映画『日日是好日』黒木 華と鶴田真由が樹木希林への憧れを語る「本当にかっこいい方」

映画『日日是好日』黒木 華と鶴田真由が樹木希林への憧れを語る「本当にかっこいい方」

10月13日(土)に公開される映画『日日是好日』(にちにちこれこうじつ)のプレミアム試写会が、明治記念館で行われ、黒木 華、鶴田真由、鶴見辰吾、森下典子(原作者)、大森立嗣監督や、高円宮妃久子殿下をはじめとする各界の著名人が登壇した。

本作は、エッセイスト・森下が、約25年に渡って通い続けた茶道教室の日々を綴った大人気エッセイ『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』を、『光』『セトウツミ』など、いまや国内外から熱い視線を集めてやまない大森監督が映画化したもの。黒木、樹木希林、多部未華子の初共演で贈る一期一会の感動作だ。黒木と樹木による師弟ドラマ、黒木と多部の青春ドラマ、ふたつの軸が紡ぎだす、内なる自由と生きる喜び、そして、かけがえのない“今”を描く。

原作者の森下は「日本文化の素晴らしさを語るとしたらやはりお茶に尽きると思います。でも、お茶をとても遠いものと思っている人が多いです。お茶をご存知ない方にもお茶室に座るとどんな気持ちになるか、季節の移り変わりをどのように感じるか、この映画の中で堪能していただきたいと思います」と挨拶。主演の黒木は主人公・典子をお茶を始めた20歳から20数年間、物語の中で演じており「お茶をしたことはなかったのですが、この作品でお茶の奥深さや四季の美しさを感じられたかなと思います」と語り、主人公・典子の憧れの女性・雪野を演じた鶴田は「原作を読んで、茶道の“道”ってどういうものなのかなと考えましたが、少しの気づきを経験することができました。『おもてなし』の本質を感じてみなさまをお迎えできたらと思いました」、主人公の父親役の鶴見は「黒木さん演じる典子と原作者の典子のふたりの父親という気持ちで演じました。そして、このお父さんは本当に幸せなひと時をお嬢さんと過ごされたんだなと思いました。俳優としてとても幸せな時間を過ごしました」、大森監督は「ものすごいスピードで時代が流れていく中、お茶室の中は時間が止まっているかのよう。それを映画化したいと思いました。楽しんでいただけたら幸せです」とそれぞれ、映画への思いを語った。

次に特別来賓を代表し、具志堅幸司(日本体育大学 学長)が挨拶、「大会の前にお茶を一服いただきたいなと思ったのがロサンゼルスオリンピックのときです。体操が動、お茶が静で、そのコンビネーションがいいのではないかと。それで金メダルでした。32年後のリオデジャネイロオリンピックでもお茶を一服し応援したら、団体で金でした。お茶をいただかないときは金メダルはとれませんでした。2年後の2020年は毎日お茶をいいただきたいです。世界平和に貢献する大会になるように、おもてなしの精神でみなさまをお迎えしたいと思っております」とお茶にまつわるエピソードを披露した。

また、療養中で欠席となった武田先生役の樹木からのメッセージを黒木が代読。メッセージには「この度高円宮妃久子殿下の御臨席を賜りまして ひたすら有難く頭(コウベ)を低(タ)れるばかりです。台風接近もともない申し訳なく涙涙でございます。心ふるえるような時をいただいてをります。平成30年9月1日樹木希林」と綴られていた。

樹木の印象について、黒木は「樹木さんは本当にかっこいい方。現場が早くても、ご自身で車を運転して来られる。『なんでそんなにかっこいいんですか?』と聞いたら、『私は、周りには自分がかっこいいと思うものしか置かないようにしているの』とおっしゃっていました。旅行に行く時もすごく荷物が少ないらしく、すごくシンプルな生活をしているのが、かっこよさにつながっているのかなと思います」と、撮影現場でのやり取りを明かした。鶴田も「お着物で車を運転していらっしゃる。車と、素敵なお着物、希林さんが(車から)降りてらっしゃった時、映画のワンシーンを見ているようでした」と黒木に同意し、「人間そのものが素敵。役者は人間力を磨かなければなと。樹木さんを見て勉強させていただいています」と憧れをもって語っていた。

【特別来賓(フォトセッションのみ登壇)】
高円宮妃久子殿下、鈴木俊一(東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣)、小倉和夫(日本財団パラリンピックサポートセンター理事長)、麻生ちか子(麻生太郎 副総理 財務大臣 金融担当大臣夫人)、具志堅幸司(日本体育大学 学長)、高梨兵左衛門(キッコーマン 特別顧問)(敬称略)

【STORY】
とにかく私はお茶を習うことになった。二十歳の春だった。
たちまち過ぎていく大学生活、二十歳の典子(黒木華)は自分が「本当にやりたいこと」を見つけられずにいた。ある日、タダモノではないと噂の“武田のおばさん”(樹木希林)の正体が「お茶」の先生だったと聞かされる。そこで「お茶」を習ってはどうかと勧める母に気のない返事をしていた典子だが、その話を聞いてすっかり乗り気になったいとこの美智子(多部未華子)に誘われるまま、なんとなく茶道教室へ通い始めることに。そこで二人を待ち受けていたのは、今まで見たことも聞いたこともない、おかしな「決まりごと」だらけの世界だった――。
それから二十四年。就職の挫折、失恋、大切な人との別れ。いつも側にはお茶があった。五感を使って、全身で、その瞬間を味わった。やがて「日日是好日」という言葉をかみしめていく美しき時の流れ。この映画は、内なる自由と生きる喜び、そして、かけがえのない“今”を描く物語である。

作品情報

『日日是好日』
10月13日(土)シネスイッチ銀座、新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国ロードショー

脚本・監督:大森立嗣(「まほろ駅前」シリーズ、『さよなら渓谷』、『セトウツミ』、『光』)
原作:森下典子『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮文庫刊)
出演: 黒木 華、樹木希林、多部未華子、鶴見辰吾、鶴田真由、山下美月
製作幹事:ハピネット ヨアケ
配給:東京テアトル、ヨアケ
©2018「日日是好日」製作委員会

オフィシャルサイト
http://www.nichinichimovie.jp/