜期待ゼロの新入社員』『僕たちがやりました』他)

©魔夜峰央『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』/宝島社

映画『翔んで埼玉』オフィシャルサイトサイト
http://www.tondesaitama.com/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC