映画『ルイスと不思議の時計』高山みなみに続き松本梨香、矢島晶子、本名陽子が吹替を担当! 「ドキドキを心地良く伝えたい」

映画『ルイスと不思議の時計』高山みなみに続き松本梨香、矢島晶子、本名陽子が吹替を担当! 「ドキドキを心地良く伝えたい」

10月12日(金)に日本公開される映画『ルイスと不思議の時計』の豪華声優陣が発表された。

本作は、スティーヴン・スピルバーグのアンブリン・エンターテインメントが製作を務め、“ハリー・ポッターの原点”ともいわれる、ジョン・ベレアーズの著書を映画化したもの。両親を亡くした少年ルイス(オーウェン・ヴァカーロ)が、世界を救うために魔法使いであるジョナサンおじさん(ジャック・ブラック)と魔女のツィマーマン(ケイト・ブランシェット)と一緒に繰り広げる大冒険が描かれている。

すでに、主人公ルイスの声を『名探偵コナン』の江戸川コナン役でも知られる、人気声優の高山みなみがつとめることが決定している本作。ルイスにとって、街にやってきて初めてできた友達である少年タービーには、「ポケットモンスター」シリーズでのサトシ役としても知られる松本梨香、ルイスにとっての気になる女の子である少女ローズには、『スヌーピー』でのチャーリー・ブラウン役としても知られる矢島晶子、亡くなった後もルイスを側で優しく見守る母ミセス・バーナヴェルトには、『耳をすませば』の雫役として知られる本名陽子が担当する。

吹替え監督をつとめた高橋正浩は、今回の起用理由について「この作品のキャスティングに取り掛かってすぐのタイミングでは、心底悩んでいました。作品の魅力を余すところなく伝えつつ、一人でも多くの方にご覧いただくためには、どこを目指せばいいのかと。配給元のプロデューサーさんと入念な打ち合わせを重ね、辿りついたのが今回のキャストの皆さんです。ルイス役の高山みなみさんには『お茶目さ』と『純粋さ』、タービー役の松本梨香さんには『強さ』と『クレバーさ』、ローズ役の矢島晶子さんには『初々しさ』と『可愛らしさ』、ママ役の本名陽子さんには『柔らかさ』と『やさしさ』をイメージしました」と明かしており、観客に向けて「大人から子供まで年代を問わず、安心して楽しめる日本語版に仕上がっています。現実世界とは少しだけ違う“ルイスたちの不思議な世界”を、どうぞお楽しみください!」とコメントを寄せている。

【高山みなみ:コメント】
――ルイス少年を演じるにあたっての、意気込みやお気持ちを教えてください。

ルイスの感じるドキドキを、心地良く伝えたいと思います。

――ルイス少年の印象や自身と似ている点。

一見大人しい感じに見えますが、好奇心旺盛で勇敢な少年ですね。似ている点というか……本は好きです。辞書以外(笑)

――『ルイスと不思議の時計』についての印象。

ちょっぴりダークなファンタジー。レトロ感ある色合いがステキです。

――これからご覧いただく方へ向けてのメッセージ。

魔法が身近に感じられるストーリーです。画面のあちこちで起こる不思議の世界をお楽しみください。

【松本梨香:コメント】
――ご出演にあたっての、意気込みやお気持ち。

ミステリアスな感じで印象付ける演技をしたいです。

――それぞれ担当するキャラクターについての印象や自身と似ている点。

個性豊かな登場人物が、自分の昔出逢った人たちに似ていて親近感がわきました(笑)。

――『ルイスと不思議の時計』についての印象。

昔、肝試しをしたときを思い出しドキドキワクワクしました。

――これからご覧いただく方へ向けてのメッセージ。

子供の世界満載!大人の方も童心に帰って楽しんでもらえたら嬉しいです。みんなもルイスファミリーの一員になってみませんか?

【矢島晶子:コメント】
――ご出演にあたっての、意気込みやお気持ち。

主人公にとって良き友となる役ですので、大切に演じたいです。

――それぞれ担当するキャラクターについての印象や自身と似ている点。

長い髪が印象的な子で、個性を尊重出来る素敵な子……という印象です。似ているところは……自分の世界を持っているところでしょうか。

――『ルイスと不思議の時計』についての印象。

いろいろな意味で、結構コワイお話だなと思いました。(人の考え方がいろいろで)

――これからご覧いただく方へ向けてのメッセージ。

辛い思いをし、そこから学んだからこそ、心の広い人間に成長できる……という事を痛感する作品かもしれません。個性的なキャラクターや、不思議なマジック!? が飛び出したり……楽しみどころも満載です!

【本名陽子:コメント】
――ご出演にあたっての、意気込みやお気持ち。

魔法ものは大好きなので、お話をいただきとても嬉しかったです。さらに、これまで何度も共演させていただいた高山みなみさんと、まさか親子役を演じられるとは! 二重の喜びでした。

――それぞれ担当するキャラクターについての印象や自身と似ている点。

私が演じるのは、ルイスの優しいママ。優しいところは似ている! といいたいところなのですが、先日娘に「ママの顔、オニみたーい!」と言われたので、気をつけなければと反省しています(笑)

――『ルイスと不思議の時計』についての印象。

自分も魔法が使えるようになったら・・・と胸を高鳴らせながら一気に見ました。ユーモアがありながらもちょっと不気味なところもあって、ワクワクドキドキが止まりませんでした。

―― これからご覧いただく方へ向けてのメッセージ。

亡くなったルイスのママがどうお話に関わっていくのか、そしてポンコツ魔法使い&エリート魔女と少年ルイスは“時計”を探し出せるのか……大人も子供も楽しめる、マジックファンタジーです。ぜひ劇場へ足をお運びください!

【STORY】
両親を亡くした少年ルイスは、叔父であるジョナサンの古い屋敷に住むことになるが、なんと、おじさんは、二流のポンコツだが、不思議な力を使える魔法使いだった。そして、隣に住むきれいで優しいツィマーマンも魔女。ただし、こちらは一流。ルイスはそんな二人と時計がいっぱいの屋敷で不思議な暮らしを始める−。ある日、屋敷に世界を破滅へと導く“時計”が隠されていることを知ったルイス。果たして、二人の魔法使いと “時計”を探し出して謎を解き、世界を救うことができるのか!?

作品情報

『ルイスと不思議の時計』
10月12日(金) 全国ロードショー

出演:ジャック・ブラック、ケイト・ブランシェット、オーウェン・ヴァカーロ、カイル・マクラクラン ほか
監督:イーライ・ロス
制作:アンブリン・エンターテインメント
原作:ジョン・ベレアーズ『ルイスと不思議の時計』(静山社)
配給:東宝東和 
(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC

オフィシャルサイト
lewis-movie.jp