声優・石川界人が『ブラッククローバー』ギルス・ヴォード役で出演決定!明日放送のTVアニメ第48話に登場

声優・石川界人が『ブラッククローバー』ギルス・ヴォード役で出演決定!明日放送のTVアニメ第48話に登場

テレビ東京系にて放送中のTVアニメ『ブラッククローバー』第48話にて、石川界人がギルス・ヴォード役で出演することが決定した。

『ブラッククローバー』は、「週刊少年ジャンプ」(集英社/著:田畠裕基)にて連載中の漫画を原作とするTVアニメ。誰もが魔法を使える世界が舞台で、生まれつき一切魔法が使えないアスタと、天才的な魔力をもつユノの対照的な2人が、世界を救う魔道士の頂点といわれる“魔法帝”をめざす、冒険と成長を描いた創成魔法ファンタジー超大作だ。原作は、シリーズ累計600万部を超えるなど、大ヒットを記録している。

今回石川が担当することになったギルス・ヴォードは、フィンラル・ルーラケイス(CV:福山潤)の異母弟。飄々とした兄フィンラルとは異なり、空間を削り取る攻撃的な空間魔法を使う、好戦的な性格のキャラクターとなっている。

石川は今回の配役にあたって「この度ランギルスを演じさせていただくことになりました、石川界人です。自尊心が強くプライドの高い彼を全力で演じますのでどうぞよろしくお願いします!」とコメント。第48話「絶望VS希望」は、明日9月4日(火)18時25分からの放送となるので、ぜひチェックしてほしい。

キャラクター紹介

ランギルス・ヴォード(CV:石川界人)
“金色の夜明け”団の副団長であり、“黒の暴牛”団、フィンラル・ルーラケイスの異母弟。さまざまな面で兄フィンラルより優秀で、幼い頃から両親に期待されて育った。
何もかも自分とは正反対な上、本来なら家督を継ぐはずが、重圧に耐え切れず家を出た兄を疎ましく思っている。
好戦的な性格で、“攻撃的空間魔法”を得意とする。魔法の威力は絶大で、空間ごとその場にあるものを削ったように消し去ってしまう。

【STORY】
魔法がすべての、とある世界――。

最果ての村の教会に同じ日に捨てられていたアスタとユノは、互いに魔道士の頂点・魔法帝になることを夢見て努力を重ねる日々を送っていた。

15歳になる年に、持ち主の魔力を高める〝魔導書(グリモワール)“を与えられた二人は、魔法帝直属の魔道士軍団である、魔法騎士団の入団試験を受ける。

その結果、九つの軍団の中から魔力が一切ないアスタは、ならず者集団『黒の暴牛』に、魔力の強いユノは、エリート集団『金色の夜明け』に所属することになる。

ついに二人は魔法帝への第一歩を踏み出したのであった――。

作品情報

テレビアニメ『ブラッククローバー』
テレビ東京系にて、毎週火曜18:25~放送
BSジャパンにて、毎週金曜深夜0:30~放送

【STORY】
監督:吉原達矢
シリーズ構成:筆安一幸
キャラクターデザイン:竹田逸子
サブキャラクターデザイン:徳永久美子
プロップデザイン:髙橋恒星
色彩設計:篠原愛子
音楽:関美奈子
アニメーション制作:studioぴえろ

【CAST】
アスタ:梶原岳人
ユノ:島﨑信長
ヤミ・スケヒロ:諏訪部順一
ノエル・シルヴァ:優木かな
フィンラル・ルーラケイス:福山 潤
マグナ・スウィング:室 元気
ラック・ボルティア:村瀬 歩
ゴーシュ・アドレイ:日野 聡
バネッサ・エノテーカ:水樹奈々
チャーミー・パピットソン:安野希世乃
ゴードン・アグリッパ:松田健一郎
グレイ:高橋未奈美
ユリウス・ノヴァクロノ:森川智之
ウィリアム・ヴァンジャンス:小野大輔
ノゼル・シルヴァ:鳥海浩輔
フエゴレオン・ヴァーミリオン:小西克幸
シャーロット・ローズレイ:小林ゆう
ジャック・ザリッパー:浪川大輔
クラウス・リュネット:寺島拓篤
ミモザ・ヴァーミリオン:西明日香
神父:中尾一貴
シスター・リリー:久保田未夢
セッケ・ブロンザッザ:逢坂良太
ほか

『ブラッククローバー』オフィシャルサイト
http://bclover.jp/

©田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

『ブラッククローバー』原作コミック