阿部 寛主演ドラマ『下町ロケット』に杉 良太郎の続投が決定! コメントも到着

阿部 寛主演ドラマ『下町ロケット』に杉 良太郎の続投が決定! コメントも到着

2018年10月期の日曜劇場枠で放送されるTVドラマ『下町ロケット』(TBS)に杉 良太郎の続投が決定した。

原作は、第145回直木三十五賞を受賞した池井戸 潤の小説「下町ロケット」シリーズの第3弾『下町ロケット ゴースト』。2015年10月期に放送し好評を博したTVドラマ『下町ロケット』の続編として描かれる。主人公の佃 航平を演じるのは、前作に引き続き阿部 寛。佃航平の娘・佃利菜役に土屋太鳳、立花洋介役の竹内涼真のほか、殿村直弘役の立川談春、山崎光彦役の安田 顕、和田聰宏、今野浩喜、中本 賢、谷田 歩ら佃製作所のメンバーの出演も決定している。

続投が決まった杉は、前シリーズで日本を代表する大企業・帝国重工の絶対的な存在である社長・藤間秀樹を演じた。藤間は帝国重工を宇宙航空分野で世界のリーディング・カンパニーにすることを目標に、純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」を実現させたが、新シリーズでは窮地に立たされる。

【杉 良太郎コメント】
それぞれの職種において、自分の好きな道、得意なもの、いわゆる英才教育、プロフェッショナル育成など教育の過程から人々を好きな道へ行かせてあげることは大事だと思います。“日本の技術や発想、アイデアといったものは、まだまだ掘り起こされていない”と仕事上、海外での視察を通じて痛切に感じることがあります。零細企業や中小企業に光を当て、そのような仕事場で働く人たちに大きな力を出してもらうためにはどうすればいいか。この人達のヤル気・本気が人類の歴史を変えていくことは間違いありません。大企業の社長・藤間の役を演ずるにあたって、中小企業の方々に支えられているという思いをしっかりと伝えていきたいと思います。

【プロデューサー・伊與田英徳コメント】
前シリーズに引き続き、日本を代表する大企業・帝国重工の社長である藤間秀樹を、杉 良太郎さんが演じてくださいます。重厚感たっぷりの絶対的な存在感は『下町ロケット』シリーズに欠かすことのできない大切な存在です。新シリーズでは開始早々に窮地に立たされてしまいます。その窮地を、懐の深い杉さん演じる藤間社長が どのように克服していくのか? 再会できるのが楽しみで仕方ありません。

【あらすじ】
元宇宙科学開発機構の研究員で、ロケットの打ち上げ失敗の責任をとって辞職し、現在は父親が遺した下町の工場「佃製作所」で経営者として第二の人生を送っている佃航平(阿部)。一度はあきらめかけた佃の夢であったロケット製造を、自社が開発したバルブシステムを使用し、日本を代表する大企業・帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」により実現するなど、順調な佃製作所だったが…。
ある日、帝国重工の社長交代により、スターダスト計画は次回で終わるかもしれない――と帝国重工から告げられ、佃はショックを受ける。ロケット製造に関わることは佃の夢であるとともに、今や「ロケット品質」を掲げる佃製作所社員たちの精神的支柱にもなっていたのだ。
そこへ追いうちをかけるように、大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引削減を告げられる。性能よりもコスト重視という考えに、技術力が売りの佃製作所は存在意義が揺らぎ始め、佃は強い危機感を抱く。
そんな中、佃製作所の経理部長・殿村(立川)の父親が倒れる。殿村の実家は三百年続く農家。父親の看病と畑仕事の手伝いに、週末ごとに帰省する殿村を見舞う佃と山崎(安田)。トラクターを運転する殿村をじっと見て、佃はあることに気づく。それは、佃の中に新たな夢が生まれた、瞬間だった――。

番組情報

日曜劇場『下町ロケット』
2018年10月スタート 毎週日曜よる9時~9時54分

製作著作:TBS
原作:池井戸潤「下町ロケット ゴースト」(小学館刊)  
脚本:丑尾健太郎
プロデューサー:伊與田英徳 峠田 浩
演出:福澤克雄 田中健太

出演者
佃 航平:阿部 寛
佃 利菜:土屋太鳳
立花洋介:竹内涼真
山崎光彦:安田 顕
江原春樹:和田聰宏
迫田 滋:今野浩喜
津野 薫:中本 賢
唐木田 篤:谷田 歩
加納アキ:朝倉あき

和泉沙耶:真矢ミキ

水原重治:木下ほうか
中川京一:池畑慎之介
神谷修一:恵 俊彰
佃 和枝:倍賞美津子
殿村直弘:立川談春
財前道生:吉川晃司
藤間秀樹:杉 良太郎
ほか

『下町ロケット ゴースト』原作