“橋本 愛直筆”のタイトルロゴがポスターに! 映画『ここは退屈迎えに来て』メイキング付き特別映像が解禁

“橋本 愛直筆”のタイトルロゴがポスターに! 映画『ここは退屈迎えに来て』メイキング付き特別映像が解禁

10月19日(金) に全国公開される映画『ここは退屈迎えに来て』で主演を務める橋本 愛が直筆で書き上げたタイトルロゴを使用したポスターが完成し、新宿バルト9ほか全国ティ・ジョイ系列の上映劇場で展開されることが決定。併せて、メイキング映像付きの特別映像が解禁された。

本作は、山内マリコの同名小説を、廣木隆一が映画化したもの。何者かになりたくて東京で就職したものの、10年経って何となく戻ってきた主人公「私」を演じる橋本のほか、元カレ「椎名」を忘れられない「あたし」を門脇 麦、青春時代にみんなが恋焦がれた「椎名」を成田 凌が演じる。

解禁された特別映像では、橋本が床に置かれたポスターに向き合う真剣な表情や、完成したポスターを持ちながらカメラに微笑みかける可愛らしい姿が映され、本作で見せる冷静な印象とは異なる“素”の「橋本 愛」を堪能できる。さらに、メイキング映像では「この小説のタイトルが素晴らしくて、『ここは退屈迎えに来て』という言葉が、詩として成立しているなと思って、この言葉を書いている人たちにちょっと寄り添いたいなと思って、書きました。」と、どのようなイメージを持ってタイトルロゴを書いたのかを明かしている。

なお、本特別映像とポスターは、新宿バルト9ほか全国ティ・ジョイ系列で限定公開される。

【STORY】
マスコミ業界を志望して上京したものの、10年後地元に戻ってきた27歳の「私」(橋本)。実家に住みながらフリーライターとしてタウン誌で記事を書いている冴えない日々。高校時代に仲の良かった友達サツキと久々に会った勢いで、男女を問わず皆の中心にいた憧れの椎名くん(成田)に連絡し、会いに行くことに。道中、「私」の中に椎名くんとの高校時代の忘れられない思い出が蘇るー。元カレ「椎名」を忘れられないまま地元でフリーターとして暮らす「あたし」(門脇)。元カレの友達・遠藤と、腐れ縁のような関係を続けているけれど、心は彼といたときの青春の輝かしい記憶に今もとらわれているー。

作品情報

『ここは退屈迎えに来て』 
10月19日(金) 全国公開

出演:橋本 愛 門脇 麦 成田 凌 / 渡辺大知 岸井ゆきの 内田理央 柳 ゆり菜 亀田侑樹 瀧内公美 片山友希 木崎絹子 / マキタスポーツ 村上 淳
原作:山内マリコ「ここは退屈迎えに来て」幻冬舎文庫 
監督:廣木隆一 
脚本:櫻井 智也
制作プロダクション:ダブ
配給:KADOKAWA

© 2018「ここは退屈迎えに来て」製作委員会 

オフィシャルサイトtaikutsu.jp

『ここは退屈迎えに来て』原作