子煩悩パパで日本大好きのプルシェンコ。羽生選手との3ショットもカワイイ!

子煩悩パパで日本大好きのプルシェンコ。羽生選手との3ショットもカワイイ!

12年前、2006年のトリノオリンピック。この年、男子フィギュアスケートで金メダルに輝いたのが、ロシアのエフゲニー・プルシェンコだ(ちなみに女子の金メダリストは荒川静香)。甘いマスクと王子様のような洗練された雰囲気で、母国ロシアに留まらず日本でも大人気となった。

プルシェンコは離婚と再婚を経て、2013年に再婚相手との間に息子サーシャ君が誕生した。サーシャ君はプルシェンコのInstagramに度々登場。投稿を通じて、現在のプルシェンコの子煩悩パパぶりがうかがえる。

View this post on Instagram

Nose to nose ????????

A post shared by Евгений Плющенко (@plushenkoofficial) on

サーシャ君はフィギュアスケートの練習に取り組みつつ、キッズモデルとしても活躍中。将来が楽しみな息子の存在は、プルシェンコにとっても目の中に入れても痛くないぐらいのかわいがりようで、サーシャ君に向けて愛おしそうな表情をしている写真や動画が度々登場する。

戯れる時の表情はかつて女性ファンを虜にした甘い笑顔! この笑顔は現在サーシャ君に余すことなく注がれているようだ。

6月には、アイスショー「ファンタジーオンアイス」の神戸公演にプルシェンコが出演。この時、サーシャ君も一緒に来日して共演した上に、羽生結弦選手とも共演を果たしている。

プルシェンコと羽生選手の仲は良好のようで、実はInstagram上に羽生選手が登場するのはこの時だけではない。

来日中に食べたお寿司の写真を投稿したり、直近では日本の「変なホテル」の動画を投稿したり、そして何度も日本でのアイスショーに出演したりと、日本との関係が深いプルシェンコ。今後も楽しそうな父と子の姿が、SNS上を賑わせてくれそうだ。

競技者生活を終えてもリンクで輝き続けるプルシェンコはもちろんのこと、サーシャ君が今後どんな成長を遂げるのか、今から楽しみだ。

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by MY HERO