広瀬アリス、唐沢寿明主演ドラマ『ハラスメントゲーム』でヒロイン役に抜擢!「今までにない役柄への挑戦になると思う」

広瀬アリス、唐沢寿明主演ドラマ『ハラスメントゲーム』でヒロイン役に抜擢!「今までにない役柄への挑戦になると思う」

10月15日(月)夜10時から放送される、唐沢寿明主演のテレビ東京開局55周年特別企画ドラマBiz『ハラスメントゲーム』に広瀬アリスの出演が決定した。

本作は企業の「コンプライアンス」をテーマに、「パワハラ」「セクハラ」「マタハラ」など、社内に起こる様々なハラスメント問題を、奇抜なアイデアと手法で解決してゆく主人公と仲間たちの活躍を一話完結シリーズとして描く痛快ヒューマンエンターテインメントドラマ。唐沢演じる主人公・秋津 渉は、スーパー業界大手老舗会社「マルオーホールディングス」の富山支店長。ある事情から左遷され、家族で地方に移り住んでいたが、ある日、コンプライアンス室長として本社に呼び戻される。そこには、社長や取締役たちのある思惑が隠されていた……。

広瀬が演じるヒロイン・高村真琴は、上司の秋津(唐沢)と真琴の2人しかいないコンプライアンス室に所属。自分の意見を持っており、物おじせずに時に上司にもきちんと意見をすることが出来る芯のある女性で、左遷のたらいまわしでコンプライアンス室長としてやってきた変わり者の秋津の言動に対して、ツッコミを入れるしっかり者だ。しかし、その反面、自分のこととなると無頓着な一面も…? 唐沢とタッグでどんな演技をみせてくれるのか注目が集まっている。

【高村真琴役:広瀬アリス コメント】
Q、広瀬さんが演じる真琴はどんな役柄ですか?
今回私が演じる高村真琴は、とても芯のある女性です。台本を読み始めた頃は、すごく無機質な女の子だなと感じていました。でも、監督と色々話をする中で、仕事が好きでビシバシ物事を言うけれど、自分の働く(マルオー)スーパーをとても愛しているという事を聞き、無機質とまではいかないんだなと。言いたいことをちゃんと言うところや、意思をしっかり持っているところはわりと自分と似ているのかなと思います。

Q、役作りで気を付けていることは?
真琴は、セリフではある意味過去一番難しいかなと思います。難しい専門用語をたくさん並べ、業務的な言葉遣いでかなり早口で話すことが多く、これまでそういう役はなかったので、楽しみでもあり、もっともっと今よりも頑張らなきゃと。これだけバリバリのキャリアウーマンを演じるのは初めてで、パンツスーツやストレートの髪型でのお仕事もほぼなかったので、かっこよくジャケットを着こなせるよう、すっと背筋が伸びます。また、今までにない役柄への挑戦になると思っています。

Q、コンプライアンスがテーマのドラマについて
最近コンプライアンスは本当に頻繁に聞く言葉ですね。厳しい世の中になってきているのでタイムリーな作品になるのではないかと思います。ハラスメントやコンプライアンスという言葉は分かるのですが、大まかな知識しかありませんでしたので、今回のドラマを通して勉強できたらいいなと思いますし、みなさんにも知っていただければ嬉しいなと思います。コンプライアンスと聞くと堅苦しいドラマだと思われるかもしれませんが、唐沢さん演じる秋津がすごくユーモアのあるキャラクターなので、そうはならないんじゃないでしょうか。

Q、みどころは?
人間らしいシーンがすごく多い作品なので、そこを楽しんでいただけたらなと。そして、色んなキャラクターの方たちが出てくるので、そこを楽しみつつ、私は20代のフレッシュな感じを出していきたいと思います。笑

【第1話あらすじ】
業界大手の「マルオースーパー」練馬店に、1円玉がメロンパンに混入していたとのクレームが入る。コンプライアンス室の高村真琴(広瀬)曰く、売場主任・佐々部が昨夜、不審な電話を受けたといい、その内容から女性社員によるパワハラ絡みの犯行を疑う。だが新店舗への影響を恐れた社長・丸尾は警察に届けることを拒む。そんな中、富山中央店店長・秋津(唐沢)に突然本社への異動命令が下り…。

番組情報

テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマBiz『ハラスメントゲーム』
放送日時:10月15日(月)夜10時 放送スタート 
放送局:テレビ東京系(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)、BSテレ東(10月19日(金)夜9時 放送スタート)
出演:唐沢寿明 広瀬アリス ほか
原作:井上由美子「ハラスメントゲーム」(河出書房新社10月6日(土)発売)
脚本:井上由美子
監督:西浦正記 関野宗紀 楢木野礼
チーフプロデューサー:稲田秀樹(テレビ東京)
プロデューサー:田淵俊彦(テレビ東京) 山鹿達也(テレビ東京) 田辺勇人(テレビ東京)浅野澄美(FCC)
制作協力:FCC
製作著作:テレビ東京

『ハラスメントゲーム』原作
河出書房新社より10月6日(土)発売
本体:1500円+税


『白い巨塔』(CX)『14才の母』(NTV)「マチベン」シリーズ(NHK)『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(CX)「緊急取調室」シリーズ(EX)『BG~身辺警備人~』(EX)など、長年多数の話題作を書いてきた人気脚本家・井上由美子による書下ろし長編小説『ハラスメントゲーム』。今話題のコンプライアンス室を舞台に、数々のハラスメント問題と会社の謎に挑んでいくスリリングなエンタメ企業小説で、人間ドラマに定評のある著者ならではの魅力的な登場人物たちの描き方も秀逸で、一気読み必須の面白さ。本書は井上由美子の待望の小説家デビュー作となる。

オフィシャルサイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/harassmentgame/