趣里&菅田将暉出演の映画『生きてるだけで、愛。』がレインダンス映画祭へ正式出品

趣里&菅田将暉出演の映画『生きてるだけで、愛。』がレインダンス映画祭へ正式出品

11月9日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショーとなる映画『生きてるだけで、愛。』がイギリス・ロンドンで開催される「第26回レインダンス映画祭」(現地時間:9月26日~10月7日)のコンペティション部門への出品が決定した。同映画祭にて初監督作となる短編映画での受賞歴を持つ関根光才監督が、長編初監督作の出品について並々ならぬ思いを語った。

本作は、小説家・劇作家・演出家としてマルチに活躍する本谷有希子の芥川賞・三島賞候補作にもなった同名小説を、映像ディレクターとして有名企業のCMや、安室奈美恵、Mr.Childrenなど人気アーティストのミュージックビデオを手掛け、本作が長編監督デビュー作となる関根光才が映画化したもの。フィルムの質感にこだわり、生身の人間に宿る心のなまめかしさとざらつきを16mmフィルムで映し出し、思わず目を引く圧巻の映像美を実現している。キャストには、主演の趣里をはじめ、菅田将暉、田中哲司、西田尚美、松重 豊、石橋静河、織田梨沙、仲 里依紗ら実力派俳優が集結。リアルとバーチャルが混在する社会で、他社とのつながりを求める現代の若者たちの姿をエモーショナルなラブストーリーで綴る。

また、本タイミングで新場面写真2点も解禁。到着したのは、趣里演じる寧子が、菅田演じる恋人・津奈木と同棲中の部屋で物思いにふけるシーンのカット。自分という存在を誰かに分かってほしいと願う、不器用かつ繊細なヒロインを全身全霊で演じる趣里に注目だ。

【関根光才監督コメント】
『生きてるだけで、愛。』がレインダンス映画祭にてワールドプレミアとなり、世界の人々の目に触れる機会を頂きました。本映画祭では、2005年に私の監督初作品となった短編映画『RIGHT PLACE』がFilm Of The Festival賞を受賞し、そのきっかけを得て制作した2006年度本映画祭トレイラー『Daughter』でカンヌ国際広告祭のヤングディレクターズアワードでグランプリを受賞するなど、私の監督としての人生のスタートを形成してくれた映画祭でもあります。そんなレインダンス映画祭に、長編初監督作品が出品されることにはものすごい感慨をひとり感じております。コンペなので結果はこれから、どうか世界の人にも届くよう、祈っています。

【STORY】
生きてるだけで、ほんと疲れる。鬱が招く過眠症のせいで引きこもり状態の寧子と、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れながら寧子との同棲を続けている津奈木。そこへ津奈木の元カノが現れたことから、寧子は外の世界と関わらざるを得なくなり、二人の関係にも変化が訪れるが……。

作品情報

『生きてるだけで、愛。』 
11月9日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

出演 :趣里 菅田将暉 田中哲司 西田尚美/松重 豊/石橋静河 織田梨沙/仲 里依紗
原作:本谷有希子『生きてるだけで、愛。』(新潮文庫刊)
監督・脚本:関根光才
製作幹事 :ハピネット、スタイルジャム
企画・制作プロダクション:スタイルジャム
配給:クロックワークス
©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会

オフィシャルサイトhttp://ikiai.jp

『生きてるだけで、愛。』原作