『3D彼女』実写版・佐野勇斗×アニメ版・芹澤 優&上西哲平が意気投合!「僕のファンですか?(笑)」

『3D彼女』実写版・佐野勇斗×アニメ版・芹澤 優&上西哲平が意気投合!「僕のファンですか?(笑)」

9月14日(金)に全国公開される映画『3D彼女 リアルガール』のアニメファン限定特別試写会が9月5日(水)に行われ、アニメ版でリア充完璧超絶美少女・五十嵐色葉役の声をつとめた芹澤 優と、同じくアニメ版キャストの二次元を愛する超絶オタク・筒井 光役の上西哲平、そして実写映画版で筒井役を演じた佐野勇斗が登壇した。

芹澤&上西と、佐野は本イベントが初対面ということで、芹澤が「昨日、佐野さんが出演しているバラエティ番組を見ていて! テレビに出ていた人が横にいるから感動しています(笑)」と言うと、上西は「一昨日、映画を観たばかりなのですが、僕も演じていたので、筒井に感情移入してしまいました。本当に佐野さんが筒井そのもので。筒井が今、横にいる! っていう感じがします」と佐野の演技を絶賛した。続けて、芹澤が「ちょうど上西君と、私と、綾戸役の上田麗奈ちゃんの3人で映画を観させていただいたのですが、隣でずっと上西君が泣いていて。しかもその日、ティッシュを一枚しか持ってなくて、同じティッシュをぐちゃぐちゃにしながらずっと涙を拭いてました(笑)」と映画を観た上西の様子を明かし、中条が演じた色葉に関しても、「実写版の色葉は、アニメ版とはまた違う魅力がありました。アニメにはない部分もあって、最後のほうは胸が苦しくなりました。自分もまた、これから色葉を演じていくので、頑張らないとな! と思います」と映画版の感想をコメントした。

また、上西は「実はアニメのオーディションを受ける段階で、佐野さんが演じる筒井の映像を見て、少し参考にさせて頂いたんです。そしてオーディション行く前に、カラオケ店へ声出しをしに行ったんですが、佐野さんが所属されているM!LKの映像が流れていて! これはまさに縁があるんじゃないか! と思っていたんですが、僕も筒井役をつとめさせていただくことになり、2人で隣に並べるとは思っていなかったので感動です」と筒井役獲得までの裏話を披露。その言葉に佐野は「僕のファンですか?(笑)」と照れ笑いを見せた。2人からの絶賛のコメントを受け取った佐野は「本当に、嬉しいです! ありがとうございます!」と嬉しそうに微笑んだ。

そして、『3D彼女』に限らずアニメをよく見るという佐野は、「最近は新しい作品を見れてないんですけど、王道なもので言うと『ドラゴンボール』や『NARUTO』とか本当に大好き! 『進撃の巨人』とか、『宇宙兄弟』、『トイストーリー』も大好き!」と好きなアニメを続々と挙げ、まさに筒井に近しい一面を垣間見せ芹澤と上西と意気投合した。

終始盛り上がりを続ける中、演技の取り組み方や役作りに関して話題が上ると、芹澤は「私は毎回アフレコの度に、その日収録する原作の部分を何度も読みました。アニメは原作を忠実に描く時間もあるので、原作を読んでいる方が持つ色葉のイメージを壊さないように気を付けました。また普段はアニメっぽい声を出すんですが、この作品はつっつんが初めてリアルの女の子に恋をするお話なので、実写版の皆さんのような、生の人間っぽいお芝居を意識していました」とコメント。そんな芹澤の役作りの様子を見ていた上西は「色葉は最初、感情を表に出せないキャラクターなんですけど、芹澤さんは感情を出せる方なので、それをセーブするのが苦労している印象がありました。毎回、アフレコの場所にも原作を持ってくるぐらい意識していて、いつものアイドルっぽい声とは違いましたし、色葉への愛が伝わってくる素晴らしい演技でした」と語った。上西はオタクの筒井を演じるにあたって、「僕自身もオタクな一面があって、ゲームやアニメが好きなんです。映画でも筒井の部屋に知っているフィギュアや僕が持っているフィギュアがいっぱいあって、筒井とシンクロしている部分があり、役作りとしてはやりやすかったです。ただ似ている部分が多いからといって全部自分と同じではないので、その違いを意識しながら、あまり固めすぎないようにしていました」と語り、また筒井のイメージに対して、「最初は卑屈なんですけど、今までの経験だとか環境が原因なだけであって、根はすごく素直でいいやつだと思うんです。色葉や友人たちと出会うことによって、少しづつ柔らかく自分を出せるようになっていったので、僕も友達になりたいです」と話した。

佐野は「筒井のことを良いやつ! と言った話の後なので、少し言いづらいのですが、僕と筒井は似てるなと思う部分があって……だから僕は良いやつなのかもしれません!(笑)友達になりましょう(笑)」と少し恥ずかしそうに話し、「原作を読んでも、人見知りのところや女性にグイグイいけないところなど共感できる部分が多いんです。役作りという面では、同じオタクと美女が恋をする『電車男』が大好きだったので、自分の興味のあることに対して喋るところや、挙動不審になるところを意識しました。早口は難しかったです。普段は使わないアニメの用語だとかを覚えて、難しい動作をしながら早口で喋ることは初めての試みだったので難しかったです」と、アニメとはまた異なるアプローチの役作りを考えたという。

スタジオでのアフレコ、ロケ地での撮影と、アニメと映画ではもちろん作品づくりの環境も異なるが、それぞれ当時の現場の雰囲気やキャストとの交流について質問されると、芹澤は「アニメキャラの関係性と、キャストの関係性が似ていました。上西君は初めてのメインキャストで緊張していて、先輩方に見守っていただいてましたね」と明かし、上西は「筒井のキャラがおたおたしているので、僕自身もわたわたしながら噛んでしまったことを、芹澤さんたちや先輩方がいじってくださりました」アフレコ時の裏話を振り返った。筒井の父親を演じた竹内 力のイメージに対して佐野が質問をされると、「あのままですよ、ずっと白目むいてました(笑)初めは怖いイメージを持っていたんですけど、めちゃくちゃ優しくて。息子として話しかけてくれたりするけど、本番では面白い演技をされていて、魅力的な方でした」と明かします。芹澤は映画版で色葉を演じた中条が気になるようで、「中条さんが何頭身あるのかとか気になります(笑)高貴なイメージがあります」と本日来場できなかった中条のイメージを想像すると、上西は「イタズラをしかけてきそうなイメージです」とコメント。「よく分かりましたね! 現場でもムードメーカーで。僕がかぼちゃを被るシーンがあったんですけど、『前が見えないから、椅子座っていいよ』と中条さんに言われて、優しいな~と思ってたら、ブーブークッション置かれてたんです! そういうドッキリをしかけるお茶目な一面もあって、仲良くさせていただきました」と中条との撮影現場を振り返った。

上西が一番気になっていた映画版のキャストは佐野ということで「本当に今日会えてよかったです。あとはえぞみちですね。アニメ版では沢山でてくるわけではないんですけど、映画では心の友って感じで結構出てきて。どうやって撮影したんですか?」と佐野に尋ねると、「現場にセリフを合わせてくれる声優さんが来てくださって、イヤフォンから聞こえる声と合わせて演技をしていました。で、やっぱり、何もないところを見て、えぞみちと会話をする演技をしなければならなかったので、そこはやっぱり大変でした。そういう経験は初めてでしたし。なので、僕も映画を観て、初めて出会えた気がしました」とえぞみちとの会話シーン撮影の苦労を明かした。

さらに今回はアニメファン限定特別試写会ということで、佐野がおススメポイントを発表。「朝ご飯を食べながらアニメを見ているシーンがあるんですけど、そのアニメが『ちはやふる』で僕が演じた筑波くんのシーンを使ってくれていて。映画見るまで知らなかったんですけど、夢のコラボです! あと、僕が雨男のせいで、ハロウィンシーンの撮影を一日潰してしまって。でも皆さんのお陰で撮影が乗り越えらえられました! 注目してほしいです」と見どころをアピールした。

最後は芹澤が「本日は皆さん集まっていただいてありがとうございました。映画チームもアニメチームも原作チームも、皆がこの作品を愛して、盛り上げていく仲間が増えていくようでとても嬉しいです。アニメも2期もありますし、まだまだ『3D彼女』を愛してくれたら良いなと思います。色葉を演じれて良かったなと改めて思いました。ありがとうございました」とコメント。上西は「少女漫画は男の人からすると取っつきにくいと思うんですけど、この作品は男の人が読んでも筒井光という一人の男子高校生に対して感情移入して読める作品だと思うので、ここから派生した映画やアニメに対しても絶対に共感できる部分があると思います。実写の映画も2期のアニメもどちらも楽しんでいただけたらなと思います」と男性目線でアピールし、佐野が「公開は9月14日(金)なので、今日観てくれた方々も、ぜひ今度は映画館で観ていただけると嬉しいです! 映画版も面白かったよ! とSNSにも呟いたり、いろいろ宣伝していただきたいです! ありがとうございました!」と間もなく迎える公開に意気込み、イベントは終了した。

【STORY】
書店で万引きの濡れ衣を着せられた学校一の美少女・五十嵐色葉を助けたのは、2次元を愛する超絶オタク・つっつんこと筒井 光。リア充の色葉から突然の告白を受けたつっつんは新手のイジメだと疑いながらも、正反対のふたりの交際がスタートして……!?

作品情報

『3D彼女 リアルガール』 
9月14日(金)全国ロードショー
主演:中条あやみ、佐野勇斗、清水尋也、恒松祐里、上白石萌歌、ゆうたろう、三浦貴大 / 神田沙也加(声の出演)、濱田マリ、竹内 力
原作:那波マオ 『3D彼女 リアルガール』(講談社「KC デザート」刊)
監督:英 勉  
脚本:高野水登、英 勉
音楽:横山 克
主題歌:西野カナ「Bedtime Story」(SMEレコーズ)
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/3Dkanojo/

ⓒ2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 ⓒ那波マオ/講談社

『3D彼女 リアルガール』原作