松田龍平、主演映画『泣き虫しょったんの奇跡』撮影秘話と“将棋愛”語る。

松田龍平、主演映画『泣き虫しょったんの奇跡』撮影秘話と“将棋愛”語る。

9月7日(金)に全国公開される映画『泣き虫しょったんの奇跡』の公開を記念して、8月18日にHMV&BOOKS SHIBUYAにてスペシャルトークショーが実施され、主演の松田龍平をはじめ、豊田利晃監督、瀬川晶司五段(原作者)らが登壇。オフィシャルレポートが到着した。

本作は、将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川五段の自伝的小説を、自身も9歳から17歳まで奨励会に在籍していた過去を持つ豊田監督が、「将棋を描くなら、『人生の縮図=将棋そのもの』な世界にたどり着きたい」という想いを込めて映画化したもの。松田が映画『青い春』以来16年ぶりに豊田作品で単独主演を務めるほか、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、妻夫木 聡、松 たか子、國村 隼といった主役級の豪華キャストが集結。一度は夢破れた“しょったん”こと瀬川晶司(松田)が、周囲の人々に支えられながら、史上初めて奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた奇跡の実話を描く。

本イベントにはローソン・HMV&BOOKS限定カバーの原作本を購入した一般客が招かれているということで、監督は「出会ったのは、8年くらい前。とても素晴らしい作品でした。僕自信も将棋をやっていたこともあり、胸に迫るものがありましたね」と、原作本を初めて読んだ当時を振り返った。一方で松田は自身が主演を務めた『青い春』で監督と撮影を共にした時から、監督が奨励会にいたことを知っていたという。「いつか将棋の映画を撮るんじゃないかなと感じていましたし、その時は出たいなと思っていました」。そんな松田の言葉を受け、豊田監督は「当時はまだ松田龍平は20代。この作品は35歳までの役を演じなければならないんです。ちょうど今、松田龍平は35歳。タイミングもちょうどよかったですね」と明かした。

主人公のモデルであり原作者の瀬川は、撮影中何度も現場へ足を運んだという。瀬川を演じた松田は「ずっと瀬川さんを見てました。指し方だったり、佇まいだったり…。おかげで、ご本人からたくさん影響を受けて演じることが出来ました。刺激的でしたし、それが良かった気がしますね」と語る通り、瀬川との交流が役作りにも生かされた様子。そんな松田の熱演に瀬川も「僕の周りの方たちは、『瀬川さん役に松田さんは男前すぎる!』と言っていたのですが、映画を観たあとは『松田さんが瀬川さんにしか見えない』と言っていて。松田さんが僕の内面を上手に表現してくれたのだなと思います」と大絶賛! 一方で、慣れない映画の撮影現場に、戸惑うことも多かったと語る瀬川。「現場では役者さんのことを役名で呼ぶことが多くて。スタッフさんに『晶司さん、出番です!』と言われて返事をしたら、僕ではなく松田さんだったということがあったりもしました」という微笑ましいエピソードも飛び出した。

さらに、松田、監督らにも撮影中のエピソードが問われると、「対局シーンにプロ棋士の方が出ています」と明かす監督。錚々たるプロ棋士たちと共演した松田は「ラストの対局シーンに屋敷伸之さんが出られていて。このシーンは、この対局で勝てばプロ棋士になれるという大事な場面なんですが、屋敷さんが“山”のように見えるというか…、プレッシャーが凄かったです」と明かすと、監督も「これは実際に対局した龍平だから分かること。将棋指しは、物怖じしないんですよ」と頷いた。さらに、「劇中では女流棋士の方とも対局しました。瀬川さんが好きだった、室谷由紀さんという方で…」と松田からの突然の暴露話に、瀬川も大慌て!「瀬川さんはまだ独身ですからね。これを機にモテ期が到来して幸せになってほしいです」とのっかる監督に、瀬川も「そうなるといいんですけど…って、この話はいいので!(笑)」と思わずツッコミを入れ、終始仲睦まじい様子が伝わる3人のやり取りに、会場は笑いに包まれる場面も見られた。

そしてイベントのラストには、観客に向け一言ずつ挨拶。まずは松田が「僕は元々将棋に詳しくなかったのですが、知ってからは本当に世界が変わって。将棋には、ほかの世界にはないドラマがあります。魅力的な世界が広がっているので、将棋を知らない方にもぜひ観ていただきたいです。そして瀬川晶司さんの人生を、たくさんの方に知っていただけたら」と“将棋愛”伝わるメッセージを送った。そして「個人的には小中学生の方に観ていただきたいなと思います。僕は子供の頃に何も取り柄もなかったですが、将棋と出会って成長出来たと思っているので、何かに熱中することは人生を豊かにする、そういうことをこの作品を通して気づいて貰えたら嬉しいです」(瀬川)、「この映画を作るときに、20代の女性にも分かる映画にしたいと思いました。そして、そういう作品になったと思っています。将棋という、女性にとっては少しとっつきにくいものがあるかと思いますが、そこをぜひ踏み込んでいただいて、映画館に足を運んでいただけたらと思います」(監督)と思いを語った。

なお、本作は8月24日(金)より開催される「第42回モントリオール国際映画祭」フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に正式出品されることが決定している。

【STORY】
26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる――。

映画情報

『泣き虫しょったんの奇跡』
9月7日(金)より全国ロードショー

監督:豊田利晃(『青い春』『クローズEXPLODE』) 
脚本:瀬川晶司『泣き虫しょったんの奇跡』(講談社文庫刊) 
音楽:照井利幸
出演:松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、妻夫木 聡、松 たか子、美保 純、イッセー尾形、小林 薫、國村 隼
製作幹事:WOWOW/VAP 
制作:ホリプロ/エフ・プロジェクト

©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 
©瀬川晶司/講談社

オフィシャルサイト
http://shottan-movie.jp/

『泣き虫しょったんの奇跡』原作