岩田剛典×杉咲 花、映画『パーフェクトワールド』で印象的なのはイナゴのアイス!?

岩田剛典×杉咲 花、映画『パーフェクトワールド』で印象的なのはイナゴのアイス!?

10月5日(金)より全国公開される映画『パーフェクトワールド 君といる奇跡』の完成披露プレミアイベント「パーフェクトカーペット」がヒューリックホール東京で行われ、岩田剛典、杉咲 花が登壇した。

本作は、講談社『Kiss』にて連載中の有賀リエ原作の人気マンガを実写映画化したもの。「好き」だけでは乗り越えられない試練に直面しながらも、恋する気持ちを真っ直ぐに伝えて前に進もうとする主人公たちの姿に共感し、心を打たれる感動作として女性を中心に支持を集めている。主人公の鮎川 樹役を演じるのは、数々のドラマや映画に立て続けに出演し、役者としての演技の幅を広げている岩田。そして、樹をひたむきに想い続けるヒロインの川奈つぐみを、映画初主演となり、その存在感と演技力で注目を浴びている杉咲が演じる。

作品のテーマにちなみ、全国から我こそはパーフェクトカップルだと思う観客が集合した。岩田から「お足元の悪いなか、ご来場いただき、ありがとうございます」と会場の観客に向けてお礼と暖かい言葉が送られ 、「この作品は、何度も、監督やキャストのみなさんとコミュニケーションしながら撮影を進めました」と切り出すと、杉咲もそれに同意して「これだけ、話し合いしながら作り上げる作品は初めての経験でした。濃厚な、贅沢な時間でした」と撮影現場での思い出を満足げに語った。

劇中デートのシーンで印象に残っているエピソードについて聞かれた岩田と杉咲。岩田は「ソフトクリームを食べるシーンで、いろんなアイスの種類のなか、イナゴが突き刺さったアイスがあって盛り上がりましたね」と話し、杉咲も「イナゴのアイス、私も印象に残っています」とうなずきながら「遊園地でのデートシーンで、コーヒーカップの乗り物のシーンも印象的でした」とコメントした。

そして本作のラストを飾る、撮影地・江の島の恋愛成就の名所「恋人の丘」をモチーフに、『パーフェクトワールド 君といる奇跡』オリジナル南京錠と幸福の鐘が登場。困難を乗り越え幸せなカップルが増えてほしいという願いを込め、幸福の鐘に南京錠をかけたあと、ふたりが鳴らす幸福の鐘が会場に響き渡るなか、岩田の「パーフェクト!」という合図に、パーフェクトカップル全員が「ワールド」という掛け声で会場をひとつにした。MCから「3つの幸せのシンボルをやってみていかがでしたか?」と聞かれると岩田は「いや、最高ですね! パーフェクトなみなさんと共に、これからもガンガン盛り上げていきたいです」と感無量の様子だった。そして、杉咲は「全部、初めての体験でした。暖かいみなさんと一緒に体験できて楽しかったです。」と笑顔を見せ、幸せに満ちあふれたパーフェクトカーペットイベントとなった。

【STORY】
インテリアコーディネーターの川奈つぐみ(杉咲)は、高校時代の初恋の先輩・鮎川樹(岩田)に久しぶりに再会する。しかし彼は、大学生の時に事故にあい、車イスに乗る生活を送っていた。最初は戸惑うつぐみだったが、建築士として前向きに生きる樹とふれあう中、彼への想いを再びつのらせていく。【私は――先輩が好きなんだ、今でも】そんなつぐみの、ひたむきでまっすぐな想いに、「一生、ひとりで生きていくって決めたんだ。」とかたくなだった樹も心を開いていく。一緒にいる幸せをみつけた2人だったが、やがてある事件が起き…。大切な人と出会い、いくつもの壁を乗り越えながら、絆を深めていく2人がたどりついた結末とは……。

作品情報

『パーフェクトワールド 君といる奇跡』
10月5日(金) 全国ロードショー

出演:岩田剛典(EXILE/三代目J Soul Brothers)、杉咲 花、須賀健太 、芦名 星、マギー、大政 絢、伊藤かずえ、小市慢太郎 / 財前直見
原作:有賀リエ『パーフェクトワールド』(講談社「Kiss」連載)
監督:柴山健次
脚本:鹿目けい子
音楽:羽毛田丈史
主題歌:E-girls「Perfect World」(rhythm zone)
配給:松竹 LDH PICTURES 
制作プロダクション:ホリプロ
©2018「パーフェクトワールド」製作委員会

『パーフェクトワールド』原作