神田沙也加がナレーション! 映画『3D彼女 リアルガール』初公開映像&佐野勇斗のメイキングを公開

神田沙也加がナレーション! 映画『3D彼女 リアルガール』初公開映像&佐野勇斗のメイキングを公開

9月14日(金)に全国公開される映画『3D彼女 リアルガール』より、 2次元を愛する超絶オタク・筒井(佐野勇斗)が愛するアニメ『魔法少女えぞみち 』に登場するヒロイン“えぞみち”にフォーカスを当てた特別映像が解禁された。

本作は、累計発行部数145万部(※デジタル売上含む)の人気コミックを、映画『あさひなぐ』『未成年だけどコドモじゃない』などの英 勉監督が実写映画化したもの。主人公の、派手でツンツンしていて男グセの悪いリア充完璧超絶美少女・五十嵐色葉役を中条あやみ、そして、リア充とは程遠く、アニメやゲームのバーチャルの世界に没頭するオタク高校生“つっつん”こと筒井 光役を佐野勇斗が演じる。また、清水尋也、恒松祐里、上白石萌歌、ゆうたろうという今最も旬なキャストが同級生役を務めることでも話題沸騰中だ。

映画の重要なシーンで度々登場する“えぞみち”は、筒井にとって心の支えとなるメンター的な存在で、筒井の部屋には“えぞみち”グッズが溢れている 。「~~べさ」という特徴的な語尾で話し、時々、現実世界へと飛び出して、筒井に毒づいたり悪魔的なさやきをする。声を担当したは、神田沙也加。映像で神田は、筒井と“えぞみち”はの会話シーンについて「誰もがきっと一度は妄想したであろうシチュエーョンを、自分の声で実現できるというのはすごく嬉しかったです。筒井君と隣にいるように、友人関係なテンポ感を守 りながら喋れたと思います 」とコメントしている。

また、神田のアフレコ収録とインタビュ ーに続いて、映し出されるのは筒井を演じた佐野のメイキング映像。英監督は“えぞみち”をCGのような立体の姿ではなく、平面に存在させることにこだわり、アニメーションパートを旭プロダクションに依頼。平面のアニメーションが現実と融合するいう表現は日本映画であまり例なく、実写チームとアニメチームが粘り強く密にコミュニ―ケーションを取り、作業が重ねられた。その場に存在しない“えぞみち”と対話してるように演技しなければならなかった佐野は 『こんなこと中々ないので、どうなるかなと思ったんですけど、聞こえてくる声と本当に会話 ができたので、一人やっているというよりも二人でやっているという感覚になり、やりにくさとかは全然感じなったです』 と撮影を振り返っている。

【STORY】
書店で万引きの濡れ衣を着せられた学校一の美少女・五十嵐色葉を助けたのは、2次元を愛する超絶オタク・つっつんこと筒井光。リア充の色葉から突然の告白を受けたつっつんは新手のイジメだと疑いながらも、正反対のふたりの交際がスタートして……!? 那波マオ原作の同名コミックを、映画『ヒロイン失格』チームが、中条あやみ主演、佐野勇斗共演で映画化。『美女と野獣』ならぬ“美女とオタク“のありえない純愛の行方を描く、笑って泣いて爽やかな気持ちになれるマジカルなラブコメディ!

作品情報

『3D彼女 リアルガール』 
9月14日(金)全国ロードショー
主演:中条あやみ 佐野勇斗
清水尋也 恒松祐里 上白石萌歌 ゆうたろう
三浦貴大 / 神田沙也加(声の出演)
濱田マリ 竹内 力
原作:那波マオ 『3D彼女 リアルガール』(講談社「KC デザート」刊)
監督:英勉
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/3Dkanojo/

ⓒ2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 ⓒ那波マオ/講談社

『3D彼女 リアルガール』原作