川栄李奈演じる栗橋が感情をさらけ出す! 相手を想う気持ちが交差する、『健康で文化的な最低限度の生活』感動の第7話に向けてコメント到着

川栄李奈演じる栗橋が感情をさらけ出す! 相手を想う気持ちが交差する、『健康で文化的な最低限度の生活』感動の第7話に向けてコメント到着
「生活課」で働きながら、生活保護受給者の壮絶な人生に向き合い、目の前で困っている誰かのために、汗をかきながら自立への手助けをしていく、新人ケースワーカー・義経えみる(吉岡里帆)の成長を描くヒューマンお仕事ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(毎週火曜よる9時放送)。8月28日(火)に放送される第7話では、頭脳明晰だが相手の感情を読むことが苦手な、えみるの同期・栗橋(川栄李奈)に焦点が当たった物語が展開される。
栗橋が頭を悩ませている利用者の中林(池田鉄洋)は、姉を一年前に亡くして以来、働く意欲が全くない。改善が見られない中林に対して、栗橋は生活保護廃止につながる内容を文章化した“指示書”を発行。翌日、“指示書”を持って中林が役所を訪れた中林から、偶然話を聞いたえみるは栗橋に、中林が話したある悩みを告げる。それを聞いた栗橋は、いったんは落ち込むものの、すぐに立ち直り中林のためにと、自らの信念に従い、ケースワーカーとしてのミッションを果たそうとする。しかし、肝心の中林とは、全く気持ちが通じ合っておらず、問題はさらに大きくなってしまう…。
栗橋を演じている川栄は第7話について「栗橋のいろんな感情が見ていただけると思います。今までそんなに感情を出してこなかった分、怒ったり、泣いたり、笑ったり。すごくさらけ出せているのが7話なのです。」とコメント。確かに今まで栗橋の喜怒哀楽は、極論すると「ふっ」と冷笑するところくらいで、利用者に理論を畳みかけはしても、えみるのように一緒になって笑ったり怒ったりもしていなかった。「ケースワーカーになって、時間が経って、中林さんと出会って、自分も成長していく。それはお芝居をしながら私自身も感じました」と川栄が話す通り、何事にも喜怒哀楽が豊かで、体当たりしていくえみるを横目に、まるで自分の変化を許していくような栗橋の姿が分かる。特に、ドラマ後半で中林に言われる、ある一つのセリフにグッとくるものがあったようで「自分で言うのも変ですけど、栗橋と中林さんの関係があのセリフで変わったことが、すごくわかるなと。お芝居をしながら、中林さんを演じる池田鉄洋さんからすごく伝わりました」と振り返った。
果たしてそれはどんなシーンなのか? 第7話、普段から相手を気遣うことができる川栄が演じるからこそ伝わってくる、相手の気持ちに寄り添い、思いやる行動とは? 今週話も目が離せない。

番組情報

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』
毎週火曜 夜9時~9時54分(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
キャスト:吉岡里帆、井浦 新、川栄李奈、山田裕貴、小園凌央、水上京香、安座間美優、谷まりあ、鈴木アメリ・内場勝則・徳永えり、田中 圭、遠藤憲一 ほか
原作:柏木ハルコ「健康で文化的な最低限度の生活」」(小学館「週刊 ビッグコミックスピリッツ」連載中)
脚本:矢島弘一 岸本鮎佳
監督:本橋圭太 小野浩司
プロデュース:米田孝(カンテレ)、遠田孝一(MMJ)、木曽貴美子(MMJ)、本郷達也(MMJ)
制作協力:メディアミックス・ジャパン
制作著作:カンテレ
オフィシャルサイト
https://www.ktv.jp/kbss/index.html
『健康で文化的な最低限度の生活』原作

配信情報

本編見逃し配信『健康で文化的な最低限度の生活』
配信期間:7月17日(火)~
※毎週火曜各話放送終了後から次話放送まで

『健康で文化的な最低限度の生活』“チェインストーリー”
配信期間:7月17日(火)~
※毎週火曜各話放送終了後から配信開始

チェインストーリー スタッフ
脚本:岸本鮎佳
監督:小野浩司 他
プロデュース:米田孝(カンテレ)、遠田孝一(MMJ)、木曽貴美子(MMJ)、本郷達也(MMJ)他
制作著作:カンテレ

GYAO
https://gyao.yahoo.co.jp