ファンキー加藤、加藤マニとタッグ! ほぼワンカット映像の「希望のWooh」MV公開

ファンキー加藤、加藤マニとタッグ! ほぼワンカット映像の「希望のWooh」MV公開

ファンキー加藤のニューシングル「希望のWooh」(9月26日リリース)のミュージックビデオが公開された。

今回、年間50本以上ものミュージックビデオを制作し、数多くの話題作を作り続けている気鋭の映像監督、加藤マニを監督に迎えての撮影を敢行。ファンキー加藤×加藤マニというW加藤の協力タッグによる今作は、長回しによるワンカット撮影により、ファンキー加藤としてこれまでにないテイストのミュージックビデオとなった。

今回のミュージックビデオは、誰も居ない閑散としたホールのステージ上、たったひとりで歌い出すファンキー加藤のソロショットからスタート。曲の進行と共に、誰も居なかったステージ上に突如として現れるストリングス奏者、ピアニスト。かと思えば、今度はステージ裏にいた会場スタッフや清掃員がステージ上に現れてダンスをするなど、ホール内が目まぐるしく変化する様子が、一台のビデオカメラのみで映し出される。

途中で細かく止められない長回しの1カット撮影のため、本人の動きとカメラワークのほか、演奏者などの登場のタイミングなど、緊迫した撮影。終盤には、抽選で選ばれた約200名のファンクラブ会員が観客エキストラとして登場し、見事ミュージックビデオの最後を飾った。

今までのファンキー加藤にないミュージックビデオとなった今作。ファンキー加藤とは初のタッグとなる加藤マニ監督が、作品のコンセプトと注目してもらいたいポイントを語っている。

現在『全日本フリーライブツアー~超原点回帰~』と銘打って全国のショッピングセンターや入場無料のイベントでフリーライブツアーを行っているファンキー加藤。10月からは、全国3rdホールツアー『希望のWoohohTOUR』の開催も決定している。

加藤マニ コメント
Q.「希望のWooh」のミュージックビデオはどのようなコンセプトで撮影されましたが?
加藤マニ監督:コンサートホールを舞台にしながらも、録音された音源に合わせてパフォーマンスするというミュージックビデオ撮影の中で、いかに「ライブ感」を付与するか、をテーマに、途中でカットすることのできない「ミュージカル舞台のような長回し撮影」をコンセプトとしました。

Q.注目してもらいたいポイントはどこでしょうか?
加藤マニ監督:NGが出たら(誰も恨みっこなしですが)最初からやり直しになってしまう長回し撮影の緊張感、というと、ある種の「厳しさ」ばかりがクローズアップされそうですが、それだけではない、リアルタイムにOKが積み重なっていくことで、キャストやエキストラの皆さんと共に高まっていくテンションが、コンサートとまた違うグルーヴを伴った「ライブ感」として感じていただけると、とてもうれしいです。


リリース情報

03.21 ON SALE ALBUM『今日の詩』

09.26 ON SALE SINGLE「希望のWooh」


ライブ情報

希望のWooh oh TOUR
10/13(土)埼玉・戸田市文化会館
10/25(木)東京・中野サンプラザホール
11/01(木)大阪・オリックス劇場
11/10(土)岡山・岡山市民会館
11/17(土)福井・鯖江市文化センター
11/28(水)愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
12/07(金)北海道・札幌市教育文化会館(大ホール)
12/21(金)福岡・福岡市民会館(大ホール)
12/23(日)香川・サンポートホール高松(大ホール)
12/29(土)宮城・仙台サンプラザホール


ファンキー加藤 オフィシャルサイト
http://funkykato.com/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC