城田 優、イル・ディーヴォ名曲カバー「イザベル」がドラマ『文学処女』挿入歌に決定! 「“熱い恋”をさらに盛り上げられたら」

城田 優、イル・ディーヴォ名曲カバー「イザベル」がドラマ『文学処女』挿入歌に決定! 「“熱い恋”をさらに盛り上げられたら」

城田優が歌うIL DIVO(イル・ディーヴォ)のカバー「イザベル」が、9月上旬より、MBS/TBS ドラマイズムで放送されるドラマ『文学処女』の挿入歌に決定した。

ドラマ『文学処女』は、「LINEマンガ」で連載中の同名マンガ(作・中野まや花)が原作。城田優と森川葵がW主演を務め、恋を知らない女・文芸編集部の月白鹿子(森川葵)と、恋ができない男・人気小説家の加賀屋朔(城田優)の歪な関係から生まれる遅咲きの恋の様子が描かれる。

このたび挿入歌に決定した「イザベル」は、城田優が10月24日にリリースするニューアルバム『a singer』の収録曲。オリジナルは、世界的人気ボーカルグループ・IL DIVOが2005年にリリースした2ndアルバム『ANCORA(アンコール)』に収録されている(原曲はフランスの作曲家ガブエル・フォーレの「パヴァーヌ」)。

城田のバージョンは、自身のルーツでもあるスペイン風のラテンアレンジが施され、城田はスペイン語で情熱的かつセクシーに歌い上げている。今回、城田が演じる男の色気漂う小説家・加賀屋朔をイメージさせるようなムーディーな曲調は映像にもピッタリで、目でも耳でも楽しめるドラマになりそうだ。

「イザベル」が収録される『a singer』は、ミュージカルを彩る様々な楽曲を厳選した意欲的なミュージカルカバーアルバム。華麗なるミュージカルの世界が多彩なアレンジとクールで魅惑的な声で美しく描かれている。

なお、ドラマ『文学処女』の主題歌には、Sonar Pocketの新曲「君の名前」が起用されることが決定している。

■城田優 コメント
9月から放送の森川葵さんとW主演で出演させていただいているドラマ『文学処女』の挿入歌に、この秋発売の僕のアルバム『a singer』に収録される「イザベル」が決定しました! 個人的にずっと好きだった、イル・ディーヴォさんの名曲のカバーです。オリジナルバージョンの哀愁漂うアレンジとは対照的に、情熱的なラテンのリズムと、甘く切ないギターのサウンドで聴かせます。もちろんスペイン語で歌いました。この曲で、ドラマの中の「熱い恋」をさらに盛り上げられたらと思います! ぜひ、本編を観ていただき、ドラマと音楽のマッチングにも注目してください!

リリース情報

10.24 ON SALE ALBUM『a singer』


ライブ情報

城田優コンサート 2019
2019年 03/21(木・祝)東京・中野サンプラザホール


番組情報

MBS/TBS『文学処女』

MBS:09/09(日)放送開始 毎週日曜24:50~
TBS:09/11(火)放送開始 毎週火曜25:28~
(C)『文学処女』製作委員会・MBS


 

ドラマ『文学処女』オフィシャルサイト
https://www.mbs.jp/bungakushojo/

城田優 Twitter
https://twitter.com/u_and_you?lang=ja


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC