『HiGH&LOW THE MOIVE』超アトラクション4DX版の注目ポイントを紹介!

『HiGH&LOW THE MOIVE』超アトラクション4DX版の注目ポイントを紹介!

シリーズ累計興行収入60億円・観客動員数450万人突破の大人気シリーズの第1作目『HiGH&LOW THE MOIVE』の4DX上映が8月24日(金)から9月6日(木)までの2週間限定で特別上映することが決定した。

本作は、日本映画では類を見ないスケールでおくるド迫力のアクションシーンの数々に加えて、ファッションやカルチャーの歴史を追求したコスチューム、各チームや登場人物のために書き下ろされた音楽、「共に闘い、共い悲しみ、共に強くなる」といったキャッチのもと、紡がれる仲間との友情、絆を描いた青春物語。

今まで、シリーズファンによる応援上映や一気観上映など、さまざまな形で盛り上がりを見せている「HiGH&LOW」シリーズ。さらなるスペシャル企画として、シリーズ初めて4DX版で上映される『HiGH&LOW THE MOVIE』の注目ポイントを紹介する。

超アトラクション4DX版『HiGH&LOW THE MOVIE』の注目ポイント!

①こだわりの極み、登場人物ひとりひとりにフォーカスした超アトラクション体験ができる!
まず、主要キャラクターの登場シーンに注目。4DXグ・ジェウォン クリエイティブ・ディレクター(以下、グ・ディレクター)によると「『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』4DX演出で、各キャラクターを分析し、それぞれ異なる個性を表現したことが大好評で、本作でも同様に、各キャラクターの個性を表現するようにした。」とコメントし、スモーキーの登場シーンでは首と耳元に熱風が吹いてきたり、バイクに乗った雨宮兄弟の登場のシーンでは、バイクに乗ったようなモーションチェアの動きが体験できるなど、各キャラクターごとにどのような効果が仕掛けられたかを確かめることで、各キャラクターがもつ魅力を確かめることができる。

②とにかく、アクションシーンは全部すごい! 圧巻のスケールでおくるド迫力のアクションシーンが4DXで爆発! 琥珀のラストシーンは大注目!
今、大ヒット公開中の『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』4DX版でトム・クルーズによるバイクチェイスシーンが大好評だが、グ・ディレクターによると「キャラクターによって、バイク、大型トラック、スクーターなど、様々な乗り物を操る点で、それぞれの特徴を分析し、固有のリズムや動きにあわせて動きの程度を把握し、各乗り物の特徴を明らかにしつつ、「ミッション:インポッシブル」シリーズ、「ワイルド・スピード」シリーズなど、4DX DATA BASEに蓄積された、さまざまなシーンの演出を活用した演出を加えました」とコメントし、乗り物を操るアクションシーンでの4DX演出のこだわりを明らかにした。また、体と体が掛け合うアクションシーンにおいて、モーションチェアの力加減にもぜひ注目してほしい。自分が殴っているかのような、自分が殴られているかのような、いろんなキャラクターの目線によってアクションの動きが変わってくる。特に特に琥珀の最後の戦いのシーンは、映画のクライマックスシーンだけあって、最もインパクトあるアクションシーンとして仕上げてあり、ぜひ!劇場でこのインパクトの4DX演出を体験してほしい!

③ライブのシーンなど、音楽もMAXで楽しめる!
物語の間、MIGHTY WARRIORSのライブシーンなど、華麗なるパフォーマンスのシーンも多い。グ・ディレクターによると「2016年度、日本でも大きな反響をいただいた映画『BIGBANG MADE』や、台湾のロックバンド「MAYDAY」など、有名グローバルミュージシャンのコンサート映画を介して音楽/ライブシーンに関連する独自のノウハウを持っています。アニメーション『リメンバー・ミー』の4DX版でも“リズミカルなモーション”で大反響をいただき、これらのノウハウを活かし、本作では、特にMIGHTY WARRIORSのライブシーンで観客が映画の中の現場にいるかのような、リズム感を満喫できるような、臨場感とリズム感を最大限に活かしたモーション演出に気を配りました。」とコメント。映画の物語はもちろん、映画とマッチする音楽も併せて楽しめる『HiGH&LOW THE MOVIE』だからこそ、味わうことができる4DXとの相乗効果を楽しめる!


【STORY】
仲間・家族・ライバル・別れ———
過去から未来へ——SWORDの物語は進化する
「SWORD地区」—「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」 「達磨一家」5つのチームが拮抗していることから頭文字をとってそう呼ばれていた。 その地区に伝説の男が戻ってくるところから物語は始まる。かつて強大な勢力で一帯 を支配していた、チーム「ムゲン」の総長・琥珀(AKIRA)である。龍也(井浦 新)、 九十九(青柳 翔)を襲った悲劇を境に表舞台から姿を消していたのだが、SWORD地区 の支配を目論む李(V.I)と手を組み、湾岸地区のチーム「MIGHTY WARRIORS」、 TOWN地区の「DOUBT」を引き連れSWORDを急襲。日常は脆くも崩れ去る。 スモーキー(窪田正孝)らRUDE BOYSは早々に報復に乗り出すも、MIGHTY WARRIORSの ICE(ELLY)、劉(早乙女太一)に苦戦、途中、突如参戦した雨宮兄弟の広斗(登坂 広臣)の力を借りて辛くも戦線を離脱するが、スモーキーは負傷してしまう。RUDE BOYS、そしてスモーキーと、ある約束を交わした広斗は憎しみをたぎらせる。 一方で、これまでの数多の戦いを経て、戦い傷付くことに逡巡するSWORD他チーム、 山王連合会のコブラ(岩田剛典)、ヤマト(鈴木伸之)もかつて自ら慕った琥珀と対 峙することになかなか踏み切れないでいた。そんな中、琥珀、李と行動を共にしてい た九十九が告げるタイムリミット—2日後に琥珀はMIGHTY WARRIORS、DOUBT総勢500名 を引き連れSWORD地区を襲撃するという。街のため、そして仲間のため、今立ち上が るしかないと、動き出すコブラとヤマト。呼応する山王連合会他メンバー、そして SWORD各チーム。今まで戦いを繰り返していたSWORDが遂に一つになる。そこに琥珀と 並び最強と称された雅貴(TAKAHIRO)、広斗ら雨宮兄弟も参戦、過去から未来へ、 SWORD地区は未だかつてない事態へと突入するー。

作品情報

『HiGH&LOW THE MOVIE』4DX版
上映期間:8月24日(金)~9月6日(木)

企画プロデュース:EXILE HIRO
監督:久保茂昭
脚本:渡辺啓、平沼紀久、TEAM HI-AX
企画制作:HI-AX
出演
【ムゲン】AKIRA、青柳 翔、高谷裕之、岡見勇信/井浦 新
【雨宮兄弟】TAKAHIRO、登坂広臣
【山王連合会】岩田剛典、鈴木伸之、町田啓太、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹、岩谷翔吾、山本彰吾
【White Rascals】黒木啓司、遠藤雄弥、鬼龍院翔、喜矢武豊、歌広場淳、樽美酒研二、稲葉 友、栁俊太郎
【鬼邪高校】山田裕貴、鈴木貴之、一ノ瀬ワタル、鈴木昴秀、龍 /前田公輝
【RUDE BOYS】窪田正孝、永瀬 匡、佐野玲於、ZEN
【達磨一家】林 遣都、遠藤 要、阿部亮平、小澤雄太
【MIGHTY WARRIORS】ELLY、早乙女太一、大屋夏南、野替愁平、白濱亜嵐、ANARCHY
【DOUBT】秋山真太郎、武田航平
【九龍グループ・家村会】中村達也、橘 ケンチ、小野塚勇人/松澤一之/西岡德馬
【苺美瑠狂】小島藤子、工藤綾乃、楓、佐藤晴美、山口乃々華、城戸愛莉
【床屋ピューマ】八木将康、加藤 歩、坂東 希
【張城】V.I(from BIGBANG)、白竜豊原功補、天野浩成、藤井萩花、藤井夏恋/YOU/小泉今日子

【4DX上映劇場】
※劇場により、対応している効果が異なる。
※上映劇場は変更となる場合あり。

ユナイテッド・シネマ(18劇場)
http://www.unitedcinemas.jp/4dx/index.html
USシネマ(5劇場)
http://cinemax.co.jp/4dx/
フォーラム那須塩原
https://www.forum-movie.net/nasushiobara/
109シネマズ(8劇場)
http://109cinemas.net/4dx/
コロナシネマワールド(8劇場)
http://www.4dx.korona.co.jp/4dxbu/index.html
イオンシネマ(7劇場)
http://www.aeoncinema.com/4dx/
アースシネマズ姫路
http://earthcinemas.jp/theaters/4dx

©2016「HiGH&LOW」製作委員会

オフィシャルサイトhigh-low.jp