永野芽郁、奈緒、上村海成、朝ドラ『半分、青い。』イベントにて、観客のサプライズ歌唱に感極まる!

永野芽郁、奈緒、上村海成、朝ドラ『半分、青い。』イベントにて、観客のサプライズ歌唱に感極まる!

連続テレビ小説「半分、青い。」出演者をゲストに迎え、これまでの名場面やゲストの思い出に残るシーンを語るトークショーが、8月26(日)岐阜県中津川文化会館で行われ、永野芽郁、奈緒、上村海成が登壇した。
およそ800人の来場者のあたたかな拍手で迎えられたゲスト3人は、これまでの放送で思い出に残るシーンを映像やオフショット写真で振り返るとともに岐阜ロケの感想や撮影の裏話、共演者とのエピソードなどドラマの関係性そのままに仲良しトークを展開し、“「半分、青い。」愛”に溢れる会場になっていた。
イベント最後には劇中でも歌われた「あの素晴しい愛をもう一度」の観客からのサプライズ歌唱にゲストも感極まるシーンも。
イベントを終えての感想が届いた。


永野芽郁(ヒロイン・楡野鈴愛役)

サプライズで皆さんが歌ってくれて本当に嬉しかったです!久しぶりに2人に会えて、おかあちゃんやカンちゃんとのシーンを振り返ったら、またみんなに会いたくなりました。連絡してみようと思います!

奈緒(鈴愛の同級生・西園寺菜生役 ※旧姓 木田原)

クランクアップして寂しいなという気持ちでいたので、こうしてまた2人と会えて、これまでのシーンを振り返ることができて、まだまだ物語が続いていることを実感するすてきな一日になりました。

上村海成(鈴愛の弟・楡野草太役)

「半分、青い。」の故郷、岐阜の皆さんの一緒に時間を過ごすことができてとても楽しかったです。会場近くの中津川を少し散歩したのですが、地元の方に頑張ってくださいと応援いただいて嬉しかったです。


今週からいよいよ22週「何とかしたい!」に突入。第127話では、花野(山崎莉里那)が自分のお小遣いをためてフィギュアスケートを習いたいのだと打ち明けられ、やりたいことを初めて口にした花野の思いに応えてやりたい鈴愛(永野芽郁)は、なんとかできないかと律(佐藤健)に相談。その後、梟会メンバーにも相談しながら、頭を悩ませる中、突如ヒットエンドランの津曲(有田哲平)と名乗る謎の男が現れるという内容だった。花野の夢を実現させるために奔走する鈴愛の今後が気になる内容だった。
いよいよ最終章へ向かう「半分、青い。」を楽しむための特別番組の放送も決定。NHK総合にて、9月1日(土)午後5:30 ~ 6:00放送される。最後まで楽しむためにも、こちらの放送も見逃せない。

いよいよ最終章「半分、青い。」

【NHK総合】平成30年9月1日(土)午後5:30 ~ 6:00
ヒロイン・鈴愛のヒストリーを振り返りとともに、新たな出演者の有田哲平さん、小西真奈美さんのインタビュー、公式SNSで話題となった動画のご紹介と「半分、青い。」をさらにお楽しみいただける番組です。

8月27日(月)~第22週 「何とかしたい!」あらすじ

花野(山崎莉里那)が自分のお小遣いに手をつけていないことを知った鈴愛(永野芽郁)。本人に事情を聞くと、お金をためてフィギュアスケートを習いたいのだと打ち明ける。やりたいことを初めて口にした花野の思いに応えてやりたい鈴愛は、なんとかできないかと律(佐藤健)に相談するが、スケートをやらせるためには、名古屋のスケートリンクまで通わなければいけないことがわかる。一方で、名古屋でアパートを借りるほどの経済力もない鈴愛は、どうすれば花野にスケートをさせてやれるか頭を悩ませる。そんな中、津曲(有田哲平)から連絡があり、以前鈴愛から預かった岐阜犬のアイデアが、大手のおもちゃメーカーに採用されたので会いたいという。後日、岐阜までやってきた津曲は、岐阜犬の権利を買い取りたいと鈴愛に契約額を提示。すると鈴愛は、代わりに雇ってほしいと言い出す。

2018(平成30)年度前期
連続テレビ小説「半分、青い。」

【作】北川悦吏子
【音楽】菅野祐悟
【主題歌】星野源「アイデア」
【語り】風吹ジュン
【出演】永野芽郁、松雪泰子、滝藤賢一/佐藤健、原田知世、谷原章介/小西真奈美、矢本悠馬、清野菜名、志尊淳、有田哲平、余貴美子 ほか
【放送予定】平成30年4月2日(月)~ 9月29日(土) 全156回
【総 合】午前8:00 ~ 8:15 (再)午後0:45 ~ 1:00
【BSプレミアム】午前7:30 ~ 7:45 (再)午後11:30 ~ 11:45
(再)毎週土曜【BSプレミアム】午前9:30 ~ 11:00
公式サイト:http://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

©NHK

小説版

半分、青い。 上
北川悦吏子(著)
文春文庫

心は、空を飛ぶ。
片耳を失聴したヒロイン、スズメの愛と勇気の物語――。