中条あやみ、“ドレスアップ仮装”でUSJ新アトラクションを体験! 「心を酔わされました」

中条あやみ、“ドレスアップ仮装”でUSJ新アトラクションを体験! 「心を酔わされました」

9月7日(金)からユニバーサル・スタジオ・ジャパンでグランドオープンとなるシーズナル・イベント「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン 2018」の一般公開に先駆け、本日9月6日(木)に期間限定の新アトラクション「ホテル・アルバート」が初公開された。

開幕セレモニーには、雑誌『CanCam』で専属モデルを務め、女優としても人気沸騰中、高校生の時には“ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに週5で通っていた”という中条あやみが、煌びやかな“ドレスアップ仮装”で登場。“大人ハロウィーン”を体現する新・劇場型ホラー・アトラクション「ホテル・アルバート」や新体感ホラー・メイズ「サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ」をいち早く体験した中条は、美しさとホラーが融合する全く新しいハロウィーンの魅力について、集まった報道陣を前にその感想を語った。

「大人ハロウィーン」を体現する新・劇場型ホラー・アトラクション『ホテル・アルバート』は舞台演劇の本場、ニューヨークのオフ・ブロードウェイで誕生し、世界各地で話題を呼ぶ「イマーシブ・シアター」の要素と、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが誇る“ハロウィーン・ホラー・ナイト”を融合させた新形式のアトラクション。約40年前の華やかな高級ホテルをコンセプトにしたグループ参加型のアトラクションで、ゲストたちは“ホテル・アルバートを訪れた宿泊客”として、様々な体験をすることができる。ホテル内には、煌びやかなシャンデリアが飾られたロビーや本物のアンティーク家具を配した豪華な客室などが広がり、そんな美しい世界観の中で繰り広げられる切なくも美しい恐怖の物語を、ゲスト自らがストーリーの登場人物の一人となり、歩き回りながら体験していく。

また、自身も“宿泊客”と化して体験したばかりの中条も、今まで経験した事のない形態の未知のアトラクションにすっかり魅了された様子で、その魅力について「自分が物語の一員となり、物語が進んでいくことで、次々にサプライズが起こりました。一緒にいた人とも離れ離れになり、一人で経験する恐怖も味わいながら、最後にロビーでみんなと合流して話をすることですべてが分かる、という今までにない体験でした。さらに、古い家具や昔の絨毯の匂いなど香りや空気感までも細部にわたって再現されていて、どっぷりと世界観に浸り、女性ならみんなが共感できる切ないストーリーに心を酔わされるようなホラーに、魂を奪われる新しい感覚でした」と興奮気味に話し、自身の服装に関して問われると、「美しい大人のレディとしてドレスアップしたからこそ、私も40年前のホテルにいる気持ちになれ、どっぷりと物語に入り込め、心を酔わされました」と、ドレスアップ仮装についての自身の感想も語った。

さらに中条は、「大人ハロウィーン」の新アトラクションの一つで、パーク史上初の“声を出してはいけない”ホラー・メイズ「サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ」も先行体験。「叫びたいけど叫べないことで恐怖に追いかけられる感覚になり、早く進みたくなりました。声を出さないので、耳を押さえたり、息も押し殺して進み、出口では抑えていた声と気持ちが一気に吐き出たように声が出ちゃいました」とコメントした。

なお、会場には、『CanCam』のit girl(オフィシャル・インフルエンサー)たちや招待ゲスト50名も集合してグラスを片手に乾杯、ハロウィーン新時代の開幕が祝われた。

<アトラクションを体験した『CanCam』it girl(オフィシャル・インフルエンサー)のコメント>

【白石明美:コメント】
「サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ」は、声を出せないことでさらに怖くなり、普段よりも音に敏感になるような五感で感じる新感覚のホラーでした。船の世界も匂いも、その時代の面影を感じさせられて、タイムスリップした気持ちになりました。ドレスアップ仮装をしていたので、世界観に浸れたし、気持ちが昂りました。

【前坂美結:コメント】
「サイレンス・イン・ザ・ゴーストシップ」では、声を出せない緊張感で怖さと不安が混じった不思議な感覚を味わいました。ホテル・アルバートは、映像で見るものよりも、自分がこの物語の出演者になることですごく入り込めて、より一層リアルさを感じられたので、これまでのホラーアクションとも全く違うドキドキが強くなりました。

※「ホテル・アルバート」ならびに「ホテル・アルバート・ラウンジ & フォト・スポット」の体験には別途チケットの購入が必要。


「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」オフィシャルサイト
https://www.usj.co.jp/