ある一人の理学療法士の実話を綴る命の物語。三浦貴大 主演最新作『栞』予告映像&本ポスタービジュアル解禁

ある一人の理学療法士の実話を綴る命の物語。三浦貴大 主演最新作『栞』予告映像&本ポスタービジュアル解禁

10月26日(金)より全国順次公開となる映画『栞』の予告映像と本ポスタービジュアルが解禁された。

本作は、理学療法士の経歴を持つ監督・榊原有佑の実体験をもとに医療現場での限界をオリジナル脚本で丁寧に描いた命の物語。

この度解禁されたポスタービジュアルでは、主人公の理学療法士・高野を演じた三浦貴大と、不慮の事故で半身不随となってしまったラグビー選手の患者を演じた阿部進之介のビジュアルを起用。医療の先に常に見えるのは「希望」の2文字。患者と向き合いながら患者をサポートする側の「希望」と患者自らが向き合う「希望」、2つの「希望」が交錯するビジュアルとなっている。

また、予告映像では世界的なピアニスト西川悟平が奏でる音楽を背景に、主人公・高野の苦悩が綴られる。日々患者と向き合いながら医療現場に立つ理学療法士たちの限界とは? 「一体、何が出来るのか―」。その限界に苦悩しながらも自らの希望と患者の希望に応えようとする姿を垣間見ることができる。さらに映像には、主人公・高野を演じた三浦、元ラグビー選手の患者を演じた阿部、高野の妹を演じた白石 聖、高野の職場の同僚として登場する池端レイナ、前原 滉、高野の父を演じた鶴見辰吾のシーンも盛り込まれている。

【STORY】
出来ることには限界があるけど、少しずつ出来ることを増やしていかないとな―
真面目な性格で、献身的に患者のサポートに取り組む理学療法士の高野雅哉。 幼い頃に母親を亡くし、現在は父親の稔、妹の遥と離れて暮らしている。そんなある日、雅哉が働く病院にしばらく会っていなかった父・稔が入院してくる。日に日に弱っていく稔の姿、担当患者の病状が悪化するなど理学療法士として何が出来るのか自問自答の毎日で無力感に苛まれる。しかし、そんな時ラグビーの試合中にケガをした新たな入院患者を担当することになった雅哉。その入院患者の懸命に生きようとする姿に感化され、徐々に仕事への熱意を取り戻していく雅哉だったが……。病院という身近な人の死を経験する場所で理学療法士として、雅哉の選択していく生き方とは…。

作品情報

『栞』
10月26日(金)より新宿バルト9ほか全国順次公開

出演:三浦貴大、阿部進之介、白石 聖、池端レイナ、前原 滉、池田香織/福本清三/鶴見辰吾
監督:榊原有佑
脚本:眞武泰徳
共同脚本:岡本丈嗣
音楽:魚返明未
主題歌:「Winter」作曲:Liam Picker/西川悟平
制作プロダクション:and pictures 
制作協力:プラスディー
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ
©映画「栞」製作委員会

オフィシャルサイトhttp://shiori-movie.com