カメラ女子の唐田えりかが撮影した映画『寝ても覚めても』撮影現場オフショット写真が解禁

カメラ女子の唐田えりかが撮影した映画『寝ても覚めても』撮影現場オフショット写真が解禁

9月1日(土)よりテアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国で公開される映画『寝ても覚めても』でヒロイン朝子を演じる唐田えりかが撮影した現場オフショット写真が公開された。

本作は、「第71回カンヌ国際映画祭」コンペティション部門に正式出品されたことで注目を浴びた新鋭・濱口竜介監督が、芥川賞作家・柴崎友香による同名恋愛小説を映画化したもの。

本作の撮影が行われたのは今からちょうど1年前。撮影現場で唐田は自身のカメラで十数本ものフィルムを撮りためた。現場の雰囲気が伝わる数々の写真の中には、主演の東出昌大の寝顔を写した貴重なショットや、共演した瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知らの現場オフショット、濱口竜介監督と東出がクランクアップ後に抱き合う感動の一瞬を捉えたものなど、ひと夏のほとばしる青春が映し出されている。

この超貴重なオフショット写真は『寝ても覚めても』オフィシャルInstagram(@netemosametemo_movie)でも公開。さらに、今月20日からTSUTAYA BOOK APARTMENT にて映画の場面写真と合わせてパネル展を開催中だ。物心ついた時からカメラを手にし、撮り続けてきた唐田。写真への愛は唐田のInstagram でも見ることが出来るが、本作の現場の生の空気感を映したものが一挙に見れるのはこのタイミングだけ!

【STORY】
東京。亮平は、コーヒーを届けに会社に来た朝子と出会う。真っ直ぐに想いを伝える亮平に、戸惑いながらも朝子は惹かれていきふたりは仲を深めていく。しかし、朝子には亮平には告げていない秘密があった。亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだ――。

イベント情報

TSUTAYA BOOK APARTMENT パネル展開
開催期間:8月20 日(月)~9 月19 日(水)
場所:TSUTAYA BOOK APARTMENT
展示内容:唐田えりか撮影現場写真(フィルムカメラ)+映画の場面写真パネル

作品情報

『寝ても覚めても』
9月1日(土)、テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、 渋谷シネクイントほか全国公開
出演:東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史、山下リオ、伊藤沙莉、渡辺大知(黒猫チェルシー)/仲本工事/田中美佐子
監督:濱口竜介
原作:『寝ても覚めても』柴崎友香(河出書房新社刊)
脚本:田中幸子、濱口竜介
音楽:tofubeats
製作:『寝ても覚めても』製作委員会/COMME DES CINÉMAS
製作幹事:メ〜テレ、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ビターズ・エンド、エレファントハウス
©2018 映画「寝ても覚めても」製作委員会/COMME DES CINÉMAS

オフィシャルサイト
http://www.netemosametemo.jp/

『寝ても覚めても』原作