『アベンジャーズ4』に繋がる“何か”があるかも…⁉ 来日中のポール・ラッド、「『アントマン&ワスプ』のエンドロールに注目して!」

『アベンジャーズ4』に繋がる“何か”があるかも…⁉ 来日中のポール・ラッド、「『アントマン&ワスプ』のエンドロールに注目して!」

いよいよ8月31日(金)に全国公開を控えるマーベル・スタジオ最新作『アントマン&ワスプ』の東西横断スペシャル・ファンミーティングが、本日8月21日(火)にTOHOシネマズ新宿で行われ、ポール・ラッド(アントマン役)、エヴァンジェリン・リリー(ワスプ役)、ペイトン・リード監督をはじめ、ウーFBI捜査官の吹替を務めるお笑い芸人の宮川大輔、大のマーベルファンとして知られる俳優の中川大志が出席した。

劇場後方より登場したポール・ラッド、エヴァンジェリン・リリー、ペイトン・リード監督はステージに到着すると日本語で「コンニチワ~!」と挨拶。今回の来日には、来日した3人が東京から大阪まで、アントマン誕生の秘密を握る“研究所”を届けるという重要なミッションがあるのだが、SPに厳重に守られながら登場した“研究所”について、ペイトン・リード監督は「この中には量子トンネルというものがあり、それを使えば量子世界に行くことができるんです。今回の物語では本当に重要なんです。」と語った。

また、会場に集まったファンから「次のアベンジャーズに向けて、『アントマン&ワスプ』のここに注目してほしいところはありますか?」という質問に対してペイトン・リード監督は「アベンジャーズ4に関して、僕から話せることは………何もないんだよね! ただ、この作品で起きることが、アベンジャーズ4でインパクトを与えることは……あるかもしれません。」と答えると、ポールも「エンドロールの最後の最後までみてね。そうしたら、もしかしたら、皆さんが気になっていることに対する答えがあるかも…しれません」と明かした。

また、共演者の好きな部分を聞かれると、「もともとポールのファンだった」と明かしたエヴァンジェリンは「ワスプ単独の映画についてよく質問されるんだけど、私はいつも全く興味がないと答えます。なぜなら、ポールが一番だから」と告白。ポールは「こんなに難しい質問は初めてだよ」と少し照れた顔を見せた。

ここで、登場した宮川と中川。宮川は「一緒の舞台に立てるなんて、売れたな~って思いましたね」と興奮を隠しきれない様子。『アントマン』が一番好きだという中川は「僕もいつかヒーローを演じてみたい」と話し、「ヒーローを演じるうえで一番大切だと思うことは何か」と尋ねると、エヴァンジェリンは「(ヒーローであっても)常に人間だっていうことを意識しながら演じていました。弱い時こそ、強くなれるんだということは演じながら感じました。」と答えた。ポールは「僕にとっては何十年も活躍してきた、愛されてきたキャラクターを演じられるということは大変な光栄です。こういった時、自分でキャラクターを作り上げたいと思ってしまうことも確かにありますが、やはり原作をリスペクトすることだと思います。」と明かした。

また、最後に宮川と中川から3人へ『アントマン』カラーのお守りプレゼントが渡された。するとエヴァンジェリンは「これ開けていいの?」とあけそうになるも、宮川から「NONONO! 中には神様がおられますから!」とツッコまれ、「ゴメンナサイ」と日本語で謝る一幕もあり、終始賑やかなイベントになった。

作品情報

『アントマン&ワスプ』
8月31日(金)全国公開

原題:Ant-Man and the Wasp 
監督:ペイトン・リード
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:ポール・ラッド/エヴァンジェリン・リリー/マイケル・ダグラス/マイケル・ペーニャ/ハンナ・ジョン・カメン/ローレンス・フィッシュバーン
全米公開:7月6日(金)
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©Marvel Studios 2018

【STORY】
小さくなるほど強くなる、身長わずか1.5センチの最小にして最強ヒーロー・コンビによる痛快バディ・アクション・ムービー。頼りなさすぎるヒーロー<アントマン>と、完璧すぎるヒロイン<ワスプ>──ふたりの前に、すべてをすり抜ける神出鬼没の謎の美女<ゴースト>が現れ、アントマン誕生の鍵を握る研究所が狙われる。敵の手に渡れば、世界のサイズが自在に操られてしまう!? さらに、金目当ての武器ディーラーの襲撃や、アントマンを監視するFBIの追跡も巻き込み、人や車、ビルなど全てのサイズが変幻自在に変わる“何でもアリ”の大騒動に! ユニークなパワーと微妙なチームワークで、アントマンとワスプは世界を脅かす“秘密”を守り切れるのか?